ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

【スポンサーリンク】

ツインレイ

ツインレイ 味わい

この声は 愛を伝えるため この両手は 温もりを分かち合うため この両足は 会いに行くため この瞳は あなたを見つめるため この肌は あらゆる愛を深く味わうため 歌うように 踊るように 飛ぶように 舞うように あふれ出るがままに 愛を生きよう

ツインレイ 熱烈

今日の太陽は 昨日のそれとは違う 今という時間は 瞬く間に過ぎ去り 常に絶え間なく 新しい今がやってくる 愛とは 遥か遠くに存在するものではない 未来とは 幻だから 両手で触れられるのは 今というこの瞬間だけ 愛は 今、ここに在る 今を強烈に生きよ 愛を…

ツインレイ 純粋

生きるとは 歌うこと あらゆる存在と 調和して 宇宙の舞台で それぞれの音を奏でる あなたが響くとき 私の音が折り重なる 私が響くとき あなたの音が静かに交わる 純粋なる洗練された音と音 永遠に響き渡る

ツインレイ 空虚②

ツインレイ 空虚 www.twinrayhanabi.com 私たちの心は、「何もない」感じを嫌います。 ですから、空っぽな感じ、寂しさ、空虚さを感じると、それを埋めようとして、なんとか埋めるものを探そうとします。 皆さんも、そのような経験があるのではないでしょう…

ツインレイ 空虚

私はいつも 空っぽだった 虚しくて 寂しくて ハートが空っぽ この手の中にも何もなかった 嘘をついて笑って 泣きたいのに強いふりして そうやっていつも 偽りを過ごしていた 私はわたしじゃなかった わたしじゃない私を生きてきた あなたに 出会うまでは (…

ツインレイ 伝言

夜空に光る星が まるであなたみたいに輝くものだから 日が沈むときを迎えるたびに あなたに会える期待に喜んだ 天を見上げればあなたを想い 街中の喧騒であなたの視線を探し 偶然を追いかけ 必然を待ち続け あなたという愛を 望み続けた そうまでして 心が欲…

ツインレイ 望み

心からの望みとは その望みが心から消えた時に 思いもよらぬ方向から 叶うためのきっかけがやってきます もし、望みが叶っていないとすれば その「望み」でしか幸せになれないと 思ってしまっているからかもしれません あなたのその望みが消えた時 全宇宙に…

ツインレイ 循環

女は男に 甘えれば甘えるほど その男は女に甘えさせてあげられる 力を身に付ける 男は女に 自分の弱さを見せれば見せるほど その女は男を受け容れる 心を育てることができる こうして 男の愛と女の愛が 見事に循環する 美しく神秘的に 女の我慢は 男を弱くす…

ツインレイ 覚悟

女は、男を通じてしか 学べない愛がある 男は、女を通じてしか 触れられない愛がある だから、女たちよ 恐れずに、男に近づくのだ だから、男たちよ 恐がらずに、女に身を委ねるのだ 激動の時代 今こそ ありったけの勇気を 振り絞り 男も女も 愛に飛び込む覚…

ツインレイ 今を生きる

明日のことを考えず 「今日だけ」を丁寧に生きる 過去のことを振り返らず 「今」目の前にある喜びを味わう 明日が来たら 「その時のわたし」が懸命に「今」を生きる 未来が来たら 「未来のその時のわたし」が精一杯の「今」を生きる 明日や未来の私が 「過去…

ツインレイ 自由に

あなたがこの澄んだ青空で 私が雲 あなたの広大な腕の中で 私は自由に踊る 私は踊る 楽しさや喜びに満ちながら 私は舞う ときには怒りや悲しみを纏って 私は奏でる 思うがままに どんなかたちでも 全部抱きしめてくれてありがとう 天を見上げて 私はそう呟い…

ツインレイ 同じ

わたしもあなたも 同じ空を見ている 同じ夜空を眺め 同じお月様を見上げている あなたも同じように 悩んだり考えたり 分からなかったり 立ち止まったり 同じ時代にこうして生きていること ありがとう

ツインレイ 記念日

やっと見つけた ずっとここにあった いつも一緒だった いつも隣にいてくれた 星々のささやきが 花々のコーラスが 風の便りが 月の淡い光が 私にそっと 伝え続けてくれていたのだ 欲しかったものは いつもここにあった 今日は 新たなる愛の記念日

ツインレイ 信じる

あなたに出会ってから それまで感じたことのない 言葉だけでは説明できない 色んな気持ちが わたしの心から 溢れ出る 不安になったり 怖くなったり 切なくなったり 悲しくなったり でも わたしはようやく分かった 心が穏やかになる鍵 それは わたしがあなた…

ツインレイ 目には見えない

あなたはとっても クールだから いつも私の話を 静かに聴いてくれる そっと頷いたり にこっと笑ったり 穏やかに 隣にいてくれるね そんなあなたが 突然に 「愛ってなんだと思う?」 と私に問うてくる 「大切にしてる言葉は?」 「人生の意味は?」ってね そ…

