読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

辛くて苦しい時こそ、自由になるチャンスなんです

私のブログを読んでくださっている方は、今現在、辛く苦しい方も多いと思います。

 

 

私自身も、絶望の中で、胸の痛みをなんとか消し去りたくて、たくさんのブログを読みあさっていた時期がありました。

 

 

そんな私ですが、心の傷や痛みを一つずつ、また一つ、また一つ、という風に、いたみがありながらも、もがきながらも自分に向き合って、今の私になれています。

 

 

 

では、辛い時、悲しい時、落ち込んだ時、どのように向き合うのかを書きますね。

 

 

 

まず、そのような苦しい感情を、絶対に否定しないこと、なんです。

 

 

私たちは、辛さや悲しみが起きると、そこからなんとか逃れたくて、その気持ちをなかったことにしたり、別のことをして気を紛らわせたり、相手のせいにしてみたり。

 

 

そうしますとね、その感情が、いつまでも胸に蓄積されます。

 

 

ですから、そうではなくて

 

 

 

苦しい感情が起きた時、

 

 

私達がすべきことは

 

 

 

 

苦しい感情は、

たった今、

あなたに癒されるために起きている

 

 

 

ということを、何度も何度もご自分に言い聞かせてあげること。

 

 

 

あなたを苦しませるために、辛い感情が起きてるんじゃないんです。

 

 

 

その逆なんですよ。

 

 

あなたを癒したくて、あなたをもっと自由にしたくて、痛みが起きる、という心の仕組みなんです。

 

 

 

なぜならば、傷や痛み、というのは、表面化しなければ、癒すことはできません。

 

 

 普段、その傷や痛みを、私達は感じたくありませんので、心の奥底に抑圧しています。見てみないふりをしていることもありますし、無意識のうちに、負の感情を感じないようにしてしまうことも多いです。

 

 

ツインという存在は、私達のために、私達の心の傷のために、あえて悪役を買ってでて、その傷を浮上させるという役割があるんです。

 

 

だから、去る。

拒絶する。

無視する。

あなたの心に恐怖心を起こさせる。

あなたの心を恐れでいっぱいにする。

 

 

 

 

これらは、すべて、あなたの心の中にあるその傷を癒すためなんです。

 

 

 

もう一度書きますが、抑圧された痛みは、表面化しなければ癒すことができません。

 

 

傷が表面化して、辛さや切なさを感じている時、ようやく、その傷を癒して消し去る機会がやってきた、という合図なんです。

 

 

ですから、負の感情は、嫌悪すべき相手ではなく、実は、自分をより愛し、自分をより自由にしてくれる大切な大切な、自分の仲間なんです。

 

 

苦しい時こそ、魂は確実に成長しています。

 

 

ですから、まずは、そういう悩んでいるご自分を否定せず、悩んでいても大丈夫だよ、たくさん存分に悩んでもいいよ、苦しみを感じても大丈夫だよ、って何度も何度もご自分に言ってあげてください。

 

 

あなたは1人じゃありません。

 

 

いつもいつも宇宙に見守られています。辛く苦しい時ほど、宇宙はあなたにありったけの愛を送っていますよ(*^^*)

 

 

次の記事に続きます。