読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

宇宙の流れに乗るということ

ツインのステージとは、真実の愛を学ぶものですが、それを土台として、ランナーとチェイサーには、それぞれの役割があります。今日は、チェイサーの役割について。

 

 

 

 

別離の期間に、チェイサーツインに課せられていること。それは、宇宙の仕組みを理解して、宇宙の流れに乗る生き方をするような自分になることです。そのために、わざわざランナーと離れて、学びの期間を与えられます。

 

 

 

 

 

なぜ、宇宙の流れに乗ることを求められるのか。

 

 

 

 

 

それは、この地球で生きる私たちが真に幸せになるためには、紛れもなく宇宙の一部である私たちは、宇宙の法則から「絶対に」外れることはできないからです。つまり、宇宙の一部である地球のリズムを知り、宇宙の仕組みを理解し、その流れに乗ることが、最も幸せになれる生き方だからです。

 

 

 

 

 

もし、皆さんが辛く苦しい時、それは、宇宙の流れに反しようとしているからです。

 

 

 

 

 

宇宙という存在は、あなたを愛してやまないため、あなたが宇宙の流れに反しようとすると、苦しさや辛さを与えて、「そちらの道ではないよ!」と身をもって教えてくれるのです。(宇宙って、本当にすごいですよね)

 

 

 

 

 

では、宇宙の流れとはどのようなものなのか。

 

 

 

 

 

それは、実は、とってもシンプルです。

 

 

 

 

 

 

一言で言うならば、「無理をしない」生き方のことです。

 

 

 

 

 

 

無理をするとは、理(ことわり)が無い状態のこと。

 

 

 

 

 

理というのは、物事の道理のことです。この、物事の道理に反しますとね、辛さや苦しみを感じるようになっています。

 

 

 

 

 

この地球の道理とは、

 

 

 

 

・人は変えられない

・過去は変えられない

・未来は常に不確定

・人は自然の一部

 

 

 

 

です(見方によって人と過去は変えられるのですが、ここでは一般的な捉え方として書きます)

 

 

 

 

 

これに反すると、苦しい。これに反しないことが、宇宙の流れに乗るということです。

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

・人を変えようとしない

・過去を変えようとしない

・未来はそもそも不確定なものだと理解する

・どんなに便利になってもそもそも人は自然に触れることで幸せを感じる

 

 

 

 

 

という生き方を選ぶ、ということです。

 

 

 

 

 

 

この生き方をしない限り、真の幸せは訪れません。なぜならば、繰り返しますが宇宙の流れに反するからです。

 

 

 

 

 

そして、それは可能ですし、チェイサーツインはこの学びのために、ランナーと離れているのです。

 

 

 

 

 

これが、チェイサーが絶望を経て、段々と自分を取り戻し、ランナーと会っていないにも関わらず、幸せになっていく理由です。

 

 

 

 

ランナーが隣にいなくても、宇宙の流れに乗って生きることができるようになっていくので、ランナーに出会う前の自分よりも、どんどん幸せになっていくのです。

 

 

 

 

 

 

そして、チェイサーの学びはランナーにも伝わるものですので、お互いに宇宙の流れに乗って、お互いに、出会う前と比べ物にならないほど至福の中で生きることができるようになっていきます。

 

 

 

 

 

これが、宇宙に味方される、降伏して手放す、委ねる、という生き方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(皆さん、コメントありがとうございます。すべて読ませていただいております。書いていただきました、天体のお話やホロスコープのことも、今後書きますね。今日は満月前夜です)