読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

私が彼に初めて本音を言えたときのことです

========

 

hanabiさん、はじめまして。 毎日、頷きながら、時には涙しながらブログを読んでます。 私は彼と離れて、落ち込で、でもそれを乗り越えて... 今私にできることをやろう、今私のそばにいてくれる人と楽しく過ごそう、と彼との再会まで自分の人生を前向きに生きていく気持ちでいます。 ただ、新月の日に、突然彼に会いたくてたまらなくなりました。 彼と離れて、こんなに強く会いたいと思ったのは初めてです。 彼を困らせてしまうので、連絡を取ることは我慢しています。 hanabiさんは、離れている間、彼に会いたいと思ったとき、どう過ごされてましたか? 私は、今も心穏やかなのに、どこか落ち着かない自分がいるので、自分でも自分がわからなくなっています。

 

========

 

素敵なメッセージありがとうございます。また、涙を流されるのは、あなたの心がとてもピュアで、いつも愛について懸命だからこそ、です。彼と離れたお辛さがありながらも、それらを乗り越え、前向きで進もうとされているあなたは、大変素晴らしいです!

 

 

あなたが書いてくださいました、以下の内容について。

 

〉突然彼に会いたくてたまらなくなりました。 彼と離れて、こんなに強く会いたいと思ったのは初めてです。 彼を困らせてしまうので、連絡を取ることは我慢しています。 hanabiさんは、離れている間、彼に会いたいと思ったとき、どう過ごされてましたか?

 

 

 

まずですね、『彼を困らせてしまうので、連絡を取ることは我慢しています』という風に、「我慢」する、というお気持ちになると、人は辛さを感じるんですね。

 

 

彼にものすごく会いたくなって辛くなる人。(今回の、あなたです)

 

 

しかしながら

彼にものすごく会いたくなって辛くならない人。(私です!)

も、いるわけです。

 

 

ものすごく、もう今すぐかなり会いたい。でも、私は、そうは思っても、辛くはならないんです。

 

 

これには、ちゃんと理由があるんですよ!

 

 

なぜ、あなたが辛いかというと、彼に会いたいけれど会えない、という気持ちをまず彼に言えないこと。つまり、自分の本音を言うということよりも、彼を困らせない、ということに、あなたの優先順位をつけているから、ということです。

 

 

では、なぜ、彼を困らせたらいけないんでしょうか?

なぜ、あなたが我慢してまで、彼が困らないようにあなたのほうが配慮しなければならないのでしょう?

 

 

 

実は、あなたが、ご自分に向き合う、ということは、このことを徹底的に考えることなんです。

 

 

 

ご自分でご自分の考え、行動というのは、ご自分にとっては当たり前になってしまっていて、案外、自分が一番、気づけていないんですね。(これは、私も、ずーーーーっとそうでした)

 

 

 

あなたは、彼を困らせたって、自分の本音を伝えてもいいんじゃありませんか!?

あなたが我慢するのであれば、彼だって、我慢してあなたの言葉を聞いてくれてもいいんじゃないですか?

 

 

でも、あなたは、自分が我慢して彼を困らせないようにしています。

 

 

 

おそらく、あなたは、とっても心優しい女性なので、いつもいつも誰かを優先して、ご自分が我慢する、という性格ではありませんでしょうか。

 

 

私がよくブログに書いている「自分と向き合う」というのは、「なぜ、そういう感情を自分が持つようになったのか」と、そこを追求する、ということなんです。

 

 

 

 

 

あなた落ち着かない理由は、そういった、心の内側にある、深いところにある自分の本当の気持ち(つまり、なぜ自分が我慢するほうを選んでしまうのか。なぜ、嫌われたくないと思ってしまうのか)そちらが解決していないからなんです。

 

 

 

実は、何を隠そう、この私hanabiが、ずっとずっと我慢して、彼のことを最優先に考えて、いつも彼が困らないように、彼が嫌な思いをしないように、ずーーーっとしていたので、あなたのお気持ちが痛いほどわかります。(思い起こせば、子供の頃からずっと我慢して生きていました)

