読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

さっさと幸せになりましょう!

宇宙や魂の仕組みを知れば知るほど、目の前の現実とは、自分が作り上げている、ということが分かってきました。

 

 

そして、ツインのステージの意味も、深まってきています。

 

 

 

私のブログを読んでくださっている方は、お相手の方と離れ離れの方が多いと思います。私自身もそうです。

 

 

 

その時に、女性に、チェイサーに課された課題があります。

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

『自分1人でとことん幸せになること』

 

 

 

 

 

に尽きると思います。

 

 

 

 

むしろ、このために、わざわざ相手が離れてくれている。

 

 

 

 

ツインも、夫も、彼も、恋人も、

 

 

 

 

あなた=わたし、として、相手を見ることは大切ですが

 

 

 

 

その相手は、自分、ではありません。

 

 

 

 

そして、自分を幸せにするために存在してくれているわけでもありません。

 

 

 

私たち人間は誰もが、自分で自分を幸せにできる能力を与えられています。

 

 

 

 

しかしながら、ツインと出会っている方は、その出会いの時に、

 

 

 

おそらく、自分で幸せになることよりも、相手の愛によって幸せにしてもらおうと思っていた方が多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

相手は、わたし、ではありません。

 

 

 

 

別人格です。別人です。

 

 

 

 

何も話さずに私達の全てを理解するスーパーマンでもありません。喜怒哀楽があって、できることもできないこともあって、良いところも情けないところもある、周りの人と同じ人間の1人です。

 

 

 

ですから、彼が私たちの全てを満たしてくれるんじゃないんですよね。

 

 

 

 

わたしは、わたし自身を満たす。

 

 

 

 

彼は、かれのやるべきことをやる。

 

 

 

 

 

そうして、自立した1人の人間同士になった時に、真の愛を交わせるんです。

 

 

 

どちらかが相手に頼ろう、とか、どちらか相手に何かを求めているうちは、そこに、何かしら不協和音が発生します。

 

 

 

 

まずは、自分の足で立つことです。

 

 

 

彼がいなくても、自分1人で、もう、最高に幸せになるのです!

 

 

 

彼に遠慮もいらない。

 

 

 

彼のことを待つ必要もない。

 

 

 

自分と向き合って対話して、自分が自分にできるありとあらゆることを行動に移していくことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さっさと幸せになっちゃいましょう(^^)

 

 

 

 

きっと彼も、ツインも、悩んでいる私よりも、笑顔で輝いている私を見る方が幸せだと思いますから!