読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ 相手の最も嫌なところ

ツインレイのステージ

人は誰もが、多面的な存在です。

 

 

優しい人にも意地悪な面があり、

 

 

穏やかな人にも激しい面があり、

 

 

元気に見える人が落ち込むこともあり、

 

 

溌剌とした人が沈む日もあり、

 

 

思いやりのある人が憎まれることもある。

 

 

 

絵の具でいえば、一色でできている人なんて誰もいない。

 

 

 

優しさも、意地悪さも、強さも弱さも、元気さも元気じゃないことも

 

 

 

その時の状況、目の前にいる相手、そこにある現実、などによって常に変化しうるものです。

 

 

 

 

 

 

職場でガミガミ言う上司。あなたが大嫌いなその上司。

 

 

 

その男性も、自宅に帰れば、可愛い我が子を愛する優しいパパかもしれません。

 

 

 

ですから、

 

 

 

 

ツイン=わたし、

 

 

 

 

というのは、

 

 

 

相手の中にある嫌な面を、

 

 

 

相手のものとしてではなくて、

 

 

 

 

完全に自分のものとしてみる、

 

 

 

ことが求められます。

 

 

 

 

ツインの〇〇が嫌い

ツインの〇〇が頭にくる

ツインの〇〇がゆるせない

 

 

 

 

そう思っている相手の性格や相手のふるまいは、

 

 

 

 

これは認めるのが、最初は本当に辛いことなのですが

 

 

 

自分の中にも確実に存在します。

 

 

 

それが、たとえ表面化していなくても、潜在的なものとして、自分の中にも息を潜めているのです。

 

 

 

 

ですから、ツインを見るときに、ぜひ、こんな風に考えてみてください。

 

 

 

 

 

ツインの〇〇が大嫌い

なぜ、私はツインの〇〇というところを、そんなにも嫌うんだろう?

 

 

私の心の内側の、何がそうさせているのだろう?

 

 

 

 

 

ツインの〇〇がゆるせない

なぜ、ツインのその行動や言葉、〇〇が、ゆるせないのだろう。

 

 

他のことはゆるせているのに、〇〇だけは絶対にゆるせないのは、私の心の内側の、何がそうさせているのだろう。

 

 

 

 

 

そんな風に、相手を通して、すべてを自分を知るきっかけにします。

 

 

 

 

そうしていきますと、

 

 

 

ツインの態度が何1つ変わらなくても、自分の魂はどんどん成長していきますから、

 

 

 

相手に対する自分の想いもそれに伴ってどんどん変化してきます。

 

 

 

 

そして、あんなに嫌だった拒絶や、あんなに苦しかった相手の言動が、ほとんど気にならない自分になっていきます。

 

 

 

 

自分との対峙、というのは、そうすることそのものが、神様からの大いなるギフトです。

 

 

 

 

 

2017年、ともに、突き抜けましょう!