 

 

 

そして、それは、あなたと同じように、無意識のうちにそのような行動をしてしまっていて、そのことに自分で長年、気付かなかったんですよね。(そして、気づこうとも思いませんでした。というか、無意識に行っていることって誰も気づけないんですよ。)

 

 

 

少し前の話です。ずっと彼から連絡がなくて、私からは連絡してはだめだって思っていて、また、ツイン関連のブログには、チェイサーは連絡すべきではない、とも書かれていますから、それを忠実に守って、私は我慢して連絡できない時期が長くありました。彼に連絡しないこと、自分が我慢することが当たり前だと信じて疑いませんでした。

 

 

 

 

そんなあるとき、(その頃は、心の仕組みや宇宙の仕組みなど、学んでいる最中でした)私の大切な人が亡くなったんです。立て続けに二人。

 

 

 

とっても大切な人でした。しかも、二人も連続で亡くなってしまった。とってもお世話になっていて、とても元気な方でしたから、まさか、二度と会えない、なんて思ったことはなかったんですよね。すごく私を大切にしてくれた方でしたから、相当悲しい別れでした。

 

 

 

その、二つのお葬式に出ている時に、ふと、思ったんです。

 

 

こうやって、人はいつ亡くなるか分からないのに、もしかしたら、愛する彼だって、明日なくなる可能性はゼロじゃないのに、なぜ、私は自分が会いたいと彼に言わないんだろう??? なんで会いたいと伝えたい気持ちを抑圧してしまっているんだろうって。

 

 

 

初めて疑問に思いました。

 

 

そして思いました。明日、もし彼が亡くなってしまったらもう、愛しているとも好きとも言えないんだ・・・・・。

 

 

 

そうであれば、とにかく、たった今、私は彼に思いを伝えたい。と強く思いました。

 

 

 

 

もしかしたら嫌われるかもしれない。彼が困るのかもしれない。嫌がられるかもしれない。そう思いました。それまで、いつもいつもそう思う私でした。

 

 

 

 

 

 

おそらくですね、彼に本音を言えない、というのは、彼に本音を言って彼を困らせて、あなたが嫌われちゃったり、あなたが傷つくのが怖いから、だと思うんです。私もまったく同じでした。

 

 

 

 

 

でも、お葬式にでながら、私は、自分が傷ついたっていいし、彼に嫌われてもいいし、馬鹿だって思われてもいいし、恥をかいてもいい。それだって、自分も彼も生きているからこそできることであり、亡くなってしまったらできなくなることなんだ、と強く強く思いました。

 

 

 

そして、もう、100%以上の勇気を振り絞って、彼に突然、本音を伝えるメールを出しました。

 

 

確かに、怖かったです。それまで彼に本音を言うことなんてほとんどなかったので、不安の方がものすごく大きかったです。

 

 

でも、繰り返しになりますが、私は、自分が傷ついたっていいし、彼に嫌われてもいいし、馬鹿だって思われてもいいし、恥をかいてもいい。行動を起こそう、それまでの自分とは違う事をしよう、と思いました。

 

 

 

嫌われても、嫌に思われても、私が私であることには何一つ変わりがない。そう思いました。生きているからこそ傷つくこともあるわけですし、全部生きているからこそなんだって。

 

 

特に、それができたのはなぜかを振り返ってみますと、私は、自分が本音を伝えても、彼からの返事や、実際に会うこと、など、一切期待しませんでした。なぜなら、それは私には決められないこと。それは彼が決めること。だから、私は、自分を愛するために自分の本音を大切にするために、ただ、彼に本音をそのまま伝えよう。そんな気持ちでした。

 

 

 

実際にそのメールを送信するときには手が震えました(笑)

 

 

そして、今思えば、非常に長いメールを送ってしまっていました(笑)

 

 

