読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

自分自身の尊厳

なぜ、彼に本音を言えないのか

 

 

なぜ、会いたいのに会いたいと言えないのか

 

 

なぜ、彼に文句を言いたいのに言えないのか

 

 

なぜ、私1人だけを見てよって言えないのか

 

 

 

それは、

 

 

 

それを言うに女性に値しない

 

自分にはそれを言う価値がない

 

もしそれを言ったら彼に嫌われる

 

彼を傷つけるぐらいなら自分が我慢する

 

私だけが我慢すれば彼は戻ってくる

 

 

 

そのような考えからでしょうか。私はそうでした

 

 

 

 

 

もし、私たちの誰もが、幼少期に

 

 

 

 

 

 

人には何を話しても大丈夫

 

たとえお互い理解できなくても対話で解決出来る

 

自分の感情はどんなものでも受け止めてもらえる

 

会いたい時に会いたいといって良い

 

会いたい時に会いたいと言って、たとえ断られてもいい。なぜなら、相手に会えないと言われたところで、自分の価値が下がるわけじゃない

 

自分自身の価値は相手の言動によって、一切変わるものではない

 

 

相手を大切にするのと同じように、自分を大切にするのが当たり前のことである

 

 

自分を大切に大切にしない人とは、無理に一緒にいなくてもよい。なぜなら、自分を大切にしてくれる人が必ずいるから。自分は大切にされるのに値する女性だから

 

 

 

 

 

 と心底腑に落ちていたなら、今の自分のする行動は、まるで違うのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月になり、時代が光と闇の世界から、それらの統合の世界へと移行したと言われています

 

 

キーワードは「自分自身の尊厳」と浮かんできました