読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

人に否定された時にどうするか

コメント欄に、気になるメッセージがあったので。

 

 

 

男性にご自分の容姿を否定されてへこんだ、と書いていたあなたへ。

 

 

 

まず、あなたが、もし、過去にご自分の容姿を否定されたことがあったとしても、

 

 

 

このことをしっかりと覚えておいてください。

 

 

 

そして、周りの人に悪く言われたり、批判されたりして苦しんでいる方も、ぜひ、読んでください。

 

 

 

 

 

周りの男性が、あなたの容姿を否定したとしても

 

 

 

だからといって、それイコール、あなたの容姿が否定される容姿だ、ということではないんです。

 

 

 

これは、容姿のことだけではなく、なにについても同じです。

 

 

 

周りの人にバカと言われたら、あなたはバカなんでしょうか?

 

 

 

周りの人に、優しくない、と言われたら、あなたは優しさのかけらもないんでしょうか?

 

 

 

 

よく聞いてください。

 

 

 

周りの人は、自由に、好き勝手に、行動します。好き勝手に言葉を発言します。

 

 

 

それによって、傷つくかどうかを決められるのは、自分だけなんです。

 

 

 

 

 

人は、なぜ、自分じゃない人の容姿を否定するのでしょう?

 

 

 

そんなことをすれば、その人が傷つくと分かっていながら。

 

 

 

その否定した人には、否定する動機があります。

 

 

 

まず、愛に溢れた人は、人の容姿を否定しません。なぜならば、容姿というのは、神様から与えていただいたものであり、一人一人異なります。

 

 

 

それらは、一人一人の違いであって、どちらが美しいとか、どちらが劣っているとか、本来、比べられないものです。なぜなら、どちらも唯一無二のものだから。唯一無二、というのは、比べられない、という意味です。

 

 

 

では、なぜ、否定するのでしょう?

 

 

 

それは、否定することを通して、相手の存在を下げて見る。

 

 

 

これは、少し前の記事に書いたことと同じです。

 

 

 

なぜ、相手を下げて見なければならないかというと、

 

 

 

自分が上だと思いたいからです。

 

 

 

では、なぜ、わざわざ自分は上だと発言しなければならないのか。

 

 

 

それは、まぎれもなく、自分は劣っていると確信しているからなんです。

 

 

 

 

自分が劣った存在だと信じているからこそ、わざわざ誰かを低く見て、自分の存在を高めなければなりません。

 

 

 

つまり、あなたに対して容姿を否定したその人は、自分の劣等感が苦しくて、たまたま近くにいたあなたの容姿を否定するという行為によって、優越感に浸っているだけなんです

 

 

 

 

あなたは、そのような時に、凹むのではなく(もちろんへこんでもよいのですが、その後に)

 

 

 

そう言われても、私は私の良さを知っている、と、ご自分を抱きしめてあげてください。

 

 

 

 

 

飲み屋さんで、サラリーマンが同僚や上司の文句をいうの、全部同じ仕組みです。

 

 

 

 

周りを悪くいうことで、周りを低く見て、優越感に浸っている

 

 

 

 

つまり、劣等感が苦しい

 

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

もし、次からは、文句を言ってきた人に対して

 

 

 

 

あなたの劣等感が少しでも癒され、あなたが愛に満ち溢れますように、

 

 

 

 

と、祈れたら、最高ですね^ ^

 

 

 

 

 

あなたのコメントを読ませていただき、あなたの心の優しさ、清らかさ、伝わってきています。あなたは、とっても美しい女性です^ ^  

 

 

 

私にこころ温かなメッセージをくださるあなたが私は大好きですよ(^^) 周りの人の幸せを祈るという清らかなこころの持ち主のあなたは、とっても素敵な女性です。