読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

全部が特別

ツインソウル、ツインレイ、が、真に存在するとします。

 

 

そうすると、

 

 

 

相手との間に起きたことは、思考やマインドでは説明がつかない、なぜなら、ツインは宇宙の起こしている出来事だから。

 

 

 

相手とのこの魂の交流は、科学では説明がつかない。

 

 

相手が去ったことや、出会いや、説明のつかない感情など、宇宙が引き起こしているから科学的な理解はしなくていい。

 

 

 

そんな風に思うと思いますし、そのように説明されているブログも多いです。

 

 

 

これは、本当にそうだと思うのですね。

 

 

 

地球上のことで、科学で解明されていることはほんのすこしのことで、分からないことばかりだそうです。

 

 

そう考えれば、無限に広がる宇宙のことを、私たち人間がすべて理解するのは不可能なんですよね。

 

 

 

宇宙の一部である、この地球で起きていることを、説明しようとしたり、理解しようとしたりすることは、もともとできないことなんです。

 

 

 

宇宙の采配、としか、言えないことばかり。

 

 

 

 

つまり、ツインソウルやツインレイのことはもちろんですが

 

 

 

 

普段の日常生活で起きていることのすべてが、実は奇跡の連続であり、愛そのもの、なんです!

 

 

 

ツインのことだけを神聖化してしまうと、ツインと出会えた自分は特別だとか、ツインとのこと以外のことは平凡だとか、そんな考えに陥ってしまい、ツインとのこと以外のことを、おざなりにしていまいやすいといえます。

 

 

 

これは、かつての私の姿なので。。。

 

 

 

日常生活の、小さな小さな出来事すべてが、本来、神聖な出来事です。

 

 

普通に生きている今、それこそが、奇跡の上に成り立っています。

 

 

それを大切にせず、ツインとのことだけを考えるというのは、自分の生命をおろそかにしていることだと私は思います。

 

 

 

 

 

こんな話を聞きました。

 

 

 

世界中の億万長者の人たちに、どんな生き方をしているか調査する研究があったそうです。

 

 

 

ある程度のお金待ちの人は、旅行したり、宝石を買ったり、いい車に乗ったり、そのような生活をするそうです。

 

 

しかし、真の億万長者の人たちは

 

 

 

 

なんと

 

 

 

 

 

 

 

農作業をするそうです。

 

 

 

 

そのような億万長者の方々は、贅沢の限りを尽くして、きっと気づくんじゃないかと思うんですよね

 

 

 

人として、真に大切なことに。

 

 

 

それは、贅沢を楽しむことではなく

 

 

 

人として、自分の食べ物を自分でつくり、それを感謝していただき、地球に寄り添って生きることが大切なのだと。

 

 

 

 

 

真の幸せは、そんな身近にこそあるんですよね。

 

 

 

 

 

私は、彼に出会ったことで、彼と過ごす時間とか、彼とのやりとりとか、そのこと以外の時間が、いかに貴重なものだったかを教わりました

 

 

本当にありがたいです

 

 

 

 

そういう生き方をすることを、自分と強く約束いたします。