あんな長ったらしいメール、しかも、彼はそういうのが好きな人じゃないと聞いていましたから、今思えば、もう少しましな書き方もあっただろうにと思っちゃいます(笑)

 

 

でも、とにかく私は、二つのお葬式の後に本音を伝えました。我慢するのをやめました。

 

 

 

 

そこで本音を言えた私は、彼が行動が一切気にならず、とにかく、メールを送れたことが嬉しかったですし、やっと自分の気持ちを大切にできたな、と思いました。そんな自分になれたことがすごく嬉しかったです。

 

 

 

お亡くなりになれらた方がパワーを与えてくれたと思いました。宇宙も応援してくれていると思いました。

 

 

 

それまでの私は、彼にメールを送ったらいつも返事が来るかどうかビクビクしていました。少しでも返事が遅いと、嫌われちゃったと不安になって、メールをたくさんくれない彼に怒ったこともありました。

 

 

でも、そのときは、自分を最も大切に考えて彼の態度を一切考慮に入れませんでしたから、メールを送ったあとは、とってもすがすがしい気分になっていました。

 

 

 

今でも忘れません。そんな自分になれた事を喜んで、むしろ、ウキウキした気持ちでお風呂に入ろうとしたら脱衣所でスマホが鳴ったんですね。(忘れもしませんが、服を全部脱いで、さあ、お風呂に入ろうとする直前でしたから、裸でスマホを覗き込みました  笑)

 

 

 

そしたら、それは彼からのお返事でした。1時間ぐらいで、お返事が来たんです。あまりにもすぐにきたお返事でしたから、彼だとは思えなくって驚きました。

 

 

そして、その後、突然、会うことになりました。ずっとずっと連絡が途絶えていましたし、ずっと会えない辛さを抱えていて、次に会えるのはいつになるのか、1年後なのか、はたまた3年後なのか。本当にまた会えるのか、それすら全くわかりませんでした。希望も持てないこともなんどもあり辛く苦しい時期でした。ですから、そんなに急に会う事になって驚きを隠せませんでした。

 

 

そして、会った時に、彼は言ってくれました。「ずっと会いたかったです」と。これも驚きでした。一切、連絡をくれなかった彼が、まさか、そんな風に思っていくれたなんて・・・・・。

 

 

 

 

ですからね、あなたが、今、できることは、なぜいつも我慢しちゃう心のパターンがあるのかを見つめること(その理由のほとんどのは、幼少期からいつも我慢し続けいたからと思います)

 

 

そして、彼を困らせたとしても本音を言えるあなたになることです。(本音を言えないとすれば、こちらも同じで、なぜ、本音を言えないのか、考えてみるんです)

 

 

 

 

あなたのコメントの文章は、愛と優しさに満ち溢れ、いかにあなたが普段からを思いやりをもって生活なされていらっしゃるか手に取るように分かります。あなたのような女性に愛されているツインさん、さぞかし素敵な男性だろうと目に浮かびます。

 

 

あなたが書いてくれたように

 

 

 

『心を満たすことができればやモヤモヤした自分はいなくなりました』

 

 

これです。あなたがあなたのことを愛して、あなたがあなた自身に自信を持てば持つほど、心穏やかに彼を待っていることができます。どんなに逢いたくてたまらなくなっても、それを辛さや我慢ではなく、喜びとして感じていられるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

私はあなたという愛に溢れた女神を愛するがゆえに、長い記事になってしまいました。心からあなたを応援しております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★電話・メールセッションについて★

http://twinray-hanabi.hatenablog.com/entry/2017/01/05/111838

 

 

ご希望の方はお問い合わせくださいませ。


お問い合わせ twinray_hanabi アットマーク yahoo.co.jp アットマークを@にかえてメールにて 詳細をお問い合わせくださいませ。

 

 

 

[人気記事です]

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

twinray-hanabi.hatenablog.com

 

 

 

***************

愛の風に乗って

メッセージが必要な方に届きますように

 

(ランキングに参加しております)

*************** 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村