読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

愛しているからこそ

こんばんは、hanabiです。

 

 

 

今日、私の仕事で、こんなことがありました。

 

 

 

私の仕事の1つに、ある作品を創作する、というものがあります。

 

 

 

お客様から依頼があった時に、その依頼の通りの作品を作り、それをお渡しします。

 

 

 

数日前に、ある方から、私の作品を4つ購入したい、と言われました。私はその時、4つも購入してくれるなんて、とても嬉しいと思いました。

 

 

 

そして数日が過ぎたころ、その方が、やはり購入は2個にします、と言ったんです。

 

 

 

最初に4つ、と言われた私は、ある程度4つ分の準備をすでにしていたので、突然、それを2個に、と言われた時に、少し頭にくるという感情を持ちました。(どんな感情であれ、決して抑圧せずに、自分で感じるようにします)

 

 

 

 

そこで私の頭に浮かんだ考えは、

 

 

 

4つから2つに減らすなんて、勝手な人だなぁ。

もしかして、私の作品を嫌いになったのかもしれない。

もしかして、私に仕事をお願いしたくなくなったのかもしれない。

 

 

 

などというものでした。

 

 

 

 

 

実は今日、その方に直接お会いしたんです。

 

 

 

 

そうしたら、その方が私に言ったんです。

 

 

 

 

最近のhanabiさんは、注文が多くてとても忙しいと聞いたので、あなたの負担にならないように、注文を減らしました、と。

 

 

 

 

 

私のためを思っての、その方の行動だったとは!

 

 

 

 

そんなことは露知らず、私の頭の中は、私の勝手なる不安と恐れで、先ほどのように思ったのです。

 

 

 

 

では、私はなぜ、その時に、個数を減らすことがその方の思いやりとは思えずに、その方が私を嫌ったとか、勝手な人だとか、そんな風に判断してしまったのか。

 

 

 

 

それは、過去に、そういう経験をいくつもいくつもしてきたからに他なりません。

 

 

 

 

人は、特に幼少期に、傷ついたり、悲しんだり、辛かった経験が多いと、大人になった今も、何かあるたびに、その時の傷が疼いて、不安や恐怖になってしまいます。

 

 

 

 

幼少期に傷や悲しみではなく、人から信頼されたり、人からたっぷり愛される経験が多いと、大人になった今、何かあったとしても、その人を信頼することができます。

 

 

 

 

 

 

今回の私のケースのように、あなたが何か相手に辛いことをされている(ように見える)としても、それは愛からの行為なのかもしれません。

 

 

 

 

一度、あなたがツインからされていること、もしくはツインではなくても、嫌だなと思うことをされているとしたら、

 

 

 

 

それらを、「私のことを愛しているからこその行動では?」と、考えてみてください。

 

 

 

相手の違った一面が見えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツインの場合、どんな行為をしても、どんな言葉を発したとしても、

 

 

 

 

それらのすべては、あなたを愛してやまないから、なんです。

 

 

 

 

 

 

 

☆電話・メール相談について☆

http://twinray-hanabi.hatenablog.com/entry/2017/01/05/111838
 
お問い合わせ
twinray_hanabi アットマーク yahoo.co.jp
 
アットマークを@にかえてメールにて
詳細をお問い合わせくださいませ。