読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ 分離の意味

女性はお花です。

 

 

あなたも私も。

 

 

そして、自分の大輪の花を咲かせるために、今を精一杯生きる。

 

 

 

この、大輪を咲かせるというのは

 

 

 

バラや百合みたいな美しいお花が優れていて、

 

 

 

道端に咲く名もなきお花が劣っている、ということではなく。

 

 

 

名もなきお花として、誰の目にも届かない道端の端っこに咲いていようとも

 

 

そこで、誇りを持って咲く、ということです。

 

 

 

今すぐに大輪を咲かせられなくても

 

 

 

どんなお花も、大輪を咲かせる前は小さな小さなつぼみです。 

 

 

 

芽がでてまもない時なんて、それが花を咲かせるかどうかも分からない。

 

 

 

でも、静かに静かに、その、今ここにある生命を育む。

 

 

 

日本に住む私たちは、モンゴルの山奥に咲いている花を見たこともないし気にしてもいない。でも、そのお花は、生命の表出として、静かに花を咲かせている。

 

 

 

人が住んでいないようなジャングルの奥深くでも、誰にも発見されずとも、今日たった今も、私たちと同じ太陽からの光を浴びて、木々から与えられた酸素を吸い、大地の恵みを吸い取って、今を生きている。

 

 

 

 

私を見て!

私の美しさを分かって!

誰か、私に会いにきて!

とも言わずに。

 

 

 

ただただ、静かに咲いている。

もしくは

咲くその時を待っている。

 

 

 

 

私たちは、自分の何か「不足」に目を向けている時、

 

 

 

自分の満たされていない何かを、ツインの、彼の、誰かの愛で埋めてほしいと願っている時、

 

 

 

自分の中に静かに流れている、悠久の愛に気づけません。

 

 

 

父からもらった無限の愛に気づいていない。

 

 

 

 

母からもらった溢れんばかりの無償の愛に気づいていない。

 

 

 

 

 

子供の頃に熱を出した時、怪我をした時、その時に手当てをしてくれた先生、心配してくれた人たち、世話をしてくれた人たち。。。

 

 

 

たくさんの、たくさんの愛に囲まれてここまで来れたし、たった今もそう。

 

 

 

 

孤独だとあなたは思っているかも知れないけれど、たった今もあなたを愛してくれている人が必ずいます。

 

 

 

 

 

世界中には、たくさんの現実の中で、たくさんのお花が生きています。

 

 

 

 

 

戦争で泣き叫ぶ子供。

不治の病で入院してばかりの子供。

親から離れて施設で暮らす子供。

障がいがあっても懸命に生きる子供。

 

 

 

 

みんなみんな、それぞれの現実という大地に根をおろし、自分の花を咲かせてがんばって生きています。

 

 

 

 

バラでもなく、ひまわりでもなく、百合でもなく、

 

 

 

 

「わたし」と言う名の、世界にたった1つ、自分にしか咲かせられないお花です。

 

 

 

 

せっかくこの地球に、お花の種としてその生命を与えていただいたのですから

 

 

 

誰かに見せるためでも

誰かに見られるためでもなく

 

 

 

誰かに愛されるために美しく咲くのでもなく

 

 

 

 

もうすでに美しさに満ち溢れているこのお花の生命そのものを

 

 

 

存分に、静かに育めば良いのです。

 

 

 

 

お花はその時々で様々な現実に出会います。

 

 

 

 

晴れの日

雨の日

曇りの日

嵐の日

暴風の日

 

 

 

 

外側の世界がどうであれ

どんな日でも

太陽はいつも天高く見守ってくれていますから

 

 

 

 

あなたは凛として

その光を享受して

静かに静かにそっと咲いていてください。

 

 

 

 

どんなに絶望の日でも

お花は1人では咲けないのです。

 

 

 

 

ツインとの分離とは

 

 

 

 

お花であるあなたが、

大輪の花を咲かすことができるように

 

 

 

すでにあなたの身の回りに溢れている

愛にあなたが気づくために

 

 

 

あなたが愛してやまないツインが

ツインからの愛しか見えなかったあなたのために

 

 

 

あえてあなたにとって一番苦しい

ツインの愛を失う、と言う方法で

 

 

 

身の回りのたくさんの愛に

気付かせてくれているのです。

 

 

 

 

分離は、その相手に深い深い愛がなければ

できないことなのです。

 

 

 

 

 

そしてあなたのツインは

あなたが山奥に咲こうが、ジャングルの奥に咲いていようが

 

 

 

魂の叫び、という羅針盤を使って

必ず、必ずあなたを見つけ出します。

 

 

 

いや、

その羅針盤が胸の内側にある限り

あなたというお花を見つけざるをえないのです。

 

 

 

マインドの声でもなく

心の声でもなく。

 

 

 

魂の叫びは絶対なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

☆電話・メール相談☆

 

http://twinray-hanabi.hatenablog.com/entry/2017/01/05/111838
 
お問い合わせ
twinray_hanabi アットマーク yahoo.co.jp
 
アットマークを@にかえてメールにて
詳細をお問い合わせくださいませ。