読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

私自身のことを書きます

こんにちは。hanabiです。いつも私のブログをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。また、コメントや相談へのお問い合わせなども多数いただき嬉しく思っております。

 

 

 

コメント欄に、こんなメッセージをいただきました。

 

 

★★★

 

hanabiさんのブログにいつも励まされています。どの記事を読んでも、ストンと自分が好きになれるんです。素敵な文章が心地よいメッセージとなって、私の愛となります。ありがとうございます。これからも心を込めて読ませていただきます^^

 

★★★

 

 

他にも、心温まるコメントやメッセージをたくさんいただいており、すべてありがたく拝見しております。

 

 

 

私は、自分の思いや考え、これまでの経験が皆さんのお役に立てばとても嬉しいなとは思いますが、それが、実際に、皆さんの心に響くかどうか、というのは、皆さんにしか分からないことですので、それを、文書を書くときにほぼ意識していません。

 

 

 

それよりも、自分がその時々に思うことを素直に、気持ちに忠実に、そして愛を込めて書きたいと思っています。

 

 

 

もし、皆さんの心に響くメッセージがあるとすれば、きっと、そんな風に、浮かんだことをストレートに書いているからなのかな、と思いました。

 

 

 

 

今日は、少し自分のことを書きたいと思います。

 

 

 

前にも書いたことがありますが、私は、子供の頃から、自然の波動の中や、神社や教会など、神聖な雰囲気に囲まれて過ごすことが大好きでした。

 

 

そして、いつしか、宇宙からのメッセージを受け取るようになりました。

 

 

 

そして、子供の頃から、はっきりと意識せずとも、いつも、愛を求め、愛について考えていました。

 

 

 

だからでしょうか、いつ頃からか、読む本は哲学や心理学の本ばかりになっていました。一時期は、恋愛や復縁の本、男女の違いの本、男女の考え方の本なども多数読んでいました。

 

 

 

しかしながら、私は、真実の愛を知りたいとは思っていても、それを実感したことがただの一度もありませんでした。

 

 

何度か好きになった男性との恋愛はありましたが、どの恋愛においても、どうしても、どうしても相手のすべてを愛せなかったのです。頭では、無償の愛で愛したかったのに、どうすればそうできるのか、が、本を読んだり、そのときに受け取っていた宇宙からのエネルギーでは、何をもってしても分からなかったのです。

 

 

 

 

そんな私が、突如、ツインに出会わされます。

 

 

 

 

全く予期しない方法で、まさかそんな人と会うなんて。。。青天の霹靂でした。

 

 

 

ツインのステージで説明されている通り、出会った直後は、多くの場合、男性ツインからの強烈なアプローチがあります。

 

 

 

私の場合も、なぜ、出会ったばかりで、言葉もあまり交わしていない私に対して、そんなにも強い愛を表現してくれるのだろうと、当時は、ただただ不思議な気持ちで、なにげない気持ちで受け取っていました。

 

 

 

その後、私もすぐに深く強く彼を愛するようになりました。まさに、魂からの愛を彼に感じました。

 

 

 

そして、お互いに愛を感じながらも、少しずつ、少しずつ、不協和音が生じ、それでも私はまさか彼が去るだなんて予想すらしたことがなかったのですが、突如、音信不通となりました。信じられませんでした。

 

 

 

えぐられるような胸の痛みの絶望の時期を経て、

 

 

1つ1つ、手放し、

 

 

 

1つ1つ、ゆるし、

 

 

 

1つ1つ、自分と対峙し、

 

 

 

昨年、2016年に

 

 

 

ようやく、私が幼少期から求めて止まなかった、無償の愛、の世界へと到達しました。

 

 

 

 

私が非常に幸運だと思っているのは、

 

 

 

宇宙からのメッセージを受け取ることができたことに加え、心理学の観点から、心の考えの癖や、なぜその感情になるか、なぜ私はそんなエゴを持つのか、というこころのメカニズムや潜在意識について探求し続けてこれたことです。(現在は、心理カウンセラーの資格を取得しております)

