読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

女性を傷つけたい男性はいません

(こちらもお読みくださいね。)

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

男性はあなたを傷つけたいと思って傷つけていません。

 

 

 

例えば、あなたが、男性に冷たくされた、無視された、〇〇された、ということを思い起こしてください。

 

 

 

あなたが、その男性の行動を、「冷たい」と受け取ることと、実際に、その男性が「あなたに冷たくしたくてその行動をした」ということは別のことです。

 

 

 

 

 

 

みなさん、赤ちゃんの男の子をイメージしてみてください。この地球に生まれた直後の赤ちゃんです。

 

 

 

 

男の子の赤ちゃんは、自分を愛してくれているお母さんが大好きです。自分にお乳を与え、いつも抱きしめ、いつもなでなでしてくれるお母さんを愛してやみません。

 

 

 

そして、男の赤ちゃんが、この地球に生まれてきて、最初に、一番目に愛するお母さんから学ぶことはなんだか分かりますか?

 

 

 

それは、

 

 

 

 

「女性という存在を決して傷つけてはいけない」

 

 

 

 

ということなんです。大好きなお母さんの姿から、そのことを男の子は学びます。

 

 

 

自分をこんなにも愛してくれる女性、こんなにも自分の世話をしてくれる女性、こんなにも愛と優しさに満ち溢れている女性は、なんて素晴らしいのだろう。そのお母さんを泣かすことがあってはならない。男である自分とは違う、女性という、素晴らしい存在を泣かすことや傷つけることは、自分の人生において、最もしてはならないことだ、それだけは男の恥だ、と、心に刻み込むんです。

 

 

 

また、幼稚園、小学校、中学校でも、周りの先生や親戚から言われるようになります。男の子は強くあらねばならなない、男の子は弱くてはならない。そして、成長するにつれ、男性の方が体がたくましくなっていきますので、女性は自分より力が弱い存在だと認識していきます。

 

 

 

ですからね、男性の心には、「女性という存在は、大切にすべき存在」であり、「自分の手で絶対に傷つけてはならない」と、心に刻み込まれています。

 

 

 

 

 

もし、あなたの目の前から男性が去ったとすれば、それは

 

 

 

「この僕では、あなたを傷つけてしまう」

「今の僕では、大切なあなたを幸せにできない」

「僕の目の前にいるあなたが、幸せそうにしていない」

「今の僕は、あなたが笑顔になれるようにあなたを愛する資格がない」

 

 

 

 

というようなお気持ちからなんです。あなたに嫌な気持ちにさせたいとか、あなたを傷つけたいと思って、無視したり去ったりしたんじゃないんです。

 

 

 

 

僕があなたを幸せにできないぐらいならば、僕はあなたの目の前にいるべき男じゃない

 

 

 

という、深い深い愛からの行動なんです。たとえ、自分が愛していると思っても、自分が去ったほうがましだと思うほど、それほどまでに、あなたを傷つけたくない、あなたを大切にしなければならない、その女性を愛している、と思っているのが男性です。

 

 

 

 

 

男性の愛は、海よりも深く、果てしなく広がる地平線のように広大なものなんです。

 

 

 

 

あなたは、そうまでして、彼に大切にされているんです。

 

 

 

 

 

 

しかし、みなさんの中には、男性に暴言を吐かれた、傷つく言葉を言われた、嫌な態度をとられた、という方がいるかもしれません。

 

 

 

 

もし、男性が、女性に対して、女性が好ましいと思えないような行動をした場合、

 

 

 

 

それは、実は、心の底では女性を大切にしたいと思っても、それがうまくできない、それを行動に移せない、女性を傷つける行動をしてしまう、という男性の場合があります。

 

 

 

それは、私が冒頭に書きましたような、溢れるほどの愛情を最も愛されたかったお母さんから「受け取れなかった」男性の場合です。

 

 

 

お母さんから、思うような愛情を受け取れなかった男性の場合、一番愛して欲しい人から愛を受け取れなかったので、大人になっても、女性をどう大切にしたらいいのか、女性とはどう愛せば良いのか、分からなくなってしまっているのです。

 

 

 

 

でも、男性は、「自分は女性の愛し方が分からない」「僕は欲しかった母親の愛情を得られなかったので寂しかった」などと、口が裂けても言いません。なぜならば、弱さを見せること、苦しさを見せることは、男としてすべきじゃないと思っているからです(母親から愛情を受け取れなかった男性は尚更そう思っています)

 

 

 

 

そうなりますと、心の底では、女性を大切にしたいとは思いつつも、つい、自分の弱さを隠すために暴言を吐いてしまったり、相手に自分の寂しさや切なさをみせないように、心の内を見せずに無言だったり、ということが起きます(これが、女性の目には、冷たい、無視した、こちらに関心がない、と写ります)(だからといって、男性があなたを傷つける行動をして良い、というわけではありません)

 

 

 

 

ですからね、どちらの場合にしても、男性は、本心からその女性を傷つけたいと思ってその行動をしている男性はいないんです。

 

 

 

 

本当は、愛しているからゆえの行動か、もしくは、温かな愛を知らずに育ってしまったがゆえの行動か、がほとんどです。

 

 

 

 

男性は、ものすごく優しいんです。

男性は、愛のかたまりなんです。

男性は、本当は女性を愛したくて愛したくてたまらないのです。

 

 

 

 

 

 

ですからね、そんな男性に自分という女性をとことん愛することをゆるしてあげられる、そんな女性に、私たちがなるんです。

 

 

 

 

 

つまり、その男性が愛したいように、愛させてあげる。

 

 

 

 

それができる女性に変容する、ということです。

 

 

 

 

 

私たちが、いつもあったかで、燃えるような太陽となって男性を照らし、

 

 

 

 

雨が降っても風が吹いても嵐が起きても、雲の上ではいつも静かに笑っている太陽のように、動じない自分になるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性が人生で最も手に入れたいものは、大きな家でも仕事の成果でもお金でもなく、

 

 

 

 

 

自分の愛する女性がその男性にだけ見せてくれる最高に輝く笑顔」なのですから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(現在、セッションの受付を休止させていただいております)

 

 

[人気記事です] 

www.twinrayhanabi.com

  

 

twinray-hanabi.hatenablog.com

 

 

 

***************

愛の風に乗って

メッセージが必要な方に届きますように

 

(ランキングに参加しております)

*************** 

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村