読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ 痛みや苦しみとの向き合い方1

ツインの相手と出会っている時。

 

 

強烈な胸の痛みがあると思います。私もかつてその毎日でしたから、よく分かります。

 

 

もしくは、相手がツインであってもなくても、恋人や夫、恋愛の相手によって、自分の胸がどうしようも痛む時。苦しくて悲しくてどうしようもない時。

 

 

 

そんな時に目指すこと、やると良いことを書きますね。

 

 

 

そういう時は、相手が自分の望む行動をしてくれたらどんなに幸せだろう、と思いますよね。

 

 

 

彼が、連絡さえくれたら。

 

 

会いに来てくれたら。

 

 

彼が謝ってくれたら。

 

 

彼が愛してるって言ってくれたら。

 

 

 

でもですね、実は、これがツインのステージの逆説的なところなのですが

 

 

 

その、求めていることが叶ったから痛みが取れた、苦しみが減った、では、ダメなのです。

 

 

 

それは、その苦しみや痛みがある前の自分自身と、何ら変わりがありません。

 

 

 

とっても苦しくて辛い時に、

 

 

 

『目の前の現実は何も変わらないし、彼も何一つ変化していない』のにもかかわらず、自分は変化して、その状況において辛くなくて苦しみを感じない自分になること

 

 

 

が求められているんです。

 

 

 

それが、無償の愛への道のりです。

 

 

 

無償の愛、というと、壮大すぎますよね。ですから、それは、目指すべき大目標、として私は捉えています。ですから、すぐに到達できなくても、今すぐそんな私になれなくても大丈夫。でも、目指すべき方向性はそちらの方だよ、と、自分の羅針盤にしています。

 

 

 

その、目の前の現実は何も変わっていないのに、苦しさも痛みもなくすことは、実はできるんです。

 

 

私はここまで、来ることができました。

 

 

そのことを、これから何回か書きたいと思います。

 

 

 

そして、相手を変えずとも自分が変われば良い、というのは、もし、自分が変化したのであれば、相手も変化せざるをえないのです。

 

 

もし相手がツインなのであれば、魂が繋がっているわけですから、特に、お互いほぼ同時に変化していると言えるでしょう。

 

 

 

ですから、相手は変える必要はありません。

 

 

 

大丈夫です。2人に起きていることは、2人にとってすべてが必要な出来事です。