読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

分からない時ほど、なにかしらの行動を起こしてください

========

 

hanabiさんの記事を穴が開くほど(←スマホが?)読ませて頂き、収入について調べたり、自分の過去を振り返り、今の現状を出来る限り客観的に考えてみました。

 

 

もう、わからないからとりあえず今は求められている目の前の仕事をありがたくやろう!と切り替えたとたん、クライアントから是非、と名指しでお仕事を頂き、とてもありがたいことだな、、、と不満ばかりだった自分が恥ずかしくなりました。

 

 

こんなに求めてもらってるのに、何故自分は駄目だ、出来ないと決めつけていたんだろう、と。 そして夜、母と何気なく話していたら、調べたこと、考えてきたこと、hanabiさんの記事や人からのアドバイスがパズルのようにぱぱぱっと繋がり、、、絵の仕事で今の自分の状態だから出来そうな事を思い付きました。

 

 

収入が伴うかはまだわかりませんし、私が苦手なこともやらなければならないのですが、そのアイデアが次々と湧いてきて、わくわくします。

 

 

これが答えなのかはわかりませんが、ひとまず出来ることから始めていきたいです! 何度も失礼しました💦なぜかこちらにコメントすることでかなり自分のことを整理できます。今、彼のことでなく仕事のことで悩めるのも、hanabiさんのブログに出会えたからです。ありがとうございます! 今、気がつきましたが、ほんとに彼のこと、ちょっと忘れてました、、、(笑)

 

=======

 

目を皿のようにしてブログを読んでくださってどうもありがとうございます。

 

 

 

そうやって、分からないながらも行動したり、何かに着手していますとね、そうやって、「自分の姿」「自分の考え方のパターン」に気づいていくんです。つまり、行動する、というのはつまり、それと同時に、実は、「自分の内側に向き合っている」ことになっているんです。

 

 

 

そして、分からないながらも行動(そして、自分に気づく)ということをしていると、いつか、それらの点と点が結びついて、大きな気づきになっていきます。

 

 

そして、バラバラだと思っていたパズルのピースが、実は、ちゃんとそれぞれの形に意味があって、いつか、それらがちゃんとはまるところにはまって、大きな完成したパズルの絵、として見える時が来ます。

 

 

 

これは、仕事のことも、ツインのステージのことも同じこと。

 

 

 

分からない、だからやらない、ではなくって。

 

 

 

コメントに書いてくださっている方のように、分からない、それならば、とにかく分かること、できることから、何かしらの行動を起こそう、と考えてください。

 

 

 

「 今、気がつきましたが、ほんとに彼のこと、ちょっと忘れてました、、、(笑)」

 

 

 

こういう自分に没頭する姿と、彼のことばかり考えて、彼の連絡を待ってばかりいる姿、どちらが彼にとって魅力的に映ると思いますか?

 

 

 

もちろん、彼のことを忘れちゃうぐらい自分の好きなことをしている今のあなたですよね!

 

 

 

そうやって、あなたは今、他人軸だった人生から脱却して、自分軸を取り戻そうとしています。できることから、一つずつ、実践してください。

 

 

 

 

みなさんも、どうぞ、「分かってから、理解してから行動する」のではなく、「分からないけれども、とにかく、今、できそうなところからはじめてみよう」というお気持ちで行動を起こしてください。私のブログに書いてあることを、一つでもやってみてください。

 

 

 

今、仕事がうまくいっている人、収入がたくさんある人、満足したライフスタイルを送っている人が、最初からすべてがうまくいっていたわけではないんですよ!

 

 

 

みんな、悩んだり、迷ったり、分からなかったり、間違ったり、怖かったり。それは、今、収入が高い、仕事が充実している人も、まったく同じなんです。なんの苦労もない人に見えたとしても、それは、外からそう見えるだけで、過去にどれほど苦しんだか、どれほど失敗したか、というのは、周りの人の目には見えないだけなんです。

 

 

 

華やかに活躍しているイチローが、過去にどれほど練習をして、今現在も、毎日毎日、どれほどバッドの素振りをしているのか、私たちは、その努力が見えないだけなんです。

 

 

 

「分からない」を行動しない理由にしないでください。未知な宇宙で生きている私たちです。すべてを完璧に分かっている人など、誰もいないのです。

 

 

 

 

分からないながらも進む。その、一歩を踏み出す。その繰り返しです。ツインのステージも、同じですね!