ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

冬至は陽への出発点

今日は、冬至ですね。

 

 

冬至とは、「日短きこと至(きわま)る」という意味で、一年で夜が最も長い日です。

 

 

この、冬至は、古くは、新しい年の始点とされていたそうです。

 

 

これから、夏至の、最も日が長いという時期へ向けて、少しずつ、少しずつ、明るい時間が増えていきます。

 

 

 

陰極まりて陽に転ずという言葉があります。

 

 

 

これはつまり、暗闇が最高潮に達すると、それは光へと転換していく、ということです。

 

 

 

冬至は、かつて、生命の終わりを意味し、新しい命の再生復活の時と考えられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母なる大地、大いなる宇宙。それらのエネルギーをダイレクトに受けやすい私たち女性は、この、冬至の時期にあたり、闇のような気持ちになった方が多いのではないでしょうか。

 

 

闇の只中にいる時は、確かに辛く苦しいものですが

 

 

それらは、古くから、新しい生命の始まり、新しい年の始まり、と考えられていたように、暗闇が極まれば、それらは、自ずと、陽の方向へと、転換されていきます。

 

 

 

厳しい冬の次には、必ず春がやってきます。

 

 

寒い寒い冬でも、その大地の中では、美しい花の種が、静かに開花を待っています。

 

 

 

宇宙の法則では、絶望の時こそが、最も幸いな時、と言われています。それはなぜならば、絶望の時ほど、己の変容を最大に期待できる時、と言われているからです。

 

 

 

人間の生命が誕生する時、母は最も大きな痛みを経験します。産みの苦しみです。

 

 

しかし、この、最大の苦しみが、新たなものを誕生させるのです。

 

 

 

そんな時こそ、とことん自分を信じ、自分を愛し、自分を甘やかし、自分を抱きしめ

 

 

宇宙のエネルギーを体いっぱいに浴びながら

 

 

 

愛そのもの、光そのものとして、進んでまいりましょう!

 

 

 

 

冬至、つまり、陽に転じる今日は、身の回りのお掃除をして、不要なものを感謝して手放すことが良い過ごし方のようです。

 

 

 

私も、今日は大掃除をして過ごしたいと思います。