読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

◆コメントより 自分のすべてを愛するために

こんばんは。hanabiです。

 

今日は、いただいたコメントより、引用させていただきます。

 

 

============

 

母親やパートナーに愛してほしいときにしなくてはならないのは、まずは自分を愛することが一番の近道だということに気づきました。 この世界は鏡の世界なので、自分が自分を愛すれば、その姿が相手うつるだけですので、自然に相手も愛してくれる。 そういうことだったのだと。^^ 自分が自分から逃げていれば相手も逃げてしまうし。 人間関係を変えたかったら自分との関係をまずよくすれば解決の道へつながるということかなと。 何があっても自分だけは心から応援し続け好きでいきましょう!!

 

============

 

 

 

そうなんです。

 

 

 

この現実世界というのは、こちらのコメントに書いてくださいましたように、「鏡」なんです。

 

 

 

あなたの心が映し出されている、鏡、なんです。

 

 

 

 

それが、私=ツイン、という意味なんです。

 

 

 

 

鏡なのですから、相手の姿は自分とは全く別の、相手が起こしているように見えるのですが、

 

 

 

実は、自分のすべてが映っているんです。

 

 

 

 

ここは、これまで、現実世界をそのように捉えたことがない場合、腑に落ちるまで時間がかかるかもしれませんが(かつての私も、この意味がよく理解できませんでした)

 

 

 

現実世界のしくみは、そうなっているのだ、と、理解してみてください。

 

 

 

 

あなたが、あなたのことを責めている時、

 

 

 

相手のことを責めます。

 

 

 

 

この逆で、相手を責めている自分に気づいたとき、

 

 

 

それは、あなたもあなた自身のことを責めているのだ、と、気付かせるために起きています。

 

 

 

 

あなたが、自分の中にゆるせていないものがある時、

 

 

 

相手にもそれを投影します。ですから、相手のこともゆるせないことがあります。

 

 

 

逆に、相手をゆるせないと思っている時、

 

 

 

 

それは、つまり自分のこともゆるしていない、ということなんです。

 

 

 

 

つまり、現実世界に起きたことは、「心の内側が映っている」のですから、

 

 

 

どのような問題に見えることでも、

 

 

 

なぜ、自分がこの現実をつくり出しているのか、という、自分に気づくきっかけにするのです。

 

 

 

 

そして、

 

 

 

自分責めない

自分のすべてをゆるす、

 

 

 

 

という自分、つまり、

 

 

 

 

自分のすべてを愛している自分

 

 

 

になった時、

 

 

 

 

相手も責めない、

相手のすべてをゆるす

 

 

 

相手を一切変えずに

ありのままの相手をそのまま愛する自分

 

 

 

 

という自分になっているんです。

 

 

 

 

 

もし、あなたが、たった今、彼の〇〇を変えるべきだとか、彼の〇〇は変わってほしい、と思っているとすれば、

 

 

 

 

それは、自分の中に、自分で認められない自分がいるということ、です。(思い出したくない過去、失敗、傷、見捨てられた痛み、なども含めて)

 

 

 

何度も繰り返しになりますが、

 

 

 

自分が相手に映っています。

 

 

 

 

 

ですから、今、相手があなたに対してどんな行動をしようが、相手がどんな態度をあなたに見せようが

 

 

 

 

一旦、相手のことはそのまま保留にして(宇宙は、そのために、わざわざ2人を分離させます)

 

 

 

 

その出来事をきっかけとして、自分の内側に向き合うんです。

 

 

 

 

 

彼が自分のことを嫌ったとしたら

 

 

 

それは、あなた自身があなたを嫌っている、ということです。

 

 

 

そこで、考えてみてください。

 

 

 

 

私は、なぜ私自身を嫌っているのだろう?

 

 

 

私は、私のどこを嫌っているのだろう?

 

 

 

 

私の中にある癒されていない傷はどんなものだろう?

 

 

 

 

 

 

それが、自分と対峙する、ということです。

 

 

 

 

これが、ツインは合わせ鏡、という意味です。

 

 

 

 

 

自分のすべてを愛するために、ツインのステージがあります。

 

 

 

そう考えますとね、私たちが自分のことを100%愛するためにその人が出会ってくれているというのは、なんて素晴らしいことだと思いませんか!

 

 

 

 

どうすれば自分のすべてを愛せるのか、については、また詳しく記事に書きたいと思います。

 

 

 

 

コメントありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

(ご質問やメッセージのお返事、時間をいただいております。少しお待ちください)

 

 

 

 

 

 

 

☆電話・メール相談について☆

http://twinray-hanabi.hatenablog.com/entry/2017/01/05/111838
 
お問い合わせ
twinray_hanabi アットマーク yahoo.co.jp
 
アットマークを@にかえてメールにて
詳細をお問い合わせくださいませ。