読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ 人知の及ばない領域

スピリチャルについて話したり書いたりする人は多いですが、どんな人であれ、宇宙について100%正しい情報を伝えることができる人はいません。

 

 

なぜなら、私たち人間が使用している、言葉、そのものが、すでに、人の作った枠組みの中でこそ活用できるものであり、無限の宇宙を、制限のある言葉で表現することは不可能だからです。

 

 

科学の発達で、過去よりも現在のほうが、かなり様々なことが解明されていると言われていますが、それも、大きな視点から見れば、解明されているのはごくごく僅かなことだけだそうです。

 

 

 

 

ツインレイのこと

 

 

 

それは、宇宙の采配です

 

 

 

つまり、人知の及ばない領域、なのです

 

 

 

会いたいと思うから会えるわけじゃない

 

 

 

そのステージも、起きている出来事も、人の思考で考えられる範囲内に収まることではないのです

 

 

 

 

私自身、これを心底痛感しています

 

 

 

彼が1度目に私から去った時、その時は私がワガママを言ったり、彼を責めたり、依存したり執着したりしていたので、それで彼が去ったのだと私は納得できました

 

 

 

 

しかし、彼が2度目に去った時、どう考えてもありえない、というような状況で彼が去ったのです

 

 

 

私はあまりにも驚きましたし、青天の霹靂のような出来事だったので、周りの男性50人ぐらいに(笑)、こういう状況はあなたならありえるか、と、聞いてしまったほどです。そうしたら、50人全員が、絶対にそんなことで去ることはありえない、と答えました。もちろん、その男性は彼ではないので、彼の考えがあるのでしょうが、それほどありえないような状況だった、ということです

 

 

 

 

思考で考えれば、そうです

 

 

 

 

しかし、今は分かりました

 

 

 

そもそも、ツインレイということ自体、そしてそのステージは人知の及ばない領域なのです

 

 

 

何が起きるか分からない

 

 

何が起きても、起きなくても、不思議ではない

 

 

 

なんでも起こりうるし、起きないこともある

 

 

 

 

とにかく、人知の及ばない領域なのですから、誤解を恐れずに言えば、自分で考えても無駄なのです。なぜならば、自分の考えのほとんどは、過去の経験と過去の教えによって形成された脆いものだからです

 

 

 

だからこそ、すべてを手放すのです

 

 

 

 

すべてを知っている宇宙に委ねるのです

 

 

 

 

 

〇〇になったらいいな

〇〇じゃなきゃ嫌だ

 

 

 

という、とてもとても狭い自分の考えなんて、そこに挟む余地もない

 

 

 

宇宙の領域なのです。ツインレイのすべては

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙からのメッセージでした