読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ ランナーツインの役割

ツインのステージでは、女性がチェイサー、男性がランナーとなり、男性が女性のもとを去り、女性がその男性を追いかける、という経験をします。

 

 

 

女性にとって、世界一愛する男性が、突如、自分を拒絶して、自分のもとを去ることに混乱を覚え、なんとしてでも彼を取り戻そうとします。

 

 

 

そして、様々な手を尽くすのですが、それらがうまくいきません。そして、自分の力でコントロールできることなんてこの宇宙にはないのだということを知り、すべてを手放す境地に到達します。

 

 

 

 

チェイサーである女性の眼に映るランナーの姿は、

 

 

 

冷たくて酷くて、腹ただしくて、ムカついて、頭にきて、理解がなくて、どうしようもない男性、というものでしょう。

 

 

 

 

でもね、

 

 

 

 

あなたの愛するランナーツインは、あなたが知っている通り、とっても素敵な男性ですよね?

 

 

 

あんなに素晴らしい男性は、世界中のどこを探しても、絶対にいませんよね?

 

 

 

 

 

ランナーツインは、本当は、愛に溢れる男性です。

 

 

 

 

そして、真実は、

 

 

 

 

 

ランナーツインは、世界で唯一、ただ、あなたに対してだけ、そんなひどい態度をとっているのです。

 

 

 

他の女性には、していないこと。

 

 

 

 

あなたには、冷たくて憎まれる態度をとるんです。

 

 

 

 

世界中で、たった1人、あなただけに。

 

 

 

 

それはなぜならば

 

 

 

 

ランナーツインは、あなたを、真実の愛に帰還させるために、

 

 

 

憎まれる役割を引き受けてくれているんです。

 

 

 

 

眼に映るランナーツインは、あなたのためだけに、あなたを拒絶し、あなたから突然去ってくれたのです。

 

 

 

なぜ、そんな役割を引き受けてくれているのか。

 

 

 

 

それが、宇宙の采配です。

 

 

 

 

あなたのための、憎まれる役割です。

 

 

 

 

あなたを、あなたに還すため。

 

 

 

 

あなたが、無償の愛に、帰還するため。

 

 

 

 

だから、相手を憎みたくなったのならば

 

 

 

 

憎んでもよいのです。

 

 

 

存分に、憎んでください。

 

 

 

 

そのために、ランナーツインがいてくれるのですから。

 

 

 

 

そして、存分に憎んだのならば

 

 

 

 

ここからがとっても大切な過程なのですが、

 

 

 

 

自分のこれまでの人生で、

 

 

 

ランナーツインとほぼ同じように、自分を傷つけた人、見捨てた人、嫌った人、去った人、愛をくれなかった人

 

 

 

そういう人がいなかったか、じっくりと、じっくりと考えてみてください。

 

 

 

 

おそらく、いるはずです。

 

 

 

 

 

お母さんに見捨てられたこと。

 

 

 

 

お父さんが理解してくれなかったこと。

 

 

 

元カレが嫌ったこと。

 

 

 

元の夫に捨てられたこと。

 

 

 

 

このようなことがないか、じっくりと自分を振り返ってください。

 

 

 

 

 

 

そこを思いだして、その傷をいやすために、ランナーツインは、あなたと出会ってくれたのです。

 

 

 

 

 

すべては、あなたへの愛のために、ランナーツインがいてくれます。