読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ ランナーの支え

ツインレイのステージ

チェイサーは、離れている期間、思うように連絡も取れず苦しい期間があります。

 

 

私も、今思えば、最初に再会できた時(もう、それはそれは奇跡でした。2度と会えないかも、と思いましたので)、その、再会までの期間は本当の本当に辛かったです。

 

 

今は、魂のことなどに理解が深まっていますので、苦しみがなくなりましたが、当時は、拒絶された直後で、あれほどの苦しみは2度とないぐらいでした。

 

 

では、なぜ、あの時に、苦しみながらも、なんとか、本当になんとか過ごせていられたのか。

 

 

今思えば、彼が、いくつかの言葉を残してくれていたんですよね。

 

 

彼と出会った直後に、彼はいろんな言葉を私にかけてくれました。

 

 

でも、当時は、私の方は、ただの恋愛モードで、その、彼の言葉の意味が分からなくて、のんとなく、ふーんそうなんだー、ぐらいに受け取っていたんです。

 

 

 でも、その、ランナーの言葉こそが、辛いチェイサーの日々を支えてくれており、また、離れ離れの期間があるというそのことを事前に知っていたランナーの魂が、そのような言葉をちゃんもチェイサーに伝えていたんですよね。

 

 

 

私の場合、彼が、出会ってすぐの頃に、何度も何度も

 

 

 

 

あなたとひとつになりたい

 

 

 

 

と、言ってくれました。

 

 

 

その時は、その意味が私は全く分かりませんでした。

 

 

 

ひとつになりたい?!

 

 

 

それは、身体の関係を持ちたいということかなぁ、ぐらいにしか思っていませんでした。

 

 

 

でも、今なら分かります。

 

 

 

彼が、なぜ、何度も、ひとつになりたい、と言ってくれていたのか。

 

 

 

何度も何度も。

 

 

 

 

 

その言葉に、どれほど救われてきたでしょう。

 

 

 

 

チェイサーの場合、ツインのステージとは、ランナーへの感謝が深まっていくものと思います。

 

 

 

 

ランナーの言葉を思い出すだけで、心臓が熱くなり、とっても幸せな気持ちになります。