ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

あなたの魂は輝きたがっています

2017年になり、宇宙のエネルギーがシフトしたと言われています。

 

 

これまでの日本社会は、支配と抑圧の社会でした。

 

 

 

義務教育では、自分が自分でいることを否定され、我慢が美徳とされ、自分よりも周りを優先することが優れていると教え込まれました。

 

 

 

これはなぜならば、そのほうが、大人が子供を支配しやすいからです。

 

 

 

大人の言うことを聞き、大人の願いを叶え、大人の言う通りに動く子供のほうが、大人の都合が良いからです。また、その大人たちも、そのように育ってきたため、その教育が正しい、と信じていたのです。

 

 

 

もちろん、大人の想いをくみとることや、周りの人を大切にして思いやりを持つことは大切です。

 

 

 

しかし、それは、

 

 

 

自分が自分を生きる

 

 

 

という土台があって初めて、達成可能なことです。

 

 

 

我慢したり自分を抑圧したり、自分を否定している状態では、真に周りの人を大切にはできません。

 

 

 

 

かつての日本は、まだまだ物質に恵まれていませんでしたので、ものを手に入れたり、社会を発展させることに、大きな焦点が当てられていました。

 

 

 

しかし、時代が変わり、物が溢れ、どこにでもすぐに行けて、誰とでもネットで繋がることができるようになりました。

 

 

つまり、頭で欲しい、やりたい、と思うことは、ある程度は手に入れられるようになったのです。

 

 

そこで、今、人は考えます。毎日の生活が、ある程度、何不自由なく送れるようになり、「生きる本質」に目が向くようになったのです。

 

 

 

 

 

たった一度の人生、わたしは何のために生きているのか?

 

 

 

どのように生きることが、

わたしにとって真に幸せなことなのか?

 

 

 

と。

 

 

 

 

 

これまでは、いい会社に入ること、素敵な人と結婚すること、お金を稼いで大きな家を建てること、海外旅行に行くこと、ブランドの洋服を着ること、宝石を身につけること、

 

 

 

それらが、幸せなことだと、思い込まされてきました。

 

 

 

しかし、それは確かに幸せの一部にはなりえますが、それらかすべて、イコール、幸せ、ではなかったのです。

 

 

 

真の幸せとは、一人一人の魂が知っています。

 

 

 

あなたがあなたの魂の叫びを聞いて、それを叶えてあげること。それが、真の幸せです。

 

 

 

 

私達は、何気なく日常生活を送っていても、常に魂と共にいます。

 

 

 

そして、魂は嘘をつきません。魂は、知っているのです。

 

 

 

魂は、本当に私達一人一人が求める人生を送りたがっています。

 

 

 

ですから、何か、問題に見えるようなことが起きた時には、それは素晴らしい機会なのです。

 

 

 

それは、問題のように見えて、真の魂の叫びに気づくきっかけです。

 

 

 

 

私は、ツインに出会い、それまで私が求めていた「思考での目標」と、魂の叫び、が、全く別のところにあったと痛感しました。

 

 

 

それまでは、仕事の評価や肩書き、年収の額など、社会的な目を気にした目標が、私の望みだと思っていたんです。

 

 

 

でも、違いました。

 

 

 

私の魂は叫んでいました。

 

 

 

 

 

真実の愛を生きたい。

真実の愛に出会ってみたい。

真実の人生を送りたい。

 

私の使命を果たしたい。

 

 

抑圧や我慢をやめて

ありのままの私を謳歌したい。

 

 

 

 

それが、私の真に求めていることでした。

 

 

 

 

魂の叫びに出会えたのは、やはりツインのお陰です。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの魂は輝きたがっています。

 

 

 

あなたの魂の願いを叶えてあげられるのは、あなただけです。

 

 

 

もう、誰にも遠慮しなくてもいい。

ツインにだって遠慮はいらない。

 

 

 

 

私達は存分に輝いて良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの愛が届きますように。

 

 

 

 

 

 

 

☆電話・メール相談はじめました(*^^*)☆

 

お問い合わせ

twinray_hanabi  アットマーク yahoo.co.jp  

 

アットマークを@にかえてメールにて

詳細をお問い合わせくださいませ。