読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ チェイサーの使命

今、寝ている時に宇宙からメッセージを受け取りました。

 

今、起きがけなのですが、それを文字にしたいと思います。

 

ツインと出会っている場合、もしくは、ツインかどうかわからなくても、どうしようもなく愛が溢れてくる相手に出会っている場合。

 

もし、そうであれば、きっと、今後、たとえどのようなことがあっても、その人を愛することをやめることはないと思うのですよね。

 

猛烈に怒っても、頭にきても、大嫌いと何度叫んでも、それでも、魂から湧いてくる愛がなくなることはない。

 

今後、いつ会えるか分からないし、そもそも会えるかどうか約束もないし、2人の関係性がどんな風になっていくのかも分からない。それでも、相手を愛することはやめられない。

 

つまり、「何があっても何がなくても、結局愛し続ける相手」が、ツインです。

 

ということは、つまり、私達は、同時に、あるひとつの問いを叩きつけられているんです。

 

それは、「あなたは、自分ひとりで、いかに幸せに生きていられるのか」という問いです。

 

彼がどうであれ、彼を愛する、という気持ちには変わりがないわけです。

 

そうであるならば、今後、なにが起きようが起きまいが、彼を愛している私はずっとそのままです。

 

その中で、私達は問われています。

 

いかに、自分の使命を全うできるのか。

 

いかに、毎日を心地よく、自分らしさの中で、幸せに生きていられるのか。

 

いかに、自分ひとりの時に幸福感に満たされて生きていられるのか。

 

これらのことが、自分の中ではっきりとして、相手がどうであれ、幸せに、心穏やかに生きていられれば、相手の行動や言葉は、気にならなくなるわけです。

 

 

 

つまり、自分の人生をすべて、自分で満たす。

あなたは、それができますか?

 

 

私は、ずっと、こう問われていたんだなとわかりました。

 

そのためには、近くに誰かがいてはダメだったんです。もし、いつもツインがそばにいたら、ツインの行動や言葉によって、自分と向き合うことはできなかったと断言できます(過去に、どんなことがあっても、ここまで自分と対峙することは皆無でした)

 

 

「あなたは、あなたを満たせていますか?」

「あなたは、あなたのすべてをそのまま愛していますか?」

「あなたは、自分の使命に気づき、それに集中できていますか?」

 

それを、私達は常に問われています。

 

 

私は、今日、じっくり考えてみました。とことん考えてみました。

 

そして、自分の仕事において、「自分の使命」に気づかされました。

 

今まで、それに気づいていないところがあったんです。

 

でも、今日、はっきりわかりました。

 

 

 

やはり、私は、自分の仕事でも、そして、このブログを書く事も、「心の内側から溢れ出る愛を誰かと共有したい」んです。

 

これからは、その想いをダイレクトに表現していきたいと思っています。

 

誰もが、その人だけの使命があると思っています。

 

それを輝かせようとした時に、もう、相手の態度などは、気にならなくなります。あとは、自分にできることを、淡々とやりたいなって思います。

 

 

 

ともに、愛そのものとして生きていきましょう\(^^)/