読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

幾千万の愛

ツインレイのステージ 男性の気持ち

男性は、自分の想いを言葉にすることが苦手です。

 

 

 

また、自分の気持ちを態度で示すことや、その女性が何を求めているのかを察することが大の苦手です。

 

 

 

 

女性の場合は、その男性とは逆で、自分の気持ちに気付くことが得意であり、想いを相手に伝えることにも慣れています。そして、相手の気持ちをイメージしたり、予想することも自然にできてしまいます。

 

 

 

 

ですから、女性は別れの理由を求める。 

男性は、何も言わずに去る。

 

 

 

 

 

私たち女性は、男性も自分たちと同じようなのではないか、と思ってしまうのですが、実はそうではありません。

 

 

 

男性は、言いたいことは言えない、気持ちを出したくてもどういう態度をして良いのか分からない、照れていることや恥ずかしいことは絶対に女性に見せたくない。そんな風に考えています。自分の弱さがバレたらおしまいだ、とまで思っている男性も少なくありません。

 

 

 

 

ですからね、皆さんが彼の言葉や態度から、もしかして〇〇なんじゃないかな、と思うことは、ほぼ、当たっていないんですね。(男性は、色々深く考えていること、繊細なところ、心の中で勝手にイメージしていること、などなど、絶対に女性には言いませんし見せませんので!あなたが考えていることと、違うこともたくさん考えていますので、「私が考えていることとは違うんだ」と思っていてほぼ間違いないと思います)

 

 

 

 

 

 

 

彼の言葉や行動を、そこに、自分の意味合いをつけてしまわずに、〇〇だろうな、という予想も立てずに、受け取っていただきたいんです。

 

 

 

 

 

そして、受け取る時に、100%「感謝」の気持ちだけで受け取ってみてください。

 

 

 

 

その言葉や態度が、自分にとって嬉しい時は、もちろんですが、

 

 

 

 

たとえ、自分にとって、嬉しくない言葉、信じたくない態度、見たくない姿だったとしても、

 

 

 

 

先ほども申し上げました通り、その言葉や行為の意味、というのは、その裏に何があるのか分からないわけです。

 

 

 

 

小学生の男の子のように、好きな子の前でだけイタズラしたり、好きな子にだけ無視する、ということと同じことが、大人の男性にも普通に起きることなんです(男性は、みな、少年の心を永遠に持ち続けていますから!笑)

 

 

 

 

ですから、ただ、ただ、感謝の気持ちだけで受け取って見てください。最初は無理矢理にでも、感謝の窓から覗いてみてください。

 

 

 

 

 

感謝、という愛の視点から見てみますと、また違った視点から、その言葉や行動を見ることができませんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たった一言のメールを打ち込むまでに、

 

 

 

 

男性は、何度も何度もあなたの顔を思い浮かべ、しばらく会っていないけど元気だったかなぁとあなたに想いを馳せ、あなたの可愛らしい笑顔を頭にイメージし、久しぶりのメッセージになんて書いたらいいのか何回も何回も考えて、

 

 

 

そんな風に、様々な想いと考えがあってこその、その短い言葉です。

 

 

 

 

 

たった一枚の写真。

 

 

 

あなたと一緒に美しく景色を眺めたい。

あなたの隣にいたい。

その風景を見てあなたの笑顔を思い出した。

この風景をあなたに見せたら喜ぶかなぁ。

 

 

 

 

そんな想いがたくさん詰まっての、たった一枚の風景です。

 

 

 

 

 

 

 

冷たく見える態度。

拒絶すること。

嫌な言葉。

見たくなかった姿。

沈黙を貫くこと。

想いを伝えてくれないこと。

 

 

 

 

 

 

そこには、幾千万もの、言葉にできない愛が詰まっています。

 

 

 

 

不器用な彼からの、愛を示すことが得意ではない彼からの、ありったけの愛、です。