読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ 真実の愛

あなたが失敗した過去。

 

あなたが後悔している、その行動や言葉。

 

あなたが思い出したくもない、あの時の失敗。

 

 

 

 

それが、なんだっていうのでしょう?

 

 

人はそもそも、完璧ではありません。

 

 

完璧な人は、一人も存在しません。

 

 

そして、もし、人が一度も間違いを犯さず、失敗もせず、思い通りの人生を生きることができるのならば。

 

 

そこに、学びや成長や、そして、その時のその経験の意味はあるのでしょうか?

 

 

すでにすべてが成功と分かっていたら、本当に未来は楽しいものでしょうか?

 

 

間違って、失敗して、泣けて仕方なくて、心が張り裂けそうになって、絶望になって、苦しくて切なくて。

 

それも、まぎれもなく、大事な大事な、人生の一部です。

 

そしてね、

 

 

もし、あなたの行動や言葉によって、目の前の相手があなたを愛することをやめたとすれば、

 

 

それは、そもそも、「愛していた」とは言えない。

 

 

自分にとって良い時のあなたを愛して、自分の思い通りにならないあなたを愛さない。

 

 

それは、愛と言えるのでしょうか?

 

 

でもね、今、彼があなたを愛しているのかどうか。

 

それは、わからないわけです。本人に聞くまでは。(ツインなのであれば、愛していると断言できると、と思うと思いますが、それは魂のつながりであって、本人の口から聞くまではその真意は分からないと思います)

 

だから、相手の気持ちに影響されずに、相手の気持ちに左右されずに

 

どうぞ、ご自分のお気持ちを貫いてください。

 

 

自分の都合のいい時の彼だけ愛して、都合が悪くなったらその彼を愛さない。

 

 

それは、真の愛と言えるでしょうか?

 

 

真実の愛の道のりは、厳しいものだと私は思っています。だから、世の中には、恋愛や結婚の問題が山ほどあります。

 

 

無償の愛とは、厳しい道のりの先にある。

 

 

だからこそ、私は、その道を歩こうと決める意味があると思うんです。

 

 

私は、その道を歩けている、その道を歩こうと決意した自分を褒めています。

 

 

すぐにうまくいかなくても、時折気持ちがぶれてしまって落ち込みそうになったり。

 

 

でも、この世で一番大切な、愛の道を歩いているんだ。。。。その思いに、私は誇りを持っています。

 

 

どんなに高価な家に住んでも、どんなにきらびやかなアクセサリーを身につけても、それらは、いつか古くなったり壊れたり、手元からなくなったり、します。だけど、魂の成長だけは、絶対になくならないものです。

 

 

厳しい、真実の愛、の道のり。

 

 

そこを、笑顔で、軽やかに、朗らかに、歩いていたいな、と思う私です。

 

 

いつも読んでくださってどうもありがとう。