読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ランナーツインの気持ち

ツインレイ

コメント欄に、ランナーツインのお立場の方からメッセージがありました。(私のブログは、コメント公開になっておりますので、ブログでも紹介させていただきます)

 

ツインについてブログなどの情報は、私もそうですが、チェイサーの立場から書いているものが多く、ランナーツインのお立場の方の言葉というのは、とても貴重と思います。

 

ぜひ、みなさんにも読んでいただきたいと思いまして、こちらに書かせていただきます。

 

 

******************

(コメント欄より)

 

私は思い違いでなければツインソウルでいうランナ一の立場であったと思います。 相手を駄目にしてしまうような、 相手の素晴らしさから対比できる自信が持てず、 また、相手から自分と重なる欠点をみたのもありました。 愛していましたが離れました。 しかし、思いは永遠に愛しています。 今思えば進化する為の別の経験がつみたかったからだと思います。 人との家族を通じて、ツインソウルを通じて、誰かを愛する事を学び、その枠を広げる事にあるように思います。 ツインソウルへの、存在をありのまま愛するという思いを、自分へと、そして、すべての人にそそげる事になれば、ツインソウルは物理的に離れていても共に生きているのと同じであり、ツインソウルの出逢いは最高の愛を学ばせてくれたと感じます。

 

******************

 

 

「愛していましたが離れました」

 

 

というメッセージ、とても心に響きます。

 

こういうことって、実は往々にして実はあるのではないかと思うんです。

 

 

愛しているけれど、去る

愛しているけれど、無視する

愛しているけれど、話さない

愛しているけれど、別れる

愛しているけれど、愛さないふりをする

 

 

なぜなら、愛、の表現方法は、無限にあり、人それぞれだから。

 

 

もしかしたら、読んでくださっているあなたが、今、悩んでいる彼の行動も、愛、からのものかもしれないのです。

 

 

 

 

 

 

★あなたの愛が届きますように★