読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイが「合わせ鏡である」の意味

========

 

人間の恐ろしさを知りました このレベルの闇が自分にあると言うことでしょうか。 何度も何度もお返事読み返しています。 タイミングよく、自分の問題点らしきものに直面しました。もしかしたら私は彼とは同じ性質で真逆の問題を持っているのかもしれません。これがその闇に相当するのかはまだわかりませんが、自分とちゃんと向き合いたいと思います。みなさんの愛に溢れたコメントの中、こんなコメントをしたわたしにお返事くださってほんとうにありがとうございました。

 

========

 

 

これは、読んでくださっているみなさんも、全く同じです。

 

 

 

まず、今の自分が感じている、問題点らしき、に、直面してください。

 

 

 

相手に見える闇、相手に映る問題、相手がしていることに対する批判、相手の信じがたいこと

 

 

 

それを通して、自分の心の中にそれと同じものがないか、自分にも同じ問題がないか、じっくりじっくりと、自分の内側を、何度も何度も見つめ続けるのです。

 

 

 

 

 

発見できるまで、何度も、です。

 

 

 

 

 

相手を完全に合わせ鏡、として、相手ではなく、自分を見るのです。

 

 

 

 

この時に、相手を見続けると、問題はいつまでも解決しません。

 

 

 

 

勇気を振り絞って、自分ではそうは思えなくても、私の言葉を信頼していただいて、自分の内側を何度も何度も見つめてください。

 

 

 

 

 

あなたの傷や痛みは、あなたに癒されたくて、表面化しているのです。

 

 

 

 

あなたを痛めつけて、苦しい思いをさせるためではないんです。

 

 

 

 

 

もう一度言います。

 

 

 

 

あなたの傷や痛みは、あなたに癒されたくて、表面化しているのです。

 

 

 

 

目をそらさずに、あなたが、自分でやらなくてはならないこと、目を背けたい親のこと、逃げたい仕事のこと、自分で自分を責めるという思考パターン、やらなくちゃならない金銭面のこと、見ないふりをしているやるべきこと、ゆるせていない過去のこと、それらを癒すために、そこに直面してください。 

 

 

 

 

 

これらのことから目をそらして、ツインに愛されることで、これらのことを見ないようにしてはダメなんです。

 

 

 

 

 

 

怖いかもしれませんが、勇気を出してここに直視しますとね、次のステージが待っていてくれています。

 

 

 

 

 

 

これが、ツインは合わせ鏡である、ということです。

 

 

 

 

完全に自分として見るのです。

 

 

 

 

 

 

それは、あなたがあなたを愛しているからこそ、あなたがその傷ややるべきことに触れてあげるのです。

 

 

 

 

あなたがあなたを、100%の愛で、あなたの手で救ってあげるのです。