読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ 唯一無二

私たちは子供の頃から、誰かと比較され、他の誰かよりも優れるように教育されてきました。

 

 

 

また、小さな頃から、お母さんに否定されないように、お父さんに怒られないように、自分を隠して、周りに合わせて生きてきました。

 

 

 

 

いつの間にか、自分の姿がどこかにいってしまい、びくびくしたり、周りの人に愛されるように自分を偽るようになりました。

 

 

 

 

もう、自分でも本当の自分なんて忘れてしまうぐらい、人に合わせることが上手くなりました。

 

 

 

 

しかし、突然に、ある出来事が起こされます。

 

 

 

 

なんと、自分ですら忘れかけていた自分本来の姿を、見つけてくれた人に出会ったのです。

 

 

 

それが、ツインレイの男性です。

 

 

 

 

本人でさえどこかに起き忘れた自分自身を、彼は最初から、その姿をはっきり認識しました。

 

 

 

霊性の高いランナーツインには、嘘は通用しません。彼は、すべてを見抜いていました。

 

 

 

 

 

美しいあなた。

可愛いあなた。

優しいあなた。

素晴らしいあなた。

 

 

 

 

ランナーツインは、初めからその姿をはっきりと目にしました。それにもかかわらず、当の本人であるチェイサーツインは、それを信じようとしませんでした。

 

 

 

そしてチェイサーツインは、ランナーツインに愛することを求めました。自分1人では幸せになれないからと、自分1人では欠けているからと、ランナーツインに優しやさ思いやりを求めました。

 

 

 

 

でも、ランナーツインは初めから分かっていたのです。

 

 

 

 

チェイサーツインはあまりにも素晴らしく、美しい女性であること。

 

 

 

天使のように清らかで、妖精のように可愛らしいこと。

 

 

 

初めから、分かっていたのです。

 

 

 

 

 

だからこそ、ランナーツインは、愛するチェイサーツインのために、その女性から離れることを強く決意しました。

 

 

 

 

彼女を愛してやまないからこそ、僕がそばにいてはダメだ。ランナーツインは強くそう思いました。

 

 

 

 

ランナーツインは知っていたのです。お互いに真に愛し合うためには、まずは、お互いに自分自身が、自分のことを100%愛していなければ、それは達成されない、ということを。

 

 

 

 

お互いに、欠けた部分を満たし合うという関係性ではなくて、

 

 

 

 

自立した2人が、自分の内側から溢れ出てやまない愛を、互いに味わい、喜び合うという関係性をランナーツインは求めたのです。

 

 

 

 

 

あなたが、ありのままのあなたの素晴らしさに気づくために、ランナーツインは愛する女性から離れました。

 

 

 

 

去ることは、彼からの精一杯の愛でした。

 

 

 

 

そして、ランナーツインは心に決めています。

 

 

 

 

チェイサーツインが、唯一無二の彼女自身と再会した時に、僕も彼女に再び会いに行こう、と。

 

 

 

 

その時こそ、お互いにありのままの姿で、包み隠すことなくそのままの自分として再び会えるのだと。 

 

 

 

 

唯一無二のランナーツイン。

唯一無二のチェイサーツイン。

 

 

 

 

唯一無二の2人だからこそ、出会えました。

 

 

 

 

唯一無二の2人だからこそ、離れ離れになりました。

 

 

 

 

必ず訪れる、また会うその日まで。