読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

それ、あなたの本音ですか?

========

 

 

私に出会った彼は、ツインレイではなかったのかもしれません。 でもそんなことはもうどうでもいいんです。

 

 

愛というものを気づかせてくれたただ1人の存在でした。 でも、相反するもう1人の私がいます。 心の中がもやもやしたり、彼にたいしてなぜか腹が立つ自分がいます。 きっと、見返りを求めていないと言いながら、見返りを求めていたと思います。 1人で幸せになってしまった 私を置いていってしまった 私をもう頼らなくても良いほど彼の心が強くなった 嬉しいことなのに… 悲しむ、腹が立つ自分がいるのも事実です。

 

 

こんな心の狭い打算的な自分もいることが気づけました。 辛いけど受け入れたいと思います。 これを機会に、成長してやる!(◎^▽^◎)! いつもありがとうございます

 

========

 

これでいいんですよ!

 

 

 

むしろ、こうじゃなきゃダメなんです。

 

 

 

みなさんのお気持ちとして、相手が愛する男性だから、怒ったり腹が立ったりしない、愛しているからムカつかない、愛しているからなんでもゆるす。。。

 

 

 

 

それ、あなたの、本当のお気持ちですか?

 

 

 

 

もう、隠す必要はありません。

 

 

 

 

 

愛する相手に対して、一切、抑圧しないでください。

 

 

 

 

あなたの感情をそのまま、ストレートに、何1つ隠さずに感じきるのです。

 

 

 

 

嘘つかないでください。

 

 

 

 

押さえ込まないでください。

 

 

 

 

心に一切、蓋をしないで、すべてをそのまま感じてください。(ただし、それを、相手にそのままぶつける、という意味ではありません)

 

 

 

 

 

それを、相手に伝えなくていいんです。まずは、あなたが、自分の心にあるすべての思いを、1つ残らず出し切れるまで、感じ尽くすんです。

 

 

 

 

 

優しいふりなんてしないでください。

 

 

 

 

もっと大切にしてよって、思っている自分を感じてください。

 

 

 

 

はやく連絡しなさいよって、そのお気持ちを抑圧しないでください。

 

 

 

 

 

自分を愛する、というのは、自分に起きたどのような感情であれ、感じていいよって自分にゆるしてあげることなんです。

 

 

 

 

だって、どんな感情だって、大切な大切なあなたなんです。怒りだって、腹ただしさだって、感じていけないものなんて、はじめからないんです!

 

 

 

 

怒ってください。

泣き叫んでください。

ばかやろーって、怒鳴ってください。

 

 

 

 

 

 

実はね、そういう、あなたの心の内側に溜まっている感情を出させるのが、なんと、目の前の男性の役割なんですよ!

 

 

 

 

なぜならば、その怒りや憎しみの気持ちは、本当は、あなたの心の内側に、ずっとずっと前から蓄積し続けてきたものですよね。(それは、みなさんが一番よく分かっていると思います)

 

 

 

 

その相手は、あなたが本音で怒れるように、あなたがばかやろーと言える、本音が言えるあなたになれるように、わざと悪役を買って出てくれてるんです。

 

 

 

 

 

あなたがありとあらゆる感情を出せる女性になるように、目の前の男性はあなたを怒らせるようなことをわざわざするんです。

 

 

 

 

 

宇宙のプログラムって、すごいですね!そうまでして、ツインを悪役にまでさせて、私たちが本音を言える自分になって、もっともっと自分を愛せるように仕向けてくれるのですから。

 

 

 

 

心が狭くたって、打算的だって、あなたがあなたである、その価値には何1つ変わりがありません。

 

 

 

 

あなたの、その心が狭く、打算的なところは、それを実体験として経験することで、あなたに、愛の本質を学んでもらいたいという、宇宙からのギフトです。

 

 

 

 

そんな、様々な面があるあなただからこそ、様々な陰陽の面を持つあなただからこそ、それが唯一無二の個性となって、あなたという世界に1人しかいない女性としての魅力が輝くのです。

 

 

 

 

あなたの、健気な学びを、心から応援しています。素敵なコメントありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(私も、超絶ワガママですし、ドジでノロマですし、不器用で、不得意なことばかり。そして、彼に対してふざけるなーーーーー!と、椅子を蹴飛ばし、お皿を投げたいことばかりですよ♡ 笑)