ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

そんなあなたが輝いている

ちゃんとしましょう。

きちんとしなさい。

 

 

私は、この言葉が好きではありません。

 

 

ちゃんとって?

きちんとって、どういうこと?

 

 

学校でよく使われる言葉ですよね。

 

 

私は、幼少期、自分の家にいる時も、ちゃんとしなくちゃ、きちんとしていようって思っていました。

 

 

親に褒められたくて。

先生に気に入ってもらいたくて。

友達から尊敬されるように。

仕事でも、できる女と思われるように。

 

 

だからいつしか、ちゃんとしていない自分を否定していました。

 

 

きちんとしていない自分は、ダメなんだ、と、判断するようになりました。

 

 

ちゃんとできて、きちんとしている私は受け入れられますが、そうでない私は、価値がないんだ、と思うようになりました。

 

 

明るくて笑顔で優しい私は、素晴らしい。

 

 

暗くて笑顔になれなくて、優しくなれなくて、うまくできない私は、素晴らしくない、という風に。

 

 

 

でもね、本当のことを書きます。

 

 

 

生命というのは、その、存在そのものに価値があるのです。

 

 

いい時ばかりが素晴らしいんじゃない。

 

 

 

泣いている時。

もがいている時。

懸命な時。

がむしゃらな時。

落ち込んだ時。

うまくいかない時。

馬鹿みたいな時。

失敗した時。

間違えた時。

苦しい時。

胸が痛い時。

モヤモヤする時。

 

 

気持ちが晴れない時。

ストレスフルな時。

 

 

 

実は、そのどれもが、まさに生命の表出であり、生命そのもの。生きているという、命そのものです。

 

 

 

地球上に、笑顔と明るさと喜びと幸せしかなかったとしたら。

 

 

真の意味で、それらの価値を知ることはできません。

 

 

なぜならば、その対極があって初めて、それらのものは、それそのものとして、存在することができるのですから。

 

 

あなた、という相手がいなければ、私、という概念は生まれません。

 

 

低い、という概念が、高い、を支えています。

 

 

つまり、どちらも、表裏一体なのです。

 

 

ですから、どんなにネガティヴにみえる状態でも、そこが、素晴らしいのです。

 

 

それこそが、美しい人間の姿なのです。

 

 

自分という1人の人間のすべてを、丸ごと受けとめる、というのはそういうことです。

 

 

すべてが、紛れもなく、生命そのものです。

 

 

そんなあなたが輝いているのです。