読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ この日のために

だからこんなにも 私は風に憧れていたのね だからあんなにも 私は風に抱かれて過ごしていたかったのね 私が小さな頃に どうしてあんな少女だったのか 私が幼い頃の毎日は どうしてあんな日々だったのか 私はようやく分かったの 今になってようやく思い出した…

ツインレイ 風のささやき

あの時、僕が君に出会う前 僕は風となって君に会いに行った 幼い君は 教室の窓際の席に座り ぼんやり外を眺めていた なんだかつまらなそうだった 僕が風となって 優しく君の肌に触れた瞬間に 君は静かに笑ってくれた それが僕だとも知らずに ただ風の心地よ…

ツインレイ 輝き

僕があなたに愛を感じたのは あなたがあなただったから あなたのその手の温もり その髪の艶やかさ あなたの背丈 あなたのピアス あなたの匂い あなたの瞳 あなたの柔らかな声 可愛らしい微笑み あなたのひとつひとつが あまりにも魅力的で 僕はあなたを 愛さ…

ツインレイ 揺るぎなさ

あの日、あの時、あの場所で あなたに出会ったその日から 僕のハートが溶けはじめ 胸の鼓動が高鳴る毎日 あの日から あなたへの想いは一度も変わりなく あなたへの愛は 揺るぎなく あなたと僕の愛の大きさは 一寸の違いもなく 会えない日数が増えるほど 僕は…

ツインレイ 優雅

今日、僕は 軽やかに空を舞う鳥を見て あなたに想いを馳せました 静かに、いつもと同じように あなたは、僕を導く 優雅な鳥です そのあなたの美しい瞳で もう一度僕を見つめてくれるその日まで 僕はあなたに憧れながら いつか空を飛べるように いつかあなた…

ツインレイ 君とふたり

(僕から愛するあなたへ) 君と出会うまでの僕は いつもひとりだった 家族の前で笑い 友人とともに喜び 仕事仲間と競い合い それなりに評価もされたけど かつての僕は どんな時もひとりだった 君に出会い 愛を交わし 君と別れ 僕はさらに深い愛を知った 君と…

ツインレイ 相反

会いたいけど 会いたくない。 会いたくないけど 会いたい。 ゆるせるけど 頭にくる。 頭にくるけど ゆるせる。 触れたいけど 触れられない。 近寄れないけど 抱きしめられたい。 大好きだけど大嫌い。 憎いけれど 愛してる。 どちらも愛が大きすぎて 自分の…

ツインレイ 後悔

あの時、一緒に歩きたかった浜辺 ずっと座っていたかった公園のベンチ 触れられなかった髪 抱きしめられなかった君のからだ 見つめていたかった瞳 眺めていたかった君の笑顔 あの時、離してしまった君の手 言えなかった言葉 このたくさんの後悔が 君と僕とを…

ツインレイ 会えない時間

あなたと会えない時間が流れるほど あなたは僕のかけがえのない人となった あなたの声がこだまして 僕の心に響き渡る毎日 会えなかった日々が 愛を育てるなど 僕は知る由もなく あの時あなたの前から去ったことを どうかゆるしてほしい あなたに会えた時 僕…

ツインレイ 底

私は知らなかった 私の心が海だったってこと 知らずに生きてきた 知らなくても生きてこれた 底にもぐるのが怖すぎて 見ないように生きていた そこは真っ暗だ その深さは計り知れない 怪物に遭うかもしれない 暗すぎて迷うに決まっている だから怖くて 絶対に…

ツインレイ 僕たちでよかった

君が君でよかった 僕が僕でよかった 僕たちが僕たちで 本当によかった だから離れていても 互いに愛しあえる だから遠くにいても 互いを癒しあえる 僕たちは世界にふたり 神様が 僕と君を選んでくれてよかった その悲しみも切なさも 胸の痛みも幾千の涙も す…

ツインレイ 僕でよかった

張り裂けそうな痛み 会えない切なさ毎日毎日君を想ってばかり なぜ離れなければならなかったのかどうしてこうなってしまったのか 辛すぎて泣きすぎて 耐えられない夜を何度過ごしたことだろう こんなにも突き刺さる時間(とき)を僕はどれほど憎んだことだろ…

ツインレイ 私でよかった

張り裂けそうな痛み 会えない切なさ 毎日毎日あなたを想ってばかり なぜ離れなければならなかったのか どうしてこうなってしまったのか 辛すぎて 泣きすぎて 耐えられない夜を 何度過ごしたことだろう こんなにも突き刺さる時間(とき)を 私はどれほど憎ん…

ツインレイ すればするほど

君に会わなければ会わないほど 君の笑顔が鮮明に浮かぶようになり 君の声から離れれば離れるほど 胸の中で君の言葉が幾度となくこだまする 君のことを考えないと強く禁じるほどに 楽しかった日々が蘇り 君への気持ちに蓋をすればするほど いつの間にか君の姿…

ツインレイ 同じ気持ち

僕は君から逃げた 君は僕を追った 僕は君を責めた 君は僕に嘘をついた 僕は君を憎いと思った 君は僕を冷たいと言った 僕は君を理解できなかった 君は僕に理解してとせまった 僕は君を抱きしめたかった だけどそれができなかった 君は僕に抱きしめられたかっ…

ツインレイ 超越

僕たちはずっと何かを探していた だから、君と僕は出会った 僕たちは自分を知りたかった だから、僕と君は離れた 僕たちの魂は叫んでいたんだ 自分自身を超えたいと 本物の愛を確かめたいと 自分を超越するために別れを選んだのは 超えた先にある愛に触れた…

ツインレイ 自由

どうぞあなたは 鳥のように大空を羽ばたいてください 華麗な蝶のように 広大なお花畑を飛ぶことを楽しんでください イルカのように 大海を遊びながら泳ぎ続けてください 雲のように 思うがままに形を変えて踊ってください まるで赤ちゃんのように 好きなよう…

