読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

あなたの現実をつくっているのはあなたしかいません

こちらの記事の続きです。

 

 

「考えてみてください!」

http://twinray-hanabi.hatenablog.com/entry/2016/12/23/151653

 

 

 

★★★

ある電車に、お父さんと、小さな子供2人が乗ってきました。

 

混んでいる電車ですのに、その子供2人は、椅子に座ったり、立ったり、窓の外を見たり、大声を出して騒いだり、走り回ったりしています。

 

そして、その電車に乗っている周りの人は、皆、かなり迷惑そうな顔をしています。

 

 

子供たちは大声で叫んでいる。

 

 

 

そして、そのお父さんは、ちっとも自分の子供を叱らないし、やめさせようともしない。

 

 

 さて、あなたが、この電車に乗っていたとしたら、どうしますか?

 

★★★

 

 

みなさんなら、このような状況では、どうすると考えたでしょうか?

 

 

 

お父さんを腹ただしく思う。

お父さんに、子どもを叱るように言う。

お父さんを注意する。

 

 

 

そんな風に思った方もいたかもしれません。

 

 

 

私も、最初にこの文章を見たときに、随分自分勝手な父親だな、と思いました。

 

 

 

でも、この出来事には、別の説明文があります。

 

 

 

ある人が、見るにみかねて、そのお父さんに注意しにいきます。

 

 

 

「あなたの子どもたちが騒いでいます。あなた、父親なら、叱ったらどうですか?」

 

 

 

 

そうしたら、お父さんは、こう言いました。

 

 

 

 

 

「あ、申し訳ありません。」

 

 

 

 

「つい先ほど、あの子たちのお母さんを亡くしたばかりで。。。」

 

 

 

 

「気が動転して、子どもたちが騒いでるなんて知りませんでした。。。」

 

 

 

 

実は、このお父さんは、

 

 

 

奥様を亡くしたばかりでした。

 

 

 

小さな子どもたちは、そんなことの深刻さが分からず、電車ではしゃいでいる。

 

 

 

お父さんは、妻を亡くした悲しみで、周りの状況も目に入らない。

 

 

 

子どもたちの姿も、分からないほど悲しみにくれている。。。

 

 

 

 

 

 

この状況が分かると、お父さんの姿が、異なって見えるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は、自分の見たいように現実を見ます。

 

 

 

自分の解釈したいように解釈しています。

 

 

 

他者から、ありがとうと言われて

 

 

 

感謝する人もいれば

 

 

 

あいつは俺に媚びてるな?と怒る人もいるのです。

 

 

 

 

現実は、100%、自分自身の責任です。

 

 

 

私がつくっているのではない、と反論されるかもしれませんが

 

 

 

自分しかつくり得ないのが、この宇宙の法則です。

 

 

 

 

あなたが愛の目で見れば、世界はたくさんの愛に溢れています。

 

 

 

 

あなたが、自分は被害者だと思ったら、周りの人が加害者になります。

 

 

 

 

 

自分しか自分の世界はつくれません。

 

 

 

 

これは、今すぐにでも、たった今からでも至福の境地になれるという、素晴らしい法則なのです。

 

 

 

 

あなたは、愛そのものです。

だから、すべては大丈夫なのです!