ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

【スポンサーリンク】

私のストーリー

手放したら、驚くほど願いが叶っていった⑥

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 私は、よく振り返ってみましたら、母親に対して、辛い気持ちや苦しい気持ちを感じていましたが、それを、直接、ありのままに素直に伝えたことがなかったと思いました。 感情的に、「やめてよ」「頭にくる…

手放したら、驚くほど願いが叶っていった⑤

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com どうしても、手放すことができなかった「ツインソウル・ツインレイというストーリー」 それを、思いきって手放した私です。 それは、彼を愛することをやめたということではありません。また、彼の存在を、…

手放したら、驚くほど願いが叶っていった④

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 「自分がもし何かにこだわっているとすれば、こだわっているものの「外側」にある幸せが、見えにくくなってしまっている。本当は、今すでに、たくさんの喜びや幸せや奇跡に満ちているというのに。」 これ…

手放したら、驚くほど願いが叶っていった③

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 「自分を幸せにすることに私のエネルギーを使う」 そう決めて生き始めた私にとって、「幸せ」というハードルがとても低くなっていることに気づきました。 それまでは、私にとっての「中心」は、いつもいつ…

手放したら、驚くほど願いが叶っていった②

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com それまで、愛されたい、認められたい、好かれたい、評価されたいと思っていた時には手に入らなかった願いや希望が、私の予想に反して、なんと、次々と実現していったのです。 それも、「驚くほど」に。 例…

手放したら、驚くほど願いが叶っていった①

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 小さな頃から、ずっと愛を求めていた私。 お父さんからの強い愛、お母さんの優しい愛。兄弟からの温かな愛。友達からの理解と繋がり。 ですが、それを求めているにも関わらず、ずっとそれは手に入らないと…

ランナーもチェイサーもいない⑫

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 私は、幼少期に持たされたジャッジの物差しに気づき、いかに、その物差しが私を苦しめていたのかを理解しました。 そして、私を最大に苦しめていた 「私は、ありのままでは愛されない存在なのだ」 という…

ランナーもチェイサーもいない⑪

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 私は、自分のジャッジの物差しに気づいてから、彼と出会ってから、彼が去ってしまうまでの日々のことを丁寧に思い出してみました。 出会った直後は、あんなにも愛を感じることができた私たちでしたのに、…

ランナーもチェイサーもいない⑩

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 私が、自分の人生を歩んでくる中で、たくさんのジャッジの物差しを持ってしまっていたこと、そして、その「べき」という物差しは、私の性格や、生まれつきもっていたものではなく、幼少期に、母親の生き方…

私の大好きな時間

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 私のストーリーに、たくさんのコメントをいただいております。とても嬉しいです。ご紹介させていただきますね。 ★ 毎回、続きが待ち遠しいです。自分と重ね合わせてしまうのと、それだけでなく、hanabiさ…

ランナーもチェイサーもいない⑨

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 私は自分が握り締めていた数多くの『ジャッジの物差し』に気づかされました。 それによって、怒りや苦しみが起きていることも理解しました。 私は、ふと、考えました。 なぜ、私は、それほど多くのジャッ…

ランナーもチェイサーもいない⑧

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 私は、彼に対して猛烈に怒ったことで、その怒りは、幼少期に両親に対して感じていた怒りと同じものだったと気づかされました。 私は、ノートに書きなぐった怒りの気持ちを、じっと眺めていました。 幼少期…

ランナーもチェイサーもいない⑦

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com (こちらのストーリーの更新が遅くなりすみませんでした。また書いていきます) 私は、過去の私に気づかされました。 表面的には彼に対して理解をしているつもりでも、心の内側では、そんなにも彼に対して…

ランナーもチェイサーもいない⑥

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 私は猛烈に怒りを感じ続けました。 そして、ハッとしたのです。 それまで、自分が当たり前に彼にしてきたことが、当たり前のことなのではなく、それを辞めたり、嫌だと言ったり、それを私ではなく彼がやっ…

ランナーもチェイサーもいない⑤

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 私はこのままでも素敵だった。 私はこのままでも可愛かった。 私は最初から美しかった。 思い通りにならないことがあっても、私の存在の価値は素晴らしいままだった。 私は、自分のハートの中の愛を発見し…

