読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ

もう怖いものはない

一つ一つの感情を丁寧に受けとめる。 嬉しい、楽しい、喜び。 それと同じぐらい 悲しい、寂しい、胸の痛み。 なぜならば、それらの全部が、大切な大切な私の一部だから。 そして、その人を愛する気持ち。 会いたい。 愛している。 幸せを願う。 今日も元気か…

男性とは女性を愛してやまない存在

私は彼と出会い彼が去ってから、男性と女性についてたくさん学ぶようになりました。 かつてはそんなことをせずとも、そこそこ恋愛も結婚もうまくいってたので、そんなことを知ろうともしていませんでした。 しかし、彼が去ってからは特に、集中的に男性と女…

恐れるものは何もない

今日は秋分の日ですね 宇宙からのエネルギーが降り注ぎ、今日は願いが叶いやすい1日のようです 私が改めて今朝受け取ったメッセージ それは、 真実の愛において、恐れるものは何もない ということです 恐れなんて、もう、さようなら 笑 これからは、愛の窓か…

唯一無二の宝物

あなたの美しさは、この世界のどこを探しても、あなたにしかないものです。 あなたの、その笑顔 あなたの、その可愛らしさ あなたの、そのやさしさ あなたの、その無邪気さ あなたの、そのがんばり あなたの、その懸命さ あなたの、その愛くるしさ あなただ…

豊かさとは

真の豊かさとは、追い求めて手に入れるものではない。 待ち望んで手に入れるものでもない。 豊かさとは、在りようのこと。 神の源に繋がれば、外界がどのようなものであれ、今すぐに豊かさを感じることができる。 あまりにも私たちは、豊かさを見るのが下手…

徹底的に手放す

手放す。 それも、徹底的に。 そこに残るのは、何1つない。 彼もいない。ツインもいない。仕事も手放す。名声も年収も、持ち物も環境も人間関係も。 それらのすべては、宇宙に委ねるのみ。 私は、ただひたすら心を全開にして、宇宙と天使のお導きに従うだけ…

愛は無限

彼も含め、他者の行動や言葉の真意というのは、その本人にしか分からないもの。 無視された 去られた 文句言われた 嫌われた それ、本当????? もしかしたら、愛してるからこそ、そうしているのかもしれない。 ものすごく愛しているが故に、そうせざるを…

愛を生きる喜び

この世で大切なもの。 それは、愛、です。 愛以外のものは、変化しうるものです。 肩書き、年収、立場、家、住まい、もちもの、などなど。 しかし、愛だけは不変です。 この、愛とは、いわゆる恋愛感情のような、愛、ではなく 真実の愛、のことです ですから…

起きているすべては良きこと

これが心底わかりました。 たとえば、いわゆる、病気、というもの。 それらを、私達は毛嫌いします。 しかしながら、実は、「病気」という名称は人間がつくっただけであり、からだのしくみからみてみれば、病気と言われるものでも、からだがなにかしら良い方…

歓喜の夜

こんな日が本当に来るなんて。。。 何もかも、嬉しい。。。 何もかも、やはり愛だった。。。 私を幸せにするのは、他者じゃない。 私を幸せにするのは、この私だったんだ。。。 私という尊い女性の幸せを、誰か他の人に委ねるなんて、そんな失礼な話はない。…

感謝しかない

本当によく分かった。 彼が出会ってくれた理由。 そして、彼が最低の方法で去ってくれた理由。 それは 私をどこまでもどこまでも自由にするためだった。 私を、どこまでもどこまでも解放し、開放させるだめだった。 私を、真実の私にするためだった。 ツイン…

至福感の中で

昨年の今頃を思い出しました。 辛くて苦しくて泣きたくて、胸が痛くてやっとの事で毎日を過ごしていました。 そんな私が、いつの間にか、胸の痛みがなくなり、むしろ、至福感を感じる時間が圧倒的に長くなりました。 今でも、苦しい気持ちがゼロになったわけ…

怖い感情なんてない

どんなネガティヴな感情も怖くない。 どんな辛くて苦しい感情も、抑えなくていい。 なぜなら、それらの感情は、 自分が愛そのものだった、と思い出すために起きてくれているものだから。 苦しい感情が起きるたびに、また1つ、その傷を癒し、真実の愛に近づ…

すべてが愛でできている

たとえ罪悪感であれ、不安や恐怖であれ、それらの起点は、見えにくいけれど、愛、なんですよね。 罪悪感というのは、誰かを愛したかったけど出来なかったことや、過去に果たせなかった愛の行動が未完であること。そんなことから、起きてくる。つまり、罪悪感…

相手を変える必要なんて微塵もない

すべての戦いが終わった。。。 今、そんな気持ちです。 私は、これまで、心が穏やかといいながらも、いつも心のどこかでは、何かと戦っていたのだなぁと、今日になり気付かされました。 戦う相手は、自分です。 戦っている相手は、彼のように見えますが、彼…

魂の声を聞くということ

今、『自分の本当の声』と思っているものは、もしかしたら、長い長い思考の蓄積の結果、そう思わされていたり、親からの影響や社会からの影響の結果なのかもしれない。 自分の本当の声、と思っているものが、本当は、嘘や偽りなのかもしれない。 自分の、本…

新世界

今日が、新しい世界の幕開け。 やはり、そう思わせてくれるような出来事ばかりが起きました。 愛そのものとして生きます。 そもそも、この地球で、彼に出会えていること。その奇跡にありがとう。 古い私、さようなら 新しい私。やっと会えたね。 ありがとう…