ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

【スポンサーリンク】

ツインレイ

ツインレイ 静けさ

想い出深い その場所には 言葉がなくて 音もなくて 緩やかな風とともに 沈黙が流れ続けている だけど 宝石箱をひっくり返したみたいに ふたりにしか分からない いろんな輝きに溢れている 静かなるその空間は かたちなき愛に満ちている _____________________…

ツインレイ ありのまま

あなたはあなたのまま 輝いてください だから私も 私のまま生きることにします 太陽みたいに照らせないし 青空みたいに澄んでいないし 海のようにおおらかでもなく 花のような煌びやかさもない それでもあなたの真似をして このままでいます 私は強くないし …

ツインレイ そよ風

遥か遠くから 私に向かって風が吹いてきました 柔らかくて 爽やかで 心地よくて 肌に優しいそよ風 それはまるで 揺りかごにゆられているような 気持ちの良い 瞬間でした そんなひとときが 私に小さな幸せを運んでくれました 風は 切手がなくても届くお便りで…

ツインレイ 感謝

あのとき、あなたと分かりあえなかった だから、私は立ち止まった あのとき、辛くて切なかった だから、自分を振り返った あのとき、涙がとまらなかった だから、私は優しくなれた すべての悲しみが 私の愛を育ててくれた あのときの哀しみがあって 今の私に…

ツインレイ 道しるべ

やっとここまで来れた ずっと辿り着きたかった場所 迷ったり 分からなくなったとき あなたが 私の手を引いてくれた 苦しんだり 切なかったりしたとき あなたの温もりが 私に力を与えてくれた この空間は 優しさに溢れ 穏やかで 心地よく なんの制限も束縛も…

ツインレイ ときめき

大空の澄んだ青さ 道端の花の可憐さ 通りすがりの風景 車窓からのふとした景色 何が目に触れても ときめきでわたしの心が踊る その向こう側に あなたの笑顔が見えるから その静かなるときめきを 糧として 私は今日も あるがままの私を生きるのです あなたの…

ツインレイ きらめき

私は今宵 夜空を仰いで祈ります お月様が静かにあなたを照らし あなたが微笑みながら寝床につけますように 夜風があなたを包み込み あなたが清らかな気持ちになれますように 夜の静けさによって あなたが深く眠ることができますように 星たちがあなたをめが…

ツインレイ 愛のエネルギー

エネルギーは、いろんな時に感じられるものです。 例えば、嬉しいときや喜びの時。思わず、力が湧いて、何かしようと体が生き生きと動いたり、やる気がでたりしますよね。 例えば、悲しいときや胸が痛い時。このような感情は、嫌われ者になりやすいです。で…

ツインレイ 揺れる

あなたはわたしを ハラハラさせるの ドキドキさせて ときには困らせるの だからわたしは 悲しんだり悩んだり 下を向いたり 暗くなっちゃうこともあるけれど そんな私の顔を覗き込んで あなたが優しく微笑むものだから わたしは安心して 海のように揺れていら…

ツインレイ 超える

どれだけ月日が流れても 会えたときには 一瞬にして いつものふたりになる まるで今まで ずっと隣で過ごしていたかのように それまでと何も変わらなくて あなたのそばが心地よくて 時間なんて嘘だよって いつもあなたに言いたくなるの 離れてなんかいなかっ…

ツインレイ 違い

頑固なときほど優しさを求めていたり クールなときほど情熱的だったり 口数の少ないときほど話し相手を求めていたり 無表情なときほど大笑いすることに憧れていたり 見た目だけがすべてではなくて 言葉だけがすべてでもなくて 誰もが内側に隠し持っているあ…

ツインレイ 分岐点

目の前に ふたつの道がある 右に行くと 本音で生きる道 左に行くと 我慢の道 今までは 右に行くと幸せになると分かっていながら 左に行くことを 自分で選んでいた私 だけどね もう、そんなことはしないの わたしは堂々と 右に行くことをちゃんと選ぶの 我慢…

ツインレイ 永遠

はじめて あなたと手と手が触れた はじめて 優しく見つめてくれた そのまま あなたが包んでくれた そのどれも あっという間の出来事だったけれど いつまで経っても 決して消えないときめき 一瞬とは 永遠のこと 永遠とは この一瞬のこと 一分一秒を あなたと…

ツインレイ 愛おしさ

「ずっと僕のそばにいてね」 あなたがそうつぶやいたあの日 いつも穏やかで クールなあなたが 突然そんなことを 真顔で言うものだから どんな言葉を返して良いのか 分からなかったけど 「ずっとあなたのそばにいるよ」 そう伝えたわたしの瞳を見つめて 安心…

ツインレイ あなた

頰に当たる風が 爽やかで 空からの日差しが 柔らかく 道端の花々が 微笑んでいるようで 星々の煌めきが 導いてくれる それらはまるで あなたの姿 愛に溢れ 優しさに満ち 穏やかで 勇敢なあなたの姿が わたしの目に映って いるのです 地球のあらゆる存在を通…

