読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

あなたがやめると決めない限り

ツインレイのステージ

========

 

hanabiさんには、すべてが見えているのだと、思いました。
昨日から、どれだけの涙を流したかわかりません。涙が溢れてとまりません。hanabiさんの愛に感謝します。
本当にありがとうございます。

 

========

 

たくさんの涙を流せてよかったですね。

 

 

涙は、浄化の作用があります。涙は、涙と一緒に、いろんなものを洗い流してくれるんですよ!大雨の後に、青空に虹が架かるかのように、涙の後には、澄み切った心の中に虹の橋が架かりますよね。

 

 

涙を流すことができるのは、それだけあなたの愛が深く、魂が清らかだからこそです。そんなあなたはとっても美しい女性です。

 

 

 

〉hanabiさんには、すべてが見えているのだと、思いました。

 

 

はい、見えていますよ♡ 笑

 

 

 

ほかのコメントにも

 

 

〉 hanabiさん、わたしの心の内をどこかで見ていますか? 

 

 

 

はい、みています♡ 笑

 

 

 

 〉hanabiさん、私のことどこかから見てるでしょ?って皆さん思ってますよきっと♪

 

 

そうなんです。あなたのこと、見ているんです♡ 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツインのステージとは、山登りのようなものです。

 

 

 

目標である頂上に向かって、一歩一歩、自分の足で進んでいくこと。

 

 

 

山登りには、新幹線も走っておりませんし、車もありませんし、ドコでもドアもありません。

 

 

スマホ、アプリ、ネットなど、どんなに時代が便利になっても、そして、これからはもっともっと時代は便利になっていくのでしょうが、そうなったとしても、

 

 

 

山登りの醍醐味は、自分の足で、一歩一歩、山の斜面を踏みしめて、自分で登っていくことです。

 

 

 

山登りの素晴らしさは、頂上から格別に美しい景色を見ることができるから、ですよね。

 

 

 

でも、ヘリコプターや小型飛行機で頂上に到達して、同じ景色を目にすることもできますよね?

 

 

 

しかしながら、ヘリコプターで到着してから見える景色と、自分の足で登って見る景色では、全く違う風景が見えます。

 

 

 

頂上からの景色があんなにも、涙が出るほど美しいのは、それまで、この自分の足で、一歩ずつ、辛くても、途中で投げ出したくても、痛みがあっても、転んでも、確かに自分の足で歩いてきたのだという実感と喜びがあるからです。

 

 

それは、ほかの誰に認められなくても、途中の苦しさを誰かに分かってもらえなくても、あなただけはその過程のすべてをちゃんと知っている。

 

 

そして、あなたが目にするのは、頂上の景色だけではなく、その過程のすべての風景が、心に刻まれていきます。

 

 

 

時には雨が降って前が見えなくなります。時には、暴風が吹いて前に進めません。時には、大きな岩があって、どうみても登るのが大変そうです。

 

 

みんな、そうやって、ご自分自身のルートで頂上を目指しています。

 

 

 

それでも、「私は頂上からの美しい風景がどうしてもみたいのだ」「私は、諦めずに進み続けるのだ」という気持ちがなくならない限り、あなたがストップすると決めない限り、どんなにどんなに小さな一歩でも、あなたは頂上に少しずつ、少しずつ、確実に近づいていっています。一日にたったの1センチだとしても、それでも確実に頂上までの距離は狭まっています。

 

 

 

私は頂上にいるわけではありません。なぜならば、ある覚者は言いました。心の底は奥深く、魂は深淵である、と。つまり、どんなに魂の探求を続けても、どんなにどんなに学んでも、神聖なる心や魂のことをすべて解明し尽くすことはできない、と。(宇宙そのもののことも、現在、解明されていることは、ほんの数%のことだと言われています)

 

 

 

ですから、私も、みなさんとまったく同じ、魂や宇宙のことを探求する一人ですし、真実の愛を体現したいと思っている女性の一人です。(時代がバレますが、私はドジでのろまなカメです 笑)

 

 

ただ、私がみなさんのお姿が目に見えるのは、山登りで、みなさんよりも、ほんのちょっとだけ先を登っているから、なんです。

 

 

 

だからね、私はもうちゃんとわかっているんですよ!

 

 

 

あなたが、今、どんな状況にあったとしても、

 

 

 

 

あなたが彼に深く愛されているということ。

 

 

 

あなたの彼も、遠く離れた場所で、あなたと同じように懸命に頑張っていること。

 

 

 

あなたの彼も、あなたと同じように、暴風に吹かれたり転んだりしながら、自分の足で山登りをしていること。

 

 

 

暴風に耐えて、嵐にも耐えて、大雨が降っても前に進むことをやめずに、懸命に進んできたあたなは、これから、必ず頂上に立てるということ。

 

 

 

そして、あなたが自分の足で山を登り、自分の足で頂上に立ったとき。

 

 

 

その隣には正反対のルートから山登りを続けてきた彼が立っているということ。

 

 

 

 

そして、一緒に同じ風景を眺めるということ。

 

 

 

そこには、言葉もなく。理由もなく。時間も消えて・・・。

 

 

 

 

ただ、美しい景色に祝福されて、その場所に佇む、ふたり。

 

 

 

自分を愛してやまないあなたと、

そんなあなたを愛してやまないツイン。

 

 

 

ふたりが溶け合う。すべてが消え去ったその場所で。

 

 

 

 

 

あなたがやめると決めない限り

その日が必ず訪れるということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ドジでのろまな女神の私のように、みなさん、時にはやすみやすみ、でいきましょう♡)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★電話・メールセッションについて★

 (メールセッションは一時休止中です)


お問い合わせ
twinray_hanabi アットマーク yahoo.co.jp
 
アットマークを@にかえてメールにて
詳細をお問い合わせくださいませ。

 

 
 

 

 

 

[人気記事です]

twinray-hanabi.hatenablog.com

 

 

twinray-hanabi.hatenablog.com

 

***************

愛の風に乗って

メッセージが必要な方に届きますように

 

(ランキングに参加しております)

*************** 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村