読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ 名前なんていらない

言葉というのは、とても便利なようでいて、実は、様々な誤解を生みやすいものでもあります。

 

 

例えば、愛、について。

 

誰かが、愛、と言った時、それは、頻繁に会うことを頭に描いているかもしれない。

 

 

別の誰かが、愛、と言った時、それは、できるだけ会わなくてもお互いに信頼する関係性のことを頭に描いているかもしれない。

 

 

また別の誰かが、愛、と言った時、自分が愛する人を傷つけないように、その人の元から去ることを頭に描いているかもしれない。

 

 

つまり、愛、と言っても、それぞれ頭の中にあるその概念は別のものであるのに、同じ言葉であるがゆえに、誤解を生むこともあるのです。

 

 

ですから、言葉にした瞬間に、真実は真実でなくなる、とも言われています。

 

 

なぜなら、自分の魂の思いや心の愛という無限のものを、言葉という限られたもので表現すること自体、不可能なことなんです、本当は。

 

 

ですから、言葉に囚われないことが大切なことと思います。

 

 

ツインレイ・ツインソウル・ツインフレーム・魂の伴侶。。。

 

 

とっても神聖で、魅惑のある言葉ですが、この言葉にこだわらないことです。

 

 

 

ツインフレームであろうがツインレイであろうが、はっきり言ってそんなことはどうでも良いことです。

 

 

目の前にいるその人、そのものを、そのまま見ること。そのまま接すること。

 

 

ツインだから愛するわけじゃないと思います。

 

 

魂の伴侶だから、戻ってきてくれるという制度があるわけでもない。

 

 

言葉は、人間がつくった概念です。

 

 

宇宙には、言葉がない。

 

 

その存在そのもの、つまり、目の前にある今を、ひたすら大切にして生きることです。

 

 

今、だけに、存分に集中して、今を幸せに笑顔で過ごすことです。

 

 

私もあなたも、小宇宙です。

 

 

 

つまり、あなたも私も、言葉にはできないほど神聖で、無限の存在なのです!