読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ コントロール

相手に対して、自分の思い通りに愛して欲しい。

 

 

私は、かつて、いつもこう思っていました。

 

 

私が考える通りに、愛して欲しい。

 

 

それ以外は、愛ではない。

 

 

そう、真剣に信じて疑いませんでした。

 

 

だから、思い通りにならないと、腹を立て、彼に求め、彼を責め、彼が困るお願いをしていました。

 

 

そして、彼の態度を愛がないと決めつけ、勝手に落ち込み、勝手に切なくなって、彼を信じることができませんでした。

 

 

彼が去った直後は、そんなことをした自分をかなり責めましたし後悔しました。

 

 

でも、今は分かります。

 

 

彼をコントロールしようとした、私の心の中。

 

 

それは、過去にコントロールされて、自分が自分でいられなかった、その苦しみだったんです。

 

 

過去にコントロールされたことで、愛とは人をコントロールすることなのだと私は全身で学んでしまいました。

 

 

だから、人を愛することや人を好きになることは、相手をコントロールして、相手を自分の思い通りにすることだと思い込んでしまいました。

 

 

相手を愛する方法が、コントロールすること、という方法しか、私はわからなかったのです。

 

 

本当は、ただただ、彼を愛したいだけだったのに。。。

 

 

 

コントロールしようとしてしまった自分は、コントロールされて苦しんでいた自分です。傷ついた自分であり、愛を求めていた自分です。

 

 

だから、今は、その時の自分を責めるのではなく、ゆるしてあげて、抱きしめてあげようと思っています。

 

 

 

そして、今こそ、ありのままの自分を、つまり自分の感情を、思考でコントロールすることをやめます。

 

 

それが正しいとか正しくないか、ということよりも、私の感情がどうなのか? に意識を向けて、ちゃんと自分の声を聞いてあげること。

 

 

コントロールからの解放です。彼のことも、自分のことも。

 

 

 

 

 

追伸

満月の昨夜、偶然なのか必然なのか、彼が夢に出てきてくれました。とてもリアルな夢で、彼が少しずつ私に近づいてきてくれて、手を繋いだり肩を寄せたりしてくれる夢でした。そういえば、古代の女性は、今のように簡単に男性に会うことを許されておらず、行き来も難しく、夢に相手が出てきたことを大層喜んでいたそうです。今のように時代が進むと、その頃の気持ちなどなかなか分からなくなりますが、彼に会えていないことで、そして夢に彼が出てきてくれたことで、その時代の女性と同じ気持ちになれたこと、嬉しく思います。

 

私が彼の夢を見て喜んでいるということは、彼もたまには私の夢を見ることもあるのでしょうか。。。会えた時にこれは是非聞いて見たいなと思っています。

 

お月様のパワーに感謝です。

 

みなさんにもお月様のパワーが降り注ぎますように(*^^*)