読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ その人はツインではない

相手がツインかどうか

 

 

 

それがはっきりと分かるのは、ずっとずっと後のことです

  

  

  

彼が去ったからツインであるとか

彼が逃げたからツインであるとか

彼とは劇的な出会いをしたからツインであるとか

 

 

 

そんなことは関係ありません

 

 

 

それは、誰にでも起こりうることなのです。ツインであろうがなかろうが、起こりうることです

 

 

 

相手がツインかどうか、ということは

 

 

 

そんなことを考えたり、疑問に思ったり、誰かに聞いたりする余地もないほど

 

 

 

確定的な感情と出来事がはっきりと起こります

 

 

 

ですから、相手がツインかどうか迷っている時やわからないときは

 

 

 

そんなことを判明させる必要は、一切ないのです

 

 

 

相手は、1人の人間です

 

 

 

魂の伴侶でもなく、ツインでもなく、ただ、その人そのもの、を見てください

 

 

 

その人そのもの、と、接してください

 

 

 

その人は、あなたのものではありません。過去も今もこれからも

 

 

 

 

その人は、ツイン、ではありません

 

 

 

すべての概念を捨てて

 

 

 

その人を、その人、として接してください

 

 

 

 

ツインかどうかというのは

結果的にそうだったと気付くものであり

事前に判明させる必要なんてないのです