ツインレイ わたし

爽やかな風が 教えてくれた 柔らかな日差しが 運んでくれた 小さな花々が 伝えてくれた 星々の輝きが 見せてくれた それは懸命に生きる わたしの姿 愛に溢れ 優しさに満ち 可愛くて 美しい姿が 自分の目に映っている だけなのです 地球で目にするそれらは 全…

ツインレイ うそ

大好きなのに 嫌いと言ってみたり そばにいて欲しいのに 無視したり 寄りかかりたいのに 強く見せたり もっと近づきたいのに わざと離れてみたり 聞いて欲しいのに そんなそぶりもせず 受けとめて欲しいのに クールなふりをする そんな嘘の数々も ちぐはぐな…

ツインレイ ありがとう

わたしがわたしであること このわたしでよかった あなたがあなたであること そんなあなたでよかった 過去 あの時があったから いま 分かることがある ふたりが出会う前までの そのわたしがいたから ふたりが出会うという 奇跡がそこに生まれた 全部の道のり…

ツインレイ 無言

ふたり並んで 川辺を歩く なんの音もない 静かな夕暮れ 水に反射する 空からの光が あなたとわたしを 祝福するようで ふたり 目と目を合わせ 微笑みを 幾度も繰り返して 声なき言葉を 紡ぎながら ただ寄り添う 意味もなく 時間もなく 理由もなく 何もなくて…

ツインレイ 愛

あのとき あなたがおしえてくれたこと 今になって やっとわかった だからあなたが離れたの それを理解するために だけど本当は わたしがあのとき離れたかったの それをどうしても 知りたかったから わたしの魂は もうわかっていたの どうすれば 愛に逢えるの…

ツインレイ 奇跡

手と手が触れるだけで 想いが伝わり 指と指とが絡まりあうと 言葉なんていらない あなたに出会うために これまでの日々があった あの時の切なさや悲しみが ふたりをつなぐ糸となる わたしの優しさと温もりは あなたのためのものだった あなたの強さと思いや…

ツインレイ 役割

その人に なぜ出会ったのか それはその人から 愛をもらうためではなく その人に 願いを叶えてもらうためでもなく その人が 期待に応えてくれるためでもない その人の役割は あなたの中にすでに存在している 大きくて 優しくて 柔らかくて 温かな 愛について …

ツインレイ ギフト

あなたの目の前で こんなにもこの心が震えるのは あなたと出会った遠い日のことを わたしの魂が覚えているから あの日から今日まで あなたの存在が わたしを助け わたしを支え わたしを励まし いつもそばで応援し続けてくれている あなたとの出会いは 宇宙か…

ツインレイの愛 

過去記事をいくつか掲載させていただきます。 彼から届く愛のエネルギーは、ご自分が「じわじわと行動する愛の原動力」にしてくださいね!その、皆さんが行動をするための、エネルギーだからです。 行動こそが、鍵、です。 行動なくして、地球での生活を存分…

ツインレイ 開花

ダメなところがあっても 愛される なぜならば あなたはいつでもあなただから 失敗しても 愛される 間違っても 愛される 迷惑かけても 愛される 馬鹿みたいでも 愛される なぜならばあなたはいつでもあなただから なぜならば 女性は誰もが女神だから あなたは…

ツインレイ 雪解け

寒さ厳しい冬は 木々が深く根をはる時期 私たち人間も 自分の根っこを 大地深く はりめぐらせる時期 これから 何があっても私が私でいられるように 雪が解け 春が、もうすぐそこに あなたという花が 開花を待ち望んでいる あなたという大輪の花を咲かせられ…

ツインレイ プライド

プライドなんて 捨ててしまえ かっこつけるのは もう終わりにするのだ プライドなんて 今すぐ捨ててしまえ なぜならば あなたはそのままのほうが ダメで弱くて情けないそのままが 魅力的なのだから

ツインレイ 叫び

我慢しなくちゃ 好きになってもらえない 自分を偽らなくちゃ 好きになってもらえない 自分を飾らなくちゃ 好きになってもらえない 自分をよく見せなくちゃ 好きになってもらえない そんな風にして 頑張って努力して 必死になるから 好きになってもらうのなら…

ツインレイ 春夏秋冬

春になれば 草木が芽吹き 花々が咲き ふんわりとした温かな風が 肌に触れる 心地よく 夏になれば 燦々と太陽が光り輝き 秋になれば 山々が美しい化粧を施す 冬になれば 動物たちが眠る準備をして 澄んだ空が 星たちをくっきり映し出してくれる そしてまた つ…

ツインレイ 灯火

理由もないのに なんだか涙がこぼれるの じんわりとした 麗らかなひととき ただ、あなたのことを 想い浮かべるだけで あの時の あなたの優しさや 微笑みや 温かい腕の温もりが まっすぐに 鮮やかによみがえり どうしても涙が こぼれるの あなたが贈ってくれ…