読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

質問より ★「愛そのものとして生きる」とは3

こちらの記事の続きです。

 

 

twinray-hanabi.hatenablog.com

 

 

あなたが、自分の本質が「愛そのもの」だとわかった時。

 

 

誰かに「愛される」ことを、もう求めないのです。だって、あなたが愛そのものなのですから。なぜ、これ以上、愛されなければならないのでしょう。

 

 

例えば、あなたが、もう、すでに「バラの花」だとしたら、「バラの花」になるための努力は必要なくなります。誰かに「あなたはバラの花です」と認めてもらう必要もない。「私はバラの花なんです」と主張する必要もない。

 

 

あなたは、自分がバラの花だと知っているので、ただただ、バラの花としてそこで咲くだけで満足です。

 

 

そして、 あなたが与えられたバラの花としての役割を果たすこと、つまり、いきいきとバラの花として咲いていれば、あなたというバラの花を見た人たちは、あなたのその咲いた姿から、勝手に愛を感じて、あなたを目にするだけで幸せな気持ちになります。凛と咲くあなたの愛の波動が、勝手に周りに伝わっていくのです。

 

 

つまり、自分の使命である「バラの花を咲かせること」に気づき、それに夢中になって、懸命に咲くこと。それが、愛そのものとして生きる、です。

 

 

 

そして、(一般的に言われる)「愛する」という行為は、愛そのものの人に向かっては行いませんよね?だって、相手の本質はもうすでに愛なので、愛そのものである人には、それ以上の愛は必要ないわけです。

 

 

ひまわりとして咲いている人に、「もっとひまわりらしく咲くための肥料を私が愛をもって与えましょう」と思うのは、ひまわりが、ひまわりとして咲けていない、と思っているか、もしくは、ひまわりが、愛の肥料があったほうがそのひまわりがより幸せになれる、と思うからです。

 

 

でも、それは、本当にそうでしょうか?

 

 

ひまわりには、ひまわり自身にしか、その時々に必要なものは、分からないんです。

 

 

嵐の日に、風に吹かれ、大雨に打たれているひまわりは、周りの人から見ればとても厳しい状況で回避してあげたいように見えますが、その時にこそ、大地深くに根を張っているのかもしれません。

 

 

だから、周りの人にできることは、自分と同じように、「愛に目覚める成長の過程」にいるひまわりが、己の使命を果たし、いきいきと咲くことができるのだと、信じることです。

 

 

ひまわりが、自分でもっと凛とした花を咲かせたいと思った時には、もうすでに使命を果たして凛と咲いているバラに向かって自分から聞きに行くことでしょう。

 

 

「ねぇ、バラさんは、どうしてそんなに美しく咲いているの?その秘訣を僕にも教えて欲しいな」

 

 

そうやって、成長過程にいる花々は、すでに凛と咲く周りの花々を見て、真似をしたり聞いたりその人から学んだりして、自分の力で成長を重ねていきます。

 

 

 

 

そう考えますとね、

 

 

私たちひとりひとりができる最大のことは

 

 

自分の大輪の花を咲かせる

 

 

 

だけなんですよね。

 

 

 

あなた自身が「光り輝く愛そのものの花として咲いた状態」が、愛です。

 

 

 

自立したバラの花と、自立したひまわりが、溢れんばかりの愛をもって大輪の花を咲かせている時。お互いがあまりにも眩しくて、お互いの波動が共鳴して、お互いに同じ場所で咲いていることが心地よくて、思わず一緒に時を過ごしたくなることでしょう。

 

 

愛そのものである自分の使命を果たしつつ、愛そのものである相手をまるごと認め、ひまわりとバラの違いも受け入れ、ただ、なんの言葉も発せずとも、そこに一緒にいるだけで、なんともいえない至福に満たされることでしょう。

 

 

 

そして、ツインと呼ばれるひとつのお花と、もうひとつのお花が、それぞれ「自分らしく」大輪の花を咲かせているとき、その時にようやく相手が自分の片割れだったのだと気づかされ、思わず一緒に咲くことを選び、共に同じ場所で輝くことで、よりその輝きが増し、この地球により愛を増やすことでしょう。

 

 

 

 

 

 

そこにあるのは、愛する・愛される、という「行為」を超越した、お互いに愛である、という状態です。

 

 

 

 

そして、あなたが、「愛である」状態になった時には

 

 

 

あなたのする行為のすべてが「誰かを愛する」行為となり

 

 

 

あなたが受け取る行為のすべてが「誰かに愛される」ものとなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、長くなりましたが、質問に回答させていただきました。

私にとりましても、愛について改めて考えるよいきっかけとなりました。

質問をしてくださるみなさんに感謝です。

 

 

 

 

 

 

☆電話・メール相談について☆

 

http://twinray-hanabi.hatenablog.com/entry/2017/01/05/111838
 
お問い合わせ
twinray_hanabi アットマーク yahoo.co.jp
 
アットマークを@にかえてメールにて
詳細をお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 [人気記事です]

twinray-hanabi.hatenablog.com

 

 

  

 

twinray-hanabi.hatenablog.com