読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

愛しているからこそ、あなたを金輪際待たない

少し前の日記に、ツインを大嫌いになるのがこのステージのゴール、と書きました。

 

 

今、改めて、それが真実だなと私は思うんです。

 

 

もし、相手に、辛い思いをさせられていたら。

 

 

 

例えば、何も言わずに去るとか、話をしてもらえないとか、避けられているとか、会いたいのに会ってもらえない、とか。

 

 

 

そんな、女性に辛い思いをさせる男性に、なぜ、しがみついてしまうのでしょう?

 

 

 

なぜ、自分を愛してもくれない、優しくもしてくれない、言いたいことも聞いてもらえない、会ってももらえない。

 

 

そんな、自分を尊重してくれない相手を、嫌いにならずに、愛しているのでしょう。

 

 

 

きっと、自己肯定感が100%の人は、相手がそのような行動をしたら、自分の側ではなく、相手がおかしい、とほぼ思うと思うのです。

 

 

 

私も、かつては、彼を愛してやみませんでした。

 

 

どんな彼でもゆるせますし、愛していると思っていました。

 

 

しかしながら。

 

 

自分を最大限に愛し、自分をとことん大切にできますとね、

 

 

こんなにも宇宙で大切な存在である、私、に対して、尊重しない男性は、おかしく思えてきます。

 

 

こんなにも、こんなにも大事な私を、大切にしてくれないなんて!

 

 

 

もちろん、そういうことをする男性でも、ゆるせますよ。なぜならば、人はありとあらゆることをする自由があり、彼がそうしちゃいけない理由なんてないからです。

 

 

彼が私の思い通りになるわけでもない。だから、彼の行動はゆるせます。

 

 

でもね、私という大切な人を大事にしてくれない男性を、ありのまま愛する、というのは、本当に本当に自分自身が喜ぶのでしょうか?

 

 

 

本当の本当に、今の、この状態で、あなたは満足しているのでしょうか?

 

 

 

私の素直な気持ちとしては。

 

 

 

 

今すぐ、話をしたいです。なぜならば、人は対話することで、理解し合えるから。

 

 

今すぐ、会いたいです。会わなければ、相手を感じることができない。

 

 

 

今すぐ、連絡してほしい。

今すぐ、話がしたい。

今すぐ、なぜ黙って去ったのかを教えてほしい。

 

 

 

 

何年後に会う、なんて嫌です。

何年か後に戻ってくるなんて、待てません。

 

 

 

 

今すぐ、私を大事にしてほしい。

今すぐ、わかり合いたい。

 

 

 

なぜなら、私は私がとても大切。

宇宙には、今、しかない。

 

 

 

私を、これ以上、悲しませたくない。

私を、これ以上、寂しくさせたくない。

 

 

 

 

だから、私は、今すぐ、分かり合える人間関係を築きたい。

 

 

 

もし、私に対して、嫌なことややめてほしいこと、怒りや腹立たしさがあるのならば、今すぐ、言ってほしい。そして、私も今すぐ、正直に伝えたい。

 

 

 

それができない、この関係性を、あなたは、わたしは、いつまで続けるのでしょう?

 

 

本当に、この関係性を続けたいのでしょうか?

 

 

 

私は、嫌です。

 

 

 

辛い恋を、相手がツインだから、という理由で、自分の苦しみを飲み込んで、自分の痛みを私さえ我慢すれば、と日々、耐え忍んで、

 

 

 

それで、本当の本当に、自分の奥底の真の魂は、満足しているのでしょうか?

 

 

 

私は、嫌です。

 

 

 

 

そのような状態は、終わりにしたいです。

 

 

そして、彼に満たしてもらおうという気持ちを、終わりにします。

 

 

 

彼に満たしてもらおうという気持ちはほとんどなくなっています。

 

 

でも、その反面、今度は、私は彼のひどい行動をゆるせている、という、おかしな優越感をかかえていたんです。

 

 

 

私は、ツインの彼の、なんでもゆるせる。

私は、ツインの彼を、いつまでも待てる。

私は、ツインの彼の、どんなところもありのまま愛している。

 

 

 

そして、それができる私は、愛を知っていて、真実の愛に到達しつつある。。。

 

 

 

そんな、おかしな優越感です。

 

 

 

本当はね、劣等感も優越感も同じもの。

 

 

 

どちらも、自分の不安から来ている。

 

 

 

自分で自分を認められないから、劣等感を感じる。

 

 

自分で、誰かを下に見ないと、自分の立場を保てないから、おかしな優越感を感じる。

 

 

 

 

 

もう、そんなことは、私には必要なくなりました。

 

 

 

地球での立場や年収や、成長の度合いや生きている環境は違うけれど、

 

 

魂の価値は、全員、同じだと分かったんです。

 

 

 

上になることもないし、下になることもない。

 

 

 

それぞれが、それぞれの課題の中で、一生懸命、生きている。

 

 

 

だから、他者の目を気にせずに、他者のためにではなく、どこまでも、「自分はどうしたいのか」「自分の魂は、何を望んでいるのか」に、フォーカスを当てることが大切なことなのですよね。

 

 

 

 

まずは、自分自身と、どこまでも深く対話するんです。

 

 

 

 

そうすると、今、本当の本当にどうしたいのか、よーくわかると思います。

 

 

 

何度も書いていますが、私は、今の状態が嫌です。

 

 

 

ですから、もし、私をこのまま大事にしてくれないのであれば、ツインであろうがなかろうが、その相手にはさよならします。

 

 

勇気を振り絞って、さよならします。

 

 

魂では、さよならできない気持ちもあるかもしれませんが、思考ではさよならします。

 

 

さよならしたいです。

 

 

私は、分かり合える人間関係を気づきたい。

 

 

 

別れるにしても、理由を聞きたい。理由を言いたくないのならば、理由を言いたくない、という、その言葉を聞きたい。

 

 

 

今のこの状態に甘んじていたのは、私です。

 

 

なんの連絡もないこの状態で、それが嫌なのに、大丈夫なふりしていたのは、私です。

 

 

もう、それをやめにします。

 

 

 

ツインには、さようなら、と言います。心の中で。

 

 

 

私は、とことん、私を愛し抜きます。

 

 

 

他の誰がなんといおうと、私は私を愛で満たします。私を大事にして、私を大切にします。私の願望を聞いてあげて、私の夢を叶えます。

 

 

 

彼とはさよならです。

私を大事にしない彼とはさよならです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、あとはすべてを宇宙に委ねます。

 

 

 

 

さよならを言っても、再会できるのが本物のツインだと思っています。

 

 

再会がないのなら、ツインではないということなので、それはそれとして宇宙にゆだねたいです。

 

 

 

 

 

 

もう、自分に嘘をついて、日々過ごすのは、金輪際、終わりにします

 

 

 

もう、私は真実の私にしかなれません

 

 

 

私は、真実の私を生きぬきます