読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

嘘偽りのない私になる

自分が傷つけるつもりが全くなくても、相手を傷つけてしまっていることがある。

 

 

 

それはつまり、逆も然りということで。

 

 

 

相手はこちらを傷つけるつもりが全くなくても、かってに私達が傷ついていることがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつて私は、自分の精一杯の気持ちで彼に接したつもりでした。

 

 

 

どんなに彼が素晴らしいのか、伝えたかっただけ。

 

 

 

どんなに私が彼を愛おしいと思っているのかを、知ってもらいたかっただけ。

 

 

 

それなのに、そんな私の気持ちを知ってか知らずか、彼は突如、私から去りました。

 

 

 

青天の霹靂でした。

 

 

 

あんなに優しい言葉をかけたのに。

 

 

あんなに懸命に彼を好きなだけだったのに。

 

 

 

そんな気持ちが頭をぐるぐるしていました。

 

 

 

でも、私は理解しました。

 

 

 

その人が傷つくかどうかということは、私たちには全てはわからないですし、コントロールもできないのです。

 

 

例えれば、こちらがありがとうといったって傷つく人もいるわけです。その人の理由で。

 

 

 

だからと言って、私達が何を言っても良いとか、相手が傷つくのは相手のせい、とかそういうことではなく。

 

 

 

相手の気持ちは相手にしか決められないことなのですから、私達ができることというのは、とことん自分に正直に生きることなんじゃないかな、と思うんです。

 

 

 

もし、その正直さと相手の正直さがぶつかるのであれば、そこは、対話によって理解を深めていけばいい。

 

 

 

自分を偽ったり、相手を傷つけたらどうしようと自分の言葉を抑圧したり、相手の気持ちばかり考えて自分の気持ちをないがしろにしたり。

 

 

それは、その波動が目には見えませんが、相手に伝わるものだと思うのですよね。

 

 

 

ですから、彼が去ったのは、私は確かに優しい言葉を彼にかけたつもりでしたが、彼を失ったらどうしようという心の中の不安や恐怖が、彼に伝わっていたのだと思っています。

 

 

 

とことん、自分の心に正直に、嘘偽りなく過ごしていきたいと思う11月です。