読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

愛されるためには

本来、女性が愛されるためには、なにかを努力することなんて必要ないのです

 

 

 

 

彼を追わないようにしなくちゃ、とか

 

彼を傷つけないようにしなくちゃ、とか

 

彼に嫌われないようにしなくちゃ、とか

 

彼に好きになってもらおう、とか

 

重くならないようにしなくちゃ、とか

 

いつも笑顔でいなくちゃ、とか

 

 

そんな努力は一切必要ない

 

 

 

 

なぜならば、もし、男性が女性を「真に愛する」時、

 

 

 

 

行動が重かろうが、変な言葉を発しようが、バカみたいな過去があろうが、今現在うまくいっていないことがあろうが、依存しようが執着しようが

 

 

 

そんなあなたのすべてをひっくるめて、男性は女性のすべてを丸ごと愛します

 

 

もし、女性の一言で、行動で、何かしらの過去で、男性が女性を愛することをやめたのであれば

 

 

 

それは、もともと愛していなかった、ということです

 

 

 

男性が考えたあなたという幻想の女性が、自分の都合よく寄り添ってくれるし、自分の欲を満たしてくれるし、重くないし、変なこと言わないし

 

 

 

そんなあなたを、自分の都合のいいままに、楽しい時間を過ごしたい、と思っていただけです

 

 

 

愛する、とは、すべてを愛する、ことです

 

 

 

あなたのダメな部分も、執着しちゃうところも、弱さも情けなさも、それすらも愛する、ということです

 

 

 

だから、あなたはあなたのままでいて良いのです

 

 

いや、むしろ、あなたはあなたのままでいなくてはならないのです

 

 

愛に努力が必要なのであれば、この部分だけです

 

 

あなたが、ただ、あなたでいることの努力

 

 

 

ただ、自分でいるというのは

 

 

 

人に媚びない

 

気に入られようとしない

 

愛されようとがんばらない

 

振り向かせようとしない

 

変わろうとしない

 

変わるんじゃなくて、本来のあなたに戻る

 

 

 

 

努力の方向性は、こちらなんです

 

 

自分が自分でいない時、男性は女性を愛していても離れるという選択をします

 

 

自分が自分でいない女性と過ごすことは、とても居心地が悪いからです

 

 

 

そしてその女性自身も、自分が自分でいないわけですから、自分自身に居心地の悪さを感じているはずです

 

 

 

 

 

真実の愛とは、男性も女性も、本来の自分に還っていく道のりなのだと、はっきり分かりました

 

 

 

 

愛される努力なんていらない

 

 

 

凸凹な自分自身のすべてを、自分が存分に愛するだけでいい

 

 

 

 

続きます

 

 

 

 

 

★コメントや質問ありがとうございます。返信はしばらくお待ちくださいませ