読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

愛の窓

========

 

hanabiさん いつも ありがとうございます。
やっぱり hanabiさんには、すべてが見えていますね。過去にした間違いや後悔で苦しんできました。このブログを読んでまた、たくさんの気づきを頂きました。涙が溢れてとまりません。でも、hanabiさんが、おっしゃっていた様に涙を流した後は、心が開放されて晴れやかになります。

 

ワタシにとってこの記事は、人生がひっくり帰るような驚きでした。

 

 

 

hanabiさんのように、愛が深い方に出会えてワタシは、本当に幸せです。いつも、たくさんの愛をありがとうございます。

 

========

 

こちらの記事のコメントです。

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

素敵なメッセージありがとうございます!

(みなさんも、いつもコメントありがとうございます。全部、じっくり読ませていただいておりますよ!頻繁に、涙しております 笑)

 

 

 

人生がひっくり返ったあなたには、今まで見えていた現実が、まったく違ったものに見えていると思います。

 

 

 

みなさん、よく聞いてくださいね。

 

 

 

現実とは、ひとつではありません。

 

 

 

 

 これは、真実です。

 

 

 

現実とは、ひとつではないのです。

 

 

 

誰もが、今、目の前にある現実こそが、事実であり、それは変えられないものだ、と思っていると思うんですね。

 

 

でも、あなたにとっての現実とは、「あなたがそのように見ているからそう見えている現実」なんです。

 

 

例えば、机の上に、チョコレートがひとかけらあるとします。

 

 

Aさんは、チョコレートが大嫌いなので、それがちらっと目に入ってもなんの感情も湧きません。

 

 

Bさんは、チョコレートが大好きなので、よだれがでそうになりました。

 

 

Cさんは、病院での検査のため3日間も食事ができませんでした。ですから、そのチョコレートを見て、もう、喉から手が出るほど食べたくて仕方ありません。

 

 

Dさんは、チョコレートというものをこれまでに見たことがありません。なぜならば、アフリカの山奥に住んでいたからです。ですから、その机にあるものが目に入っても、食べ物だということも分からず素通りです。

 

 

 

このA~Dさんは、全く同じものを見ていますよね。

 

 

でも、それぞれのチョコレートという「現実」は、全く異なるものに見えているんです。

 

 

 

Aさんには、ただのチョコレートのかけらとして

Bさんには、おいしそうなチョコレートとして

Cさんには、もう、宝石ぐらいに輝いたチョコレートとして

Dさんには、ただの黒い小さな物体として(チョコだとも認識できずに)

 

 

こんな風に、「それぞれの現実」を見ています。

 

 

これと同じことが、毎瞬毎瞬、私たちの目の前の「現実」として起きているのです。

 

 

  

だから、誰かが言った言葉の真意と、あなたがその言葉から受け取った意味が異なることや、その人が意図した態度と、あなたが受け取る態度が異なる、ということが、もう、数え切れない程起きています。

 

 

人は、それぞれ、自分の現実を自分で作りあげて、それをそれぞれの視点から見ているから、なんです。

 

 

 

ですからね、

 

 

目の前から去ることがツインにとっては愛。私にとっては逃げているように見える。

 

 

さようならと愛しているからこそ言った彼。それを、別れたいだけなんだ、と受け取る私。

 

 

お互いにとって、「お互いの現実」がそこにうまれています。つまり、あなたと全く同じ現実を見ているわけではない、ということなんです。

 

 

 

ということは、自分次第で、自分が現実世界の覗く「窓」を変えるだけで、今すぐにでも、違った現実が見えてきます。

 

 

 

たとえ、どのような現実であれ、(最初は)無理矢理にでも

 

 

今、目を背けたい現実を

 

 

 

「感謝の窓」から覗いてみてください。

 

 

 

なにかしら違った光景が、目に映りませんでしょうか。

 

 

 

ツインのステージとは、

 

 

どんな現実も、どんな過去も、どんな間違いも、どんな相手の言葉も態度も、

 

 

 

「愛の窓」からのぞき続けることなんです。

 

 

 

愛の窓から覗く現実には、相手の愛が目に映ります。

 

 

 

恐れの窓から覗く現実には、「あなた」の恐れが相手に映ります。

 

 

 

 

「感謝の窓」「愛の窓」からのぞき続けてください。

 

 

 

そして、誰よりも何よりも

 

 

 

あなたが、あなた自身を覗くときにこそ、あなたの過去を覗くその時にこそ「感謝の窓」「愛の窓」からのぞき続けてください。

 

 

 

みなさんは、本当にがんばっているのですから!

 

 

 

 

 

 

 

素敵なコメントありがとうございました。たくさん涙が流せて良かったですね。あなたの心は、涙をずっと流したかったのですよ。流したい涙を流す、ということが、自分を愛する、ということです。あなたを心から応援しております。

 

 

 

 

 

こちらもぜひお読みください

www.twinrayhanabi.com