読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

がむしゃらさも美しかったんだ。。。

最近、たまたま知り合った男性がいまして、色んな話をするようになりました。

 

そして、話がとても会う男性で、何回か話す機会があり、私は友人として楽しんで話していたのですが、なんと、その男性から、「好きです。。。」と突然言われたんです。

 

もし、以前の私なら、そんなことを言われたら、舞い上がったり、喜んだり、断るのにどうしようって思ったり、色んな感情が押し寄せてきて、ドギマギしたり、その男性に対して接するのになかなか苦労したと思います。

  

でも、今は、自分の感情をある程度静かに眺めることができます。また、その男性に対しても、かつての私であれば、断ることは申し訳ないなと思いましたけれど、今は、たとえ私が断ったとしても、その男性にはそれを受け止める強さがあると信じることができますので、それほど感情の大きな揺れがありません。

  

 

こんな私に変われたことを、本当に私は嬉しいですし、幸せなことだと思いました。

  

 

一方で、過去の私も、あれで良かったんだなって、今は強く思います。

 

 

過去の私は、彼に依存して、執着して、彼に責めるようなことばかり言ってしまいました。

  

また、なんとか彼を繋ぎとめようと行動したり、メールや電話でも、彼に好かれるために発言したり。

  

自分の思いを隠して、彼が好んでくれそうな行動をしたり。

  

それらは、確かに依存と執着でした。

  

でも、今思えば、あの時の私も、あの時なりに、精一杯、彼を愛そうと努力して、なんとか自分も幸せになりたいし、彼も幸せにしてあげたいし、そういう思いでがんばった結果だったんだと思うんです。

  

自分の優しさや懸命さや健気さだったんだなって、そう思います。

  

結果的に、それであの時、彼とは私の思うようにはいきませんでしたけれど、あの時、私があんな言動をしたからこそ、私は気づかされることが山ほどありました。

 

そして、今思えば、あの時にあんな行動や言動をしたからこそ、今の私になれたのです。

  

確かに、痛みや苦しみばかりでした。

  

でも、それらは、真実の愛につながる「過程」だったのです。私には、必然の出来事だったのだと今はわかります。

  

痛みや苦しみが大きいのと同等の喜びと幸せが、今の私には押し寄せています。

  

痛みで凹んだ分、それと同じ大きさの喜びの凸が、すでに未来で待っててくれています。

 

がむしゃらに彼に依存したことも、執着したことも、彼を責めてしまったことでさえも、実は、大いなる宇宙の存在にはゆるされていたんです。

 

今は、そんな風にできた自分も、美しかったなって思います。なぜなら、それらは、紛れもなく生命の精一杯の表出だからです。そして、今の私はそのような行動をとるということはもうないので、あの時、そんな行動ができたことは、私には大切な経験だったんだなって。

 

 

すべての出来事は、必然です。

すべての出来事は、神様からのギフトです。

 

先ほどの男性に、告白されたことで、色んな過去を肯定できました。とってもタイミングの良い出来事で、やはり、宇宙の神様はすべてをベストのタイミングでなされているのだな、という深い確信がもてました。

 

 

 

 

 

 

ありがとうございます

愛しています