読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインソウル・ツインレイに疲れたあなたへ

こんな風に思ってはいませんでしょうか。

 

 

 

 

 

ツインソウルは戻ってくるはずなのに、今日も連絡がない。。。

 

 

 

 

彼はツインだから私は愛されるはずなのに、彼は冷たい、放っておかれている、愛が感じられない。。。でも、無償の愛で私は彼をゆるします。。。

 

 

 

 

彼はツインだから離れ離れだけれど、私たちは愛し合っている(と、思いたいけれど、なんの音沙汰もないということは、もしかしたらツインではないのかもしれない。。。)

 

 

 

 

彼はツインだと私は確信している(けれども、本当はツインなんて私が思い込んでいるだけかも。。。)

 

 

 

 

 

もし、このようにお考えだとすれば、あなたにとって、ツインソウル・ツインレイの概念は、マインドを混乱させる要因の1つになってしまっています。

 

 

 

 

もしくは、ツインソウル・ツインレイの概念が、相手が戻ってくるための、ツールになってしまっています。

 

 

 

 

 

もし、あなたが、ツインの概念にお疲れなのであれば、よく聞いてくださいね。(ご自分の魂に疲れていないかどうかじっくり聞いてみてください。)

 

 

 

 

 

私は、ツインレイの存在は確信しています(だからこそ、このブログを書いています。)しかし、確信があるからこそ、相手がツインかどうかは、信じたとしても、そこに強くこだわらない方がいい、という立場を貫いています。(特に、ステージの最初の段階、ランナーチェイサーの段階では、そのことにこだわるよりも、他にできることがあるからです)

 

 

 

 

ツインだけ特別な愛、というものはないんです。

 

 

 

 

ツインには、独特のステージはあります。

 

 

 

 

 

しかし、真実の愛は、この宇宙に、共通する1つです。

 

 

 

 

ツインとは、その真実の愛を、ツインという立場で教えてくれる人のことです。

 

 

 

 

 

もし、特別、というものが存在するとすれば、3次元のこの世界では、特別じゃない(普通)、という概念が必ず存在することになります。それが、必ず物事は2極で存在する、という地球の法則です。

 

 

 

 

では、特別な愛、に対して、特別じゃない普通の愛とは、どんな愛のことを指すのでしょうか?

 

 

 

 

愛とは、1つです。

 

 

 

 

愛は、真実の愛、しかありません。

 

 

 

 

その、愛を学ぶかたちや方法、環境は様々です。しかしながら、目指すところは、真実の愛、1つです。

 

 

 

 

 

ツインからの卒業、という言葉を時々ネットで耳にします。

 

 

 

 

私は、大いに賛成です。

 

 

 

 

ツインから卒業したとしても、相手が本物のツインであれば、あなたのツインであることには変わりがないわけです。

 

 

 

でも、私が何が賛成なのかと言いますと、それは、あなたが「ツインという概念に執着してしまっていた自分からの卒業」「ツインという概念にしがみついてしまった自分からの卒業」だからです。

 

 

 

 

 

ツインのステージとは、みなさんもご存知と思いますが、宇宙にすべてを委ね、すべてを手放すことです。

 

 

 

 

これには、もちろん、ツインという概念も含まれます。

 

 

 

 

相手に愛されることや、相手との未来も、すべてを宇宙に委ね、手放すのです。

 

 

 

 

もし、ツインの概念に疲れてしまっていたら、一度、すっぱりと、ツインの概念から卒業!と考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

相手がツインでなくても、戻ってこようが来まいが、ただ、1人の〇〇さん、という男性を私は愛する。なぜならば、そんな〇〇さんという男性が素晴らしく、愛せるだけで至福だから。

 

 

 

 

そんなお気持ちになれるかどうか。一度じっくり考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

卒業とは、何かからさよなら、ではなくて、次のステージへ進むためのステップなのですから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★電話・メール相談について★

 

現在、お申し込み多数のため、メール相談受付を一時停止

させていただいております。(3月頃再開予定です)

 

お電話相談のみ、受け付けております。ご希望の方はお問い合わせください。

 


お問い合わせ
twinray_hanabi アットマーク yahoo.co.jp

アットマークを@にかえてメールにて
詳細をお問い合わせくださいませ。