読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ 君の名は

映画の君の名は、が大流行していますよね。

 

 

これは、ツインレイの物語と言われています。

 

 

一度見ただけでは気付かないような場面や背景がたくさんあるようで、ネットでもそれらを読むことができます。

 

 

 

どうしてこんなに大勢の人がこの映画に惹きつけられるのか。

 

 

 

それは、やはり、思考では分からなくても、魂は、遥か昔に、魂の伴侶と離れ離れになったことを知っており、魂が映画に惹きつけられてしまうから、なのかなと思っています。

 

 

 

君の名は、を見て、また、いろいろな情報を読ませていただき、私が受け取ったメッセージを書きたいと思います。(ネタバレになるところもありますが、ご了承ください)

 

 

 

 

主人公の三葉は、瀧くんと奥寺先輩がデートをした時に涙を流し、そこで、自分の瀧くんへの気持ちに気付きます。

 

 

 

そして、東京に会いにいって、瀧くんを見つけますが、瀧くんは三葉にまだ出会っておらず(タイムリープしているので)、瀧くんは三葉に、あなたは誰?と言って、三葉のことを理解できません。

 

 

 

そこで、三葉は、その場を去ろうとする時に、別れ際で赤い組紐を瀧くんに渡してお別れします。

 

 

 

 

そして、最後の場面にて。

 

 

 

お互いに瞳を見るだけで相手の存在に気付きます。そして、お互いにお互いを探します。

 

 

 

その後、階段で再会できた2人ですが、今度は瀧くんから声をかけます。ありったけの勇気を振り絞って。

 

 

 

 

 

 

これは、男性性と女性性に対するメッセージ、なんですよね。

 

 

 

女性の特徴は、受容、です。

 

 

現実を受け入れる、相手のすべてを受け入れる。自分の存在を明け渡す。手放して委ねる。

 

 

 

男性の特徴は、現実を作る、です。

 

 

 

この地球で想像し、創造し、形作り、地球を住みやすい地とする。夢を実現していく。

 

 

 

 

だからやはり、三葉が追った時にはうまくいかない。

 

 

 

けれども、組紐という、印や気づきは与えられる。

 

 

 

そして、最後に、瀧くんが声をかけると、ようやく2人の再会が叶います。

 

 

 

 

つまり、やはり男性が再会の時には行動を起こす、ということなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瞳を見るだけでお互いに気づく、ということは、ツインに出会っていると思っている方は、よく理解できることではないでしょうか。

 

 

 

ツインレイの場合、最初は男性が猛烈にアプローチして、女性は気付かず、だんだん理解していく、と説明されています。

 

 

でも、その、だんだん理解していく過程で、なぜ、あんなにも彼の瞳が印象的だったのか、分かっていくのですよね。

 

 

 

私も、彼の瞳に吸い込まれそうになった時のことは、いつ何時でも鮮明に思い出せます。

 

 

 

 

君の名は、のことは、また書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

穏やかな気持ちで、男性を信じて、宇宙の愛を信じて進んでいきましょうね(*^^*)