ランナーもチェイサーもいない④

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 「自分を生きる。」 「自分の声を聞く。」 とにかくそれを続けようと行動していた私の心に・・・・・ ある変化が訪れました。 それまでの私は、彼に拒絶され、音信不通にされてしまった自分を責め、「私が…

ランナーもチェイサーもいない③

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 「彼に向けていたエネルギーを、とにかく自分に使おう。」 そう決意した私のそれからの生活。 激変しました。 それは、自分でも驚く程の変容ぶりでした。 例えば、「どこかに行きたい」と思ったとします。…

ランナーもチェイサーもいない②

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 私は、彼を追いかけることをやめました。 その時までの私は、自分を振り返ること、自分を癒すことは、ほぼすべて「彼を取り戻すため」でした。 でも、自分のハートの内側に存在する愛に出会ってから、もう…

ランナーもチェイサーもいない①

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 私が、小さな頃から、そして大人になってからも、ずっとずっと欲しかったもの。 それが、「いつでもどんなときでも安心できる愛」でした。 どこにもいかない。誰にも取られない。いつも温かくて、いつも優…

チェイサーだった私⑧

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 自分の過去を振り返り、 「彼との関係性の前に、まずは、自分の傷を癒し、自分で自分を愛せるようにならなければ何も変わらない。」 と決意した私です。 それから、ネットを読んだり、本を読んだり、また…

私のストーリーのご感想をいただきました

私のストーリーにたくさんのご感想をいただいております。皆さん、熱心に読んでくださってありがとうございます。 可愛い女神からのご感想をご紹介いたします。 =========== hanabiさんへ 〇〇です。 hanabiさんのストーリー。 私の子供の頃と重…

チェイサーだった私⑦

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 彼との絶望をきっかけに、過去の傷を知りました。そして、それが、ただの傷ではなく、彼との関係性まで大きく影響を与えてしまうような、相当大きな傷だったと自分で理解しました。 「私は誰にも愛されな…

チェイサーだった私⑥

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 「それやってはダメ お母さんの言うこと聞きなさい こっちにしなさい 我慢しなさい お母さんはあなたに対して嫌な気持ちがする」 幼少期、日常的に母からこのようなメッセージを受け取っていた私は、いつ…

チェイサーだった私⑤

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 私のストーリーを読んでくださった方から、こんなメッセージをいただきました。 =========== 愛の女神 Hanabiさんへ 愛がわからなくて どうやっていきていくのか? すべてが力を出し創って エ…

チェイサーだった私④

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 彼が突然目の前からいなくなってしまったこと・・・・。そして、予期していなかった音信不通。 それは言葉では表現しがたいほどの壮絶な苦しみでした。 ですが、 「彼に対して感じている痛みは、彼だけが…

チェイサーだった私③

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 絶望だった私に、「ツインレイ」という存在の意味は、一筋の光となってくれました。 そして、「ツイン」という存在が出会うと、お互いに愛し合っていても、いや、愛し合っているからこそ離れ離れになるこ…

チェイサーだった私②

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com お電話で教えてもらった聞いたことのなかった言葉。 「ツインレイ」「ライトワーカー」について、そのときは意味が分かりませんでしたので、「後で調べてみようかな」ぐらいにしか思っていませんでした。 …

チェイサーだった私①

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 彼に拒絶され、彼が去ってしまってから、絶望の日々を送っていた私。胸の痛みを抱えつつ、なんとかその日一日を過ごしていました。 その時の私が考えていたこと。それは、 「どうすれば、彼と前のような関…

私はいつも追いかけていた⑧

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 「もう、彼は返事をしてこない」 なぜか、こう確信した私。確信せざるを得ないようなただならぬ嫌悪感が私の心を埋め尽くしました。 そして・・・・・・。 私の予感が的中し、彼は、その私のメールから、…

私はいつも追いかけていた⑦

前回までのストーリーです。 www.twinrayhanabi.com 当時、あまのじゃくだった私。 会いたいのに、会わなくても大丈夫。電話で話したいのに、お電話くださらなくて大丈夫。もっと愛を伝えて欲しいのに、私は寂しくないので大丈夫。いつも、そんな素直ではな…