読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

1人で悩まないでくださいね

ツインのことで、お一人で悩まないでくださいね。

 

 

私は、非常に幸運だったと思うのですが、人の魂や心の動きに興味があったので、10代の頃から、哲学、自己啓発、心理学、愛について、など、多数の書物を読んでいました。

 

 

それらは、ツインのことを理解することに、大きな大きな助けとなりました。

 

 

しかしながら、本を読む、情報を読む、ということには、実は危険性もあるのです。

 

 

それは、「独りよがりの読み方になる」ということです。

 

 

 

たとえば、お金持ちになる法則、という本がありますが、それを読んでもお金持ちにならない人もいるわけです。

 

 

それはなぜならば、人は、そこに書いてあることは同じでも、「一人一人それぞれの解釈」によってその情報を受け取ります。つまり、純粋にそこに書いてある著者の言おうとしていることよりも、それに自分の解釈が加わった読み方をする、ということです。

 

 

そうなりますと、著者の言おうとしていることが間違って理解されていたり、捻じ曲げられて受け取られていることもあります。

 

 

ツインの情報もそうです。

 

 

 

最近、ツインソウル、という検索ワードで調べて見ました。

 

 

そうしますと、面白いことに、全く正反対の情報があるわけです。

 

 

 

たとえば、ある情報には、「ツインソウルは結婚すべき、一緒にいるべき」と書いてあり、

 

 

 

ある情報には、「ツインソウルは、一緒にいないことが多い。再開しないこともある。別々の道を歩むことも課題である」

 

 

などと書いてあるわけです。

 

 

そして、読者は、「自分に都合の良い方」の情報を選択することになるでしょう。相手がツインソウルだと信じたい場合はなおさらです。

 

 

そうしますとね、自分の都合の良い情報が、どんどん積み重なっていきます。

 

 

もし、それが、自分の心の状態にとって、軽やかになり、真実の自分に近づいているような実感があり、自分の使命に気づき、その使命の道を歩んでいるという強い確信があれば大丈夫です。

 

 

 

しかしながら、その反対に、頭では理解しているのに、いつまでたっても心が重かったり、辛かったり、前に進めなかったり、魂がクリアになっていく感覚がないとすれば

 

 

その場合は、もしかしたら、違う意見を取り入れてみる時期かもしれません。

 

 

 

実は私も、私の魂の探求の道の方向性を変化させることになったのは、ある、エネルギーに詳しい方と話をしたからでした。

 

 

 

そこで、私の考え方の方向性が、大きく大きく変化しました。

 

 

 

読んでくださっているみなさんも、お一人で考えることでかえって、視野が狭くなったり、考え方の方向性が違ったまま進んでしまうこともあると思います。

 

 

情報を得るだけではなく、話をしたり、聞いてもらったり、アドバイスしてもらったり、そんなことも取り入れてみると良いかもしれません。

 

 

 

 

私も、これまではメールでのやりとりしか行ってきませんでしたが、カウンセラーの資格を活かし、電話で、私と話したいと思ってくださる方とお話できるようになるといいな、と考えています。私が、絶望から辛くなくなった経験がどなたかのお役に立てたらそんなに嬉しいことはありませんから(*^^*)   体制を整えたいと思いますので、少しお待ちくださいね。

 

 

ともに、愛そのものとして、過ごしてまいりましょうね(*^^*)

 

 

 

大丈夫です。すべては宇宙からの導きがあっての今です。大いなる宇宙を信じましょう!