読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ 分離期間は、究極の「わたし」を開花させる

ツインのステージで、相手と離れ離れになることは、

 

 

「必須」

 

 

 

なんです。

 

 

 

つまり、小学校で、必ず算数の授業をしなければならないとか、中学校では、歴史の授業を受けなければならないとか、それと同じです。

 

 

自分がその教科が嫌でも、きらいでも、その授業は、受講しなければ、次の学校に進むことはできませんよね。

 

 

だから、離れ離れの時期があっても、慌てなくて大丈夫です。心配もしなくて大丈夫なんです。

 

 

 

「これは、必ず誰もが通る道なんだ」と、何度も何度も自分に言い聞かせてください。

 

 

 

 

そして、その授業、つまり、分離の期間が終われば、ちゃんと次のステージが待っていてくれています。

 

 

 

では、分離の期間はどう過ごせば良いのでしょうか?

 

 

 

それは、ただ、何もせず、悲しんで、待つ、だけがすべきことではありません。

 

 

分離しているからこそ、相手が目の前にいないからこそ、行えることがあります。

 

 

目の前に相手がいると、どうしても相手の行動や言葉が気になります。そして、お互いの感情もぶつかり合います。

 

 

相手がいなければ、それは、保留されます。

 

 

 

自分1人の時間と空間ができます。

 

 

 

だからこそ、相手のことを考えずに、

 

 

 

自分のことだけに集中できるのです。この時期は、そのために分離しているのです。あえて。

 

 

 

ですから、分離しているのに、相手を戻そうと思ったり(それはかつての私ですが)、相手のことばかり考えたり、自分の彼との過去を後悔したり、未来を不安に思ったり

 

 

 

そうではなくて、

 

 

今こそ、自分にだけ焦点を当てて

 

 

 

究極の「わたし」を開花させられるように、

 

 

 

わたしがわたし1人でも、太陽のように輝けるように

 

 

 

自分の魂を成長させるのです。

 

 

 

もし、仮に、ツインの相手が、偶然に、あなたにばったり道端で遭遇した時に、

 

 

 

わぁ、なんて美しい笑顔の女性なのだろう

 

 

 

と思うのか

 

 

 

暗くて重苦しくて悲しんでいるな

 

 

 

と思うのか。

 

 

 

どう思ってもらいたいでしょうか?

 

 

 

わたしは、万が一、たった今、彼とすれ違ったとしても、

 

 

あなたが隣にいなくても、わたしは自分で自分を満たし、使命に気付いてそれに取り組み、小さな幸せに気付いて幸せです、と、全身で伝えたいです。

 

 

そんなわたしを見て欲しい。

 

 

 

 

この宇宙のすべては、宇宙からのギフトです。

 

 

 

分離期間も、紛れもなく、神様からのメッセージであり贈り物なのです。

 

 

 

 

大切に大切に過ごしましょう。

 

 

 

自分の花を、存分に開花させちゃいましょう(*^^*)

 

 

 

あなたは、もっともっと輝けるのですから!