読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

宇宙はあなたを愛すればこそ醜さや情けなさすら与えてくれた

心の仕組み 苦しい時の乗り越え方

(コメントありがとうございます。ここのところ皆さんが愛に溢れるコメントをたくさんくださるのでお返事が追いついておりません。お返事は少しお待ちくださいね。)

 

 

========

 

いつか会える日のために。。。 心は不安定になることあるけど、そんな自分と向き合っていけばいいんだなぁと、ブログを読みわかりました。必死にポジティブになろうとしていたけど、いまはネガティブな自分も認めてあげてます。

 

========

 

素晴らしいですね!あなたはほんの小さな成長と思っているかもしれませんが、必死さが消え、ネガティヴな自分も認めてあげられるなんて、大きな変容ですね。

 

 

そんな風に、誰にも褒められなくても、誰にも理解されなくても、自分だけは自分の成長のすべてを見ています。そうやって、前向きに進もうとしているあなたの、その姿が、生命の輝きそのものであり、大変美しいのです。素敵なコメントありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

心が不安定になったら。

 

 

不安定な私でもそんなあなたのままで大丈夫だよ。と自分に言ってあげる。何度も、何度も。

 

 

 

ネガティヴになったら。

 

 

 

ネガティヴなあなたでも大丈夫だよ。そのまま感じていても私はあなたを愛しているよ。

 

 

 

 

 

寂しくなったら。

 

 

 

寂しいんだよね。分かるよ。大丈夫だよ。そのまま寂しさを一緒に感じていようね。

 

 

 

 

 

 

彼に会いたくてたまらなくなったら。

 

 

 

 

会いたいよね。分かるよ。会えないのは辛いよね。そのままで大丈夫だよ。あなたの辛さを理解しているよ。私はちゃんと分かってるよ。

 

 

 

 

 

自分を責めたら。

 

 

 

 

責めちゃうこともあるよね。大丈夫だよ。あなたが自分を責めることも私はそんなあなたをゆるすよ。責めちゃうあなたもちゃんと愛してるよ。

 

 

 

 

 

自分が愛されていないと不安に思ったら。

 

 

 

 

愛されたいよね。不安だよね。苦しいよね。私はそんなあなたの味方だよ。愛されないのは辛いよね。だから、まずは、私は絶対にどんなあなたのことも見捨てないよ。あなたが悲しんでいるの、ちゃんと知ってるよ。そんなあなたのまま、私はあなたを愛してるよ。不安なままで大丈夫だよ。

 

 

 

 

 

 

 

自分を愛するというのは、彼に愛されてから、彼に愛されたから、じゃないです。

 

 

 

 

今のダメな自分

ネガティヴな自分

バカみたいな自分

責めちゃう自分

情けない過去のある自分

執着しちゃう自分

依存しちゃう自分

 

 

 

ケチャップまみれの自分  笑

階段で転ぶ自分   笑

チョコ食べるのやめられない自分  笑

 

 

 

 

 

それらの、不完全な、ダメな、バカみたいな自分を、そのまま、ゆるしてあげること。

 

 

 

 

自分の中の光というのは、陰がないと輝けないんですよ!

 

 

 

 

夜の闇があるからこそ、お月様は静かに月明かりを灯すことができるんです。

 

 

 

 

 

あなたの良さ、ポジティブさ、美しさ、可愛らしさというのは

 

 

 

 

あなたの悪い面、ネガティヴさ、醜さ、意地悪さ、に支えられているんです。

 

 

 

 

 

陰陽のどちらか一方では、存在できないのが地球です。

 

 

 

 

 

あなたが、もし、輝きたいのならば、闇を捨て去ってしまうのではなく、醜さをないことにしてしまうのでもなく、

 

 

 

 

それらと、仲間になること、なんです。

 

 

 

 

そういう汚い自分の部分を消しちゃわないで、そんなあなたも存在するのよね、って、受け入れてあげることです。

 

 

 

 

 

そんな闇のご自分に、何回も何回も、声に出して言ってあげてください。

 

 

 

 

どんなあなたでも愛してるよ

 

 

 

 

 

傷ついたあなたが待っているのは、あなたからのその言葉です。

 

 

 

 

 

 

私は、どんなあなたでも愛しています。

 

 

 

 

 

宇宙は、どんなあなたでもありのままのあなたを愛しているからこそ、あなたに醜さや情けなさをも与えたのです。

 

 

 

それらを感じることで、本物の愛を知るために、です。

 

 

 

 

あなたが醜さや情けさなを経験することで、世の中の醜さや情けさなで涙を流している人に、あなたが愛となって寄り添うことができるように、です。