ツインレイ 見つめ合う

あなたに 見つめられた 透き通った まっすぐな瞳で ピュアな視線が 私の胸に突き刺さる 言葉を交わさないままに 愛が交じり合う ほんの数秒のひとときが 永遠となる 永遠のときが 今をつくり続ける

ツインレイ ありがとう

ありがとう 出会ってくれて あなたのお陰で 気づかされた あなたの存在が 私に教えてくれている あなたに対する感情が より深く私を知るきっかけとして 未知なる心の井戸を掘る それはずっと既知だったと知る あなたには 何回言っても伝えたりない ありがと…

ツインレイ 溢れる愛

女の心は 海のように どこまでも深く 神秘的で 溢れ出る愛は とまることをしらない とまらないのなら あるがままに 誇らしく 美しくあれ

ツインレイ 鏡②

私が笑顔のとき あなたも微笑んでいる 私が不安なとき あなたも不安そうにする 私が信じていないとき あなたも私を信じない 私が喜びに満ち溢れているとき あなたも喜びに満ちている あなたには 私がそのまま映っている

ツインレイ 鏡

私が本音を伝えるとき あなたも私に本音を話す 私が本音を言わないとき あなたも私に本音を隠す 私があなたに弱さをさらけ出せないとき あなたも強がる 私があなたに弱さを見せたとき あなたも自分をさらけだしてくれる こんなにも シンプルなことだった

ツインレイ ありのまま

私ががんばってからじゃなくて 努力したからじゃなくて もっと成長してからじゃなくて 何かを理解したからじゃなくて 私がもっと 美しくなってからでもなくて ありのままの ここにいる私を そのまま愛してね そのまま受けとめてね だって私は変わらない いつ…

ツインレイ 宇宙

あなたも私も 宇宙の一部なの だからね あなたは夜空に輝く星 あの可憐な草原も 爽やかな地平線も 静かなる夕暮れも 穏やかな雲のダンスも 暖かな太陽も 荘厳なる月の光も ぜんぶ あなたと繋がっていて ぜんぶ あなた自身なの 私はいつでも あなたに会える …

ツインレイ 返事

何気なく過ぎていくこの毎日に 何気ないことなど一つもない 太陽が与えてくれる光や 木々からの酸素がなければ 誰かが作ってくれた道路や 開発してくれた機械がなければ 今のこの生活は 決して成り立たない 平凡な日常には 奇跡が散りばめられている 当たり…

ツインレイ 便り

テレビから ふと耳に届いた言葉 お店のBGMから 流れてきたメッセージ たまたま目にした 広告の文字 空から降ってきた 光たち 夜空が届けてくれた 静かな月明かり 風が運んでくれた 優しさという贈り物 どれも偶然で無計画のようで どれも偶然で無計画ではな…

ツインレイ 静けさ

想い出深い その場所には 言葉がなくて 音もなくて 緩やかな風とともに 沈黙が流れ続けている だけど 宝石箱をひっくり返したみたいに ふたりにしか分からない いろんな輝きに溢れている 静かなるその空間は かたちなき愛に満ちている _____________________…

ツインレイ ありのまま

あなたはあなたのまま 輝いてください だから私も 私のまま生きることにします 太陽みたいに照らせないし 青空みたいに澄んでいないし 海のようにおおらかでもなく 花のような煌びやかさもない それでもあなたの真似をして このままでいます 私は強くないし …

ツインレイ そよ風

遥か遠くから 私に向かって風が吹いてきました 柔らかくて 爽やかで 心地よくて 肌に優しいそよ風 それはまるで 揺りかごにゆられているような 気持ちの良い 瞬間でした そんなひとときが 私に小さな幸せを運んでくれました 風は 切手がなくても届くお便りで…

ツインレイ 感謝

あのとき、あなたと分かりあえなかった だから、私は立ち止まった あのとき、辛くて切なかった だから、自分を振り返った あのとき、涙がとまらなかった だから、私は優しくなれた すべての悲しみが 私の愛を育ててくれた あのときの哀しみがあって 今の私に…

ツインレイ 道しるべ

やっとここまで来れた ずっと辿り着きたかった場所 迷ったり 分からなくなったとき あなたが 私の手を引いてくれた 苦しんだり 切なかったりしたとき あなたの温もりが 私に力を与えてくれた この空間は 優しさに溢れ 穏やかで 心地よく なんの制限も束縛も…

ツインレイ ときめき

大空の澄んだ青さ 道端の花の可憐さ 通りすがりの風景 車窓からのふとした景色 何が目に触れても ときめきでわたしの心が踊る その向こう側に あなたの笑顔が見えるから その静かなるときめきを 糧として 私は今日も あるがままの私を生きるのです あなたの…