 

 

 

 

宇宙や魂を感じること、ヒーリング、前世や過去生、これまでのカルマ、エネルギー、それらについても自分を知り、今の自分を生きる上で大いに役に立つものでしょう。

 

 

 

それに加えて、心理学の観点とは、今現在、自分がなぜそのような行動をするのか、なぜ辛いのか、なぜ苦しんでいるのか、という、「現在地」がよく分かるのです。

 

 

 

つまり、心理学の見地があることで、真実の愛を知るための、地図を手にしているようなイメージです。

 

 

 

地図があったほうが、目的地に到達しやすいですし、地図は、まず何よりも、「今現在、私はどこにいるのか?」「今現在の私が、なぜこのような考えを持つのか」ということが深く理解できます。

 

 

 

地図を持たぬまま、目に見えないエネルギーや宇宙からのメッセージだけで先に進もうと思っても、どこへ行くと良いのか、どちらに進むと良いのか、そして、とても大切な「今、私がどこにいるのか」がわからないと、前に進みにくい人もいます。

 

 

 

もちろん、心理学の見地がなくても、スピリチャルな理解が深い方もいるでしょうし、こころ豊かに魂の使命に従って過ごされている方もいるでしょう。

 

 

 

心理学の見地というのは、富士山登山するための、懐中電灯のようなものだと思います。

 

 

 

それがなくても山登りしてる人もいます。

 

 

 

ただ、必要な方にはあったほうが、現実をよく見れる可能性がある。

 

 

 

その懐中電灯を、役に立たせるのも、役に立たせないのも、使っている人の使い方次第です。

 

 

 

 

私は、その懐中電灯があったことで、自分のことをよく理解できたことはもちろん、家族や彼のことも、以前とは比べ物にならないぐらい、じっくり向かい合えるようになりました。

 

 

 

 

長い期間、辛さが消えない方や、なぜこんなにも苦しいのか、どうすればその苦しみから逃れられるのかがわからない方は、この懐中電灯を使うことが、きっとその解決方法の一助となるでしょう。

 

 

 

今ならわかります。

 

 

 

なぜ、私が、思えば幼稚園の頃から、愛について考えていたのか。

 

 

 

なぜ、そんな私に、10代の頃から、心理学や哲学の本を読む機会が与えられたのか。

 

 

 

それらはすべて、ツインに出会うための準備だったのです。

 

 

 

 

そして、そこにあった宇宙からのメッセージ、それは

 

 

 

 

『真実の愛を知るために、あなたには、宇宙の私から、「実体験」をプレゼントします』

 

 

 

『あなたには、宇宙の私から、自分自身で、もがいたり、苦しんだり、泣いたり、悲しんだり、そしてツインと離れ離れになったりと、そういう「実体験」を通して理解できるという、真実の愛を贈ります』

 

 

 

『それはなぜならば、あなた自身がそう望んだからです』

 

 

 

『大丈夫です。宇宙の私はいつもあなたと共にいます』

 

 

 

でした。

 

 

 

 

 

愛とは、条件ではなく、すべてです。

 

 

 

あなたがどんなに辛くても、それは、愛を知るための道のりの過程です。

 

 

 

たった今も、宇宙からは無限のサポートがあり、天使たちはあなたのすぐそばにいます。

 

 

 

信じてください。

 

 

 

宇宙は、あなたのことを絶対に見捨てません。

 

 

 

宇宙は、悩んだり、迷ったり、苦しんでいるあなたもそのまま丸ごと愛しているのです。

 

 

 

 

 

これからも、愛を込めてブログを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

いつも読んでくださっているあなたの愛をありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆電話・メール相談はじめました☆

http://twinray-hanabi.hatenablog.com/entry/2017/01/05/111838
 
お問い合わせ
twinray_hanabi アットマーク yahoo.co.jp
 
アットマークを@にかえてメールにて
詳細をお問い合わせくださいませ。