読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

質問より ★「ツインの愛」と「普通の愛」5

こちらの記事の続きです。

 

twinray-hanabi.hatenablog.com

 

 

前の記事で、「愛」について書きました。

 

 

では、ここで、いただいた質問に戻りたいと思います。

 

 

********

 

1. 地球上の普通の恋愛と、ツインに求められる真実の愛の相違点。
普通の恋愛と何がどう違うから、このプログラムを最後まで頑張れるのでしょう。何故、真実の愛がそんなに素晴らしいのでしょう。宇宙から与えられた課題をクリアにして、完全なる統合を果たせたときの、真実の愛は本当に幸せなのでしょうか。

 

********

 

「普通の恋愛」と「ツインに求められる真実の愛」の相違点。

 

 

それは、どちらの愛が特別だとか、どちらの愛が本物か、ということではありません。

 

 

まず、私たちの誰もが、その本質は魂であり、私たちを生み出してくれた根源的な宇宙、根源的な愛にむかって、魂の成長を続けている存在です。

 

 

魂には、本来、性別はないのですが、「愛」についてより理解するために、そして自分の魂の進化と成長のために、男性意識体と女性意識体となって、別々に切り離された状態で学びを深めることにしました。

 

 

ツインレイとは、その、男性意識体となったひとつの光(男性)と、女性意識体となったもう半分の光(女性)のことで、もともとは、ひとつの魂だったのです。

 

 

ツインレイは、このように、己の魂の進化と成長のために、あえてひとつの魂を二つに分離させ、地球に降り立ちました。

 

 

そして、魂が本来の姿(つまり、愛そのものの姿)に戻るように、自分自身の愛を拡大させ真実の愛そのものになるように、この地球で様々な経験をし学んでいきます。

 

 

それぞれのレイ(光)である男性レイと女性レイが、「真実の愛」に目覚めるまで、様々なステージが用意されています(これが、いわゆるツインの7つのステージです)

 

 

「宇宙から与えられた課題をクリアにして、完全なる統合を果たせたときの、真実の愛」

 

というのは、

 

ひとつ前の記事に書いたような、「現代社会で愛だと思われているけれども、そうではない愛」ではなく、まさに「真実の愛」に目覚める、ということです。

 

 

 

真実の愛の素晴らしい点は、私たちの本質である「魂」は、本来、真実の愛そのもの、だからです。

 

 

ですから、ツインのステージとは、そもそも「愛そのものだった」自分を思い出していく旅路でもあります。

 

 

しかし、愛を学ぶには、ツインの相手からだけではありませんよね?

 

 

両親から学ぶ、親子の愛。

友達から学ぶ、友人の愛。

男女間で学ぶ、いわゆる恋愛での愛。

子供の笑顔から学ぶ、純真なる愛。

大自然から学ぶ、愛。

 

 

あなたも私も、目の前に現れる、 それぞれの人、そして、目の前に現れるそれぞれの現実によって、それぞれの形で、「愛」を学んでいます。

 

 

それは、「普通と特別」「こちらの愛が優れていてこちらの愛が優れていない」という関係性ではなく。

 

 

それぞれの、役割の違い、と考えれば、 分かりやすいのではないかと思います。

 

 

いわゆる「普通の恋愛」と呼ばれる関係性の中には、お互いに「真実の愛」ではない関係性の中で、お互いの愛について学ぶことがあります。つまり、エゴを出し合ったり、エゴを満たしあったり、依存し合ったり、お互いに我慢したり、お互いに傷つけ合ったり。

 

 

それとは逆に、自分達がお互いに相手が「ツインレイだ」と思わずとも、真実の愛の学びを深め、真実の愛を体現していらっしゃる方々もいらっしゃいます。

 

 

ですからね、目の前にいるその相手とは、ツインレイであろうがなかろうが、「出会えた全員が、愛について学ばせてくれる『運命の相手』」なんですよ。

 

 

ですから、私は、相手がツインレイなのかどうか、を悩むよりも

 

 

「この相手は、私に何を教えてくれているんだろう」

「なぜ、私は(何億人もいる人々の中から)この相手に出会って、愛についてこのような経験をしているのだろう」

 

 

という視点で捉えることが、私は大切だと思っています。

 

 

 

 

 

では、その関係性の一つである、「ツインレイ」について。

 

 

ツインレイとは、真実の愛について学ばせてくれる相手の一人です。

 

 

もともとは同じ魂であるため、嘘や偽りが一切通用しません。ですから、真実の愛に強烈に目覚めさせられる相手、と言われています。

 

 

「普通の恋愛と何がどう違うから、このプログラムを最後まで頑張れるのでしょう」

 

 

このことついては、私の感覚的な言葉になってしまいますが、ツインのステージで説明されているとおり、もともと一つだった魂の男性レイと地球上で再会すると、エネルギーの交流が開始されると言われています。そして、二人がどんなに離れ離れになっても、そのエネルギーの交流が止まることはありません。

 

 

ですから、ツインのステージでは、どんなに絶望があっても、どんなに苦しくて辛いことがあっても、お互いのハートには、相手のレイからのエネルギーが届くことがリアルに感じられて、それが前に進むがんばれる原動力になっているように思います。

 

 

ただし、これも、ツインとの関係性はそのようなものである、ということです。そして、そのツインとの関係性を深めていくには、ツインとのステージについて理解していたほうが前に進みやすい。ですから、ツインについて理解を深めることやステージについて理解を深めることは、前にも書きましたが、「地図」や「懐中電灯」のようなものです。

 

 

いわゆる普通の恋愛の関係性の方が劣っているとか、ツインの愛が優れている、ということではありません。

 

 

以上、長くなりましたが、質問に対しての答えを書かせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「無償の愛」「真実の愛」については、私自身も、そこに向かって学びを深めようとしている女性の一人です。

 

私が、なぜ、このブログを書いているかと言いますと、この私こそが、「偽物の愛」の世界にどっぷりと浸かり、偽物の愛の世界で生きてきたからです。

 

過去の恋愛では、いつも誰かに依存し、執着し、相手を責め、相手を変えようとし、いかに相手に満たしてもらうのか、いかに相手によって自分が幸せにしてもらうのか、ばかりを考えていました。

 

相手の愛を試したり、相手から見捨てられるのではないかと怯えたり、自分も、相手も、信じられなかったのです。

 

 

その私が、突如、ツインの相手との出会いを与えていただきました。それまでの、私が普通だと思っていた愛が彼には全く通じず、絶望の日々と、胸が痛すぎる毎日を送りました。

 

 

その道のりを経て、今、「無条件の愛」の世界が本当にあったのだと気づかされ、それを知ったときは、驚愕するほどでした。こんなにも、穏やかで優しくて、愛に満ち溢れた世界があったのかと・・・・。

 

私自身の絶望の日々と、胸が痛すぎた毎日は、やはり、真実の愛につながっていたのです。

 

 

読んでくださっているあなたとともに、愛を深め、拡大させていけたら、との祈りを込めて、このブログを書いています。

 

 

 いつも読んでくださってありがとう。

 

 

 

 

 

☆電話・メール相談はじめました☆

http://twinray-hanabi.hatenablog.com/entry/2017/01/05/111838
 
お問い合わせ
twinray_hanabi アットマーク yahoo.co.jp
 
アットマークを@にかえてメールにて
詳細をお問い合わせくださいませ。

 

 

[人気記事です]

twinray-hanabi.hatenablog.com