読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

魂の声を聞くということ

今、『自分の本当の声』と思っているものは、もしかしたら、長い長い思考の蓄積の結果、そう思わされていたり、親からの影響や社会からの影響の結果なのかもしれない。

 

自分の本当の声、と思っているものが、本当は、嘘や偽りなのかもしれない。

 

自分の、本当の本当の声、は、もっともっと自分の心の奥深くにあって、何度も自分の意見を自分自身で検証して、何度も向き合って、何度も自分に本当にそうなの?と、問うてみて、そうすることを繰り返して、やっと出会えるものなのだ!と、私は、先日の満月を経て、気付かされました。

 

『思考』と『魂の声』は、別物です。

 

思考は、自分のこれまで過ごしてきた環境や経験に大きく左右されます。

 

例えば、私たちが、『お金はあったほうが良い』と何の疑いもなく思っているのは、そういう社会に生きているからです。

 

もし、生まれた瞬間から今日まで、貨幣がない村に生きていたとしたら、凶悪犯罪やテロが数え切れないほど起きる世界に生きるのであれば貨幣なんていらない、山奥の村でひっそり静かに暮らしたい、と思うのかもしれません。

 

私たちは、あまりにも、自分の、社会の常識に慣れすぎています。

 

疑うこともないぐらい、社会の考えや、一般的な物事の見方が、私たちのマインドに浸透しています。

 

 

 

例えば。

 

本当の本当に、自分から去っていった男性を、心の底から愛しているのでしょうか?

 

自分を大切にしない男性を、本当に待ちたいのでしょうか?

 

男性は、心の奥底から愛していると思った女性に対しては、何としてでも追いかけて自分のものにしたいと思うそうです。

 

他の男性にとられてなるものか、と思い、ありとあらゆる手を使って、その女性を手に入れようとするそうです。

 

それをずっとしない、どころか、なんの気持ちもつたえてくれない男性を、本心で、心の奥から愛しているのでしょうか?

 

 

 

本当は、自分1人だけを愛して欲しい。

 

本当は、すべてを捨ててでも自分のところに来て欲しい。

 

本当は、今すぐに、会いに来て欲しい。

 

本当は、会いに来れないぐらいなら、私をもっともっと愛してくれるツインが別にいると思いたい。

 

本当は、ツインなんて好きじゃない。ただ、ツインレイのステージみたいに、統合すれば、ものすごい幸せが手に入るから、統合したい。

 

私は無償の愛を貫ける素晴らしい女性だ、と、自分で思いたいから、無償の愛を実行したい。

 

ツインに出会えるのは特別な人だけ。だから、すでに出会っている私は特別な人。

 

 

 

 

 

 

 

思考は、自分の本当の声、のような気がします。

 

でも、私は気付かされました。

 

自分で声は、あまりにも常識やこれまでの経験の蓄積によるところが大きいです。

 

 

本当の本当の、本当の魂の叫びは、心の奥底にあります。

 

頭に浮かぶ私の理想や私の欲することは、まだまだ上辺だけでした。

 

私にとって、私という人間の魂の叫びを聞く、という心境に、ようやく立てたのかもしれません。

 

ありとあらゆる思考を、すべて疑ってみる。

 

そして、真実の声を見つけていく。

 

やっとやっと、私はそのスタートラインに立てました。

 

今はそんな気持ちです。

 

ここ数日の気付きに感謝いたします。

 

 

 

 

 

ありがとうございます

愛しています