読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ 正解と不正解

ツインレイのステージ

私たちは、日々、日常生活を送る中で、様々な感情を持ちます。

 

 

 

喜びや嬉しさ、楽しいこと、ワクワクすること。

 

 

 

そして、その反対の、悲しみや切なさ、苦しいこと、辛くてどうしようもないこと。

 

 

 

 

 

そして、ツインのステージでは、絶望や、苦しすぎること、切なすぎることを経験します。

 

 

 

その時に、私たちは、こんな風に考えますよね。

 

 

 

楽しいことや嬉しいことは、良いこと。

 

 

 

苦しいことや切ないことは、悪いこと。

 

 

 

 

楽しいことがあると、その出来事は、正解。

 

 

 

苦しいことがあると、その出来事は、不正解。

 

 

 

 

私たちの多くがこう考えがちなのは、

 

 

 

実は、そのような考えをする大人に囲まれてきたからです。

 

 

 

しかしながら、この考えは、真実ではありません。

 

 

 

私たちは、学校教育を受ける中で、ありとあらゆる問題を解かされます。授業においては、何が正解で、何が間違っていると、明確です。

 

 

 

また、学校生活では、みなさんは、先生に怒られないように、先生にたくさん褒められるように、そして友達にも嫌われずに好かれてたくさん慕われるように、

 

 

 

いつも、自分の感情よりも、正しいことをやろう、間違ったことをやるのは避けよう、

 

 

 

と思っていたのではないかと思います。

 

 

 

それは、親に対する態度も同じと思います。

 

 

 

親に愛されるように生きよう。

親が不機嫌にならないようにしなくちゃ、と。

 

 

 

そんな風に、私たちは、常に

 

 

 

正解か不正解か、

正しいか間違っているか、

善か悪か、

 

 

 

という、2極化した自分のもつ基準で判断してしまいがちです。

 

 

 

 

しかしながら、考えてみてください。

 

 

 

例えば、不摂生をして大きな病気になったとします。

 

 

 

その人は、その病気をして初めて自分の生活がそんなにも乱れていたことに気づきました。

 

 

 

そして、病気で痛い思いや苦しい思いをして初めて、体の隅々まで感謝の念が湧いてきました。

 

 

 

そして、その病気以降は、生活リズムを正し、休息を取るようになり、そして、毎日毎日、身体に感謝をして、それまではありきたりだった日常が、大きな喜びに溢れるようになりました。

 

 

 

この場合、病気、という問題が起きたことは、確かに痛みがあったり、苦しんだりしましたが、果たして、良くない出来事と言えるでしょうか? 

 

 

 

 

この人は、病気があって、生活を見直し、感謝の気持ちを持てるようになって、病気の前よりも飛躍的に幸せになったのです。

 

 

 

ということは、病気という問題に見える出来事は、それが起きたその時から、実はすでに幸せの一部だった、と捉えられます。

 

 

 

 

 

それと同じで、その、起きてしまった辛くて苦しい出来事というのは、その時に、どんなに苦しくても、どんなに辛くても

 

 

 

起きてしまった出来事、イコール、間違いとか不正解、というわけではないのです。

 

 

 

むしろ、すでに幸せの入り口に立てている、といえます。そして問題が起きた後の、変化の先にあるその幸せとは、今まで気がつかなかったほどの、前以上の、大飛躍した幸せ、です。

 

 

 

 

もし、あなたが、苦しんだり辛いとすれば

 

 

 

そんなご自分を絶対に責めないでください。

 

 

 

そして、その出来事を間違いとか、ダメな出来事、ととらえないでください。

 

 

 

 

もう一度言いますが、

 

 

 

 

その出来事こそが、以前とは比べ物にならないほどの幸せをあなたに約束しているんです。

 

 

 

 

ですから、あなたが、悲しんだり苦しんだりする原因となっているツインは

 

 

 

 

あなたに、そんな大きな大きな幸せをプレゼントするために、出会ってくれているのです。

 

 

 

 

それは、彼に再会できてから幸せ、なんじゃなくて

 

 

 

彼が隣にいなくても私はこんなにも幸せだった!ということを、もともと愛そのものだったあなたが思い出すのです!

 

 

 

 

今はもしかしたらそう思えなくても、そんな世界がある、ということを、ぜひ、心の片隅にとどめておいてくださいね。

 

 

 

 

 

そしてツインの再会とは、自立を果たした2人が出会う、ということですから、

 

 

 

 

お互いに、たとえ1人でいても愛が満ち溢れているもの同士が再会しますので、その愛の大きさはすさまじいものであり、再会後に2人が共に手を取って歩み出すことによって、この地球全体の愛を拡大していくのてす。

 

 

 

それが、ツインレイの役目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

☆電話・メール相談について☆

http://twinray-hanabi.hatenablog.com/entry/2017/01/05/111838
 
お問い合わせ
twinray_hanabi アットマーク yahoo.co.jp
 
アットマークを@にかえてメールにて
詳細をお問い合わせくださいませ。