読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

私は私という女性を愛し抜く

今日、しみじみと思ったことを書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、私という女性の人生は、この、私しか送れないのだなぁ。

 

 

 

あぁ、私という女性の人生をすべて味わえるのは、この私だけなんだ。

 

 

 

間違いや失敗や

 

 

 

過去の後悔や、あんなことしなければよかったということが、山程あるけれど

 

 

 

それも、私、という女性を生きられる私こそが、私だけが、その全てをうけとめて、抱きしめてあげることができる

 

 

 

その辛さも

その痛みも

その悲しみも

その後悔も

 

 

 

私は、なんだかんだいって、必死に乗り越え、時には後悔の苦しみの渦からでられなくなりそうになり、それでも、こうして生きてきた

 

 

 

弱いようで、強い私。

強いようで、弱い私。

 

 

 

強さも弱さも、どちらも私の大切な大切な一部分。

 

 

 

ツインに愛されない。

 

 

ツインに会えない。

 

 

 

その事実が、どれほど、私を傷つけてきたか。

 

 

その、痛みや辛さから、かつては目をそらしてきたけれど、そんな私とはもうさよならした。

 

 

痛みや辛さも、愛せる私になった。

 

 

私は、覚悟した。

 

 

どんなに辛い過去も、どんなに許しがたいあの行動も、

 

 

 

たった1人、私だけは愛してあげる、愛し抜く、その覚悟です。

 

 

ツインに拒絶されても、私だけは私を愛し抜く。

 

 

これからも、何かに失敗したり、傷ついたり、間違えてしまったり、恥をかくこともあるでしょう。

 

 

 

それでも、私だけは、私だけをすべて愛する覚悟を決めました。

 

 

 

いろんなことがあるけれど

 

 

 

私は、私で本当に良かった。

 

 

 

 

 

私として、一度きりのこの人生を、生きることができて本当に良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が私で、本当に良かった。