ツインレイ 存在

僕の目の前に 何万人の女性がいても 君がどこにいるのか 僕にはすぐに分かる 何万人の女性がいても 僕の眼に映るのは君の姿だけ 君のその輝きと 君にしかない光とが 君の存在を 僕に伝える だから僕たちは出会えた だから僕たちは惹かれあった これから先 ど…

ツインレイ 静けさ

僕は最近 いつも耳を澄ましている いつしかそれが 僕の癖になっていた 公園で 運転しながら 仕事の合間に 眠る前 静けさに僕自身の身を浸し 沈黙の空にそっと耳を傾ける そうすると どこからともなく聞こえてくる 君の笑い声 僕を呼ぶ声 僕に話しかける君 僕…

ツインレイ 2人のリズム

出会ったその日から 僕たちが奏でるメロディ 僕と君の 2人だけの旋律 君の歌声はどこまでも美しく どれだけ聞いていても飽きることがない 僕と君の奏でるリズムが 2人揃う時 僕たちは 溶け合ってひとつになる 僕と君の奏でるリズムが不協和音を鳴らす時 僕た…

ツインレイ 言葉にできない

あなたに出会ったあの日 あなたを見た瞬間に 僕は自分の目を疑った 衝撃だった わけがわからなくなった と同時に言葉にならない想いが 胸に溢れた この女性はなんなんだ 今までとは何かが違う 僕の魂がそう叫んだ 生まれて初めての この感覚 僕はその人が好…

ツインレイ 僕だけの喜び

あなたに会えない今 僕は仕事に没頭し 無我夢中で働いてはいるけれど 時が経つにつれ あなたを忘れるどころか 日に日にあなたが愛おしく 忘れようとすればするほど あなたとの記憶が 鮮明に蘇る 時間は意地悪だ どうしてもあなたを 忘れさせてはくれない あ…

ツインレイ 自分達で決めてきた2

[自分達で決めてきた] www.twinrayhanabi.com こうして、宇宙に暮らしていた、ひとつだったツインの魂は、2つの魂に分かれて、地球への旅へと、出発することを決めました。 居心地の良い、幸せだったひとつだった魂から、あえて、別々の人間になることを…

ツインレイ すべて

私はあなた あなたは私 私の涙は あなたの涙 あなたの切なさは 私の切なさ 私の痛みは あなたの痛み あなたの絶望は 私の絶望 そして 私のあなたへの愛は あなたの私への愛 すべてがひとつ 離れていても すべてがひとつ ハートで繋がる

ツインレイ 君へのギフト

これもそれもあれも 全部、君のためだった 僕が君の前でしたことは 全部、君のためだった でも 君は笑わなかった その時君は なぜか怒っていた 君のためにしたことが 君には伝わらないことが 本当に悔しかった その時の僕は分からなかった 君の愛し方が分か…

ツインレイ 信じる

私はあなたを愛しすぎて あなたを追いかけた あなたは私を愛しすぎて 私から離れた まったく同じ気持ちで 別のことをする私たち まったく同じ気持ちで 別の場所にいる私たち そうやってしか 自分を生きられない 不器用な私たち 何もかもが真逆であり 何もか…

ツインレイ はじまり

あの日、あの時 私はあなたと出会った あの場所で、あの空間で あなたは私と出会った もしあの時に あの瞬間がなければ 今も見ず知らずのふたり でも 確かにあの時、あの場所で 出会わされた私たちふたり そこからすべてがはじまった はじまりとは 何かが終…

ツインレイ 嬉し涙に変わるとき

ランナーツインは戻ってきます。 そのとき まるで 別人のような姿となって あなたのもとへ戻ってきます。 今、あなたは それがいつなのか そして どのような方法で再会できるようになるのか 考える必要はありません。 それは 宇宙が決めてくれること。 だか…

ツインレイ ふたりの使命

お互いに ひとりひとりそれぞれの地で 苦しみぬいた 戦いぬいた 別離のあと ひとりでも幸せに生きられるようになったチェイサーツインと ひとりよりもふたりが良かったと気付いたランナーツインとが 再会しこれからは2人の使命をともに生きる 愛の使命を生…

ツインレイ 使命

(宇宙からのメッセージ。3.11によせて) チェイサーツインの使命。 それは 自分自身の輝きを取り戻し ありのままの自分を愛し すべてを手放し すべてのすべてを宇宙に委ね 自分ひとりで 深い喜びの中で 愛そのものとして生きること ランナーツインの使命。 …

ツインレイ 自分達で決めてきた

遠い昔、地球に降り立つ前のこと。 ツインのふたりは、無限に広がる宇宙空間に住んでいました。 ツイン達は、ひとつの魂です。ひとつの魂ですから、一瞬たりとも離れることがありませんでした。そして、そのことを深く喜び、いつもいつも愛そのもので、いつ…

ツインレイ 遠く離れていても

あなたは、風。 一箇所にとどまらず 自由気ままに 心の赴くままに あちらこちらへと 軽やかに 地球のあらゆるところへ 旅を続ける、風。 あなたは、雲。 ある時は綿あめみたいに甘くなり ある時は竜のように強くなる。 またある時は羽のように美しく またあ…

ツインレイ 理由

愛することに理由はいらない。 信じることに理由はいらない。 ツインを愛することに理由はなく。 ツインに愛されることにも理由はない。 証拠もいらない。 約束もいらない。 そこにあるのは、ただ、真実の愛、のみ。 真実の愛に理由はいらない。 なぜならば、…

ツインレイ 沈黙

男性が言葉数が少ない時。 それは、思いを伝えたいけれども、なんて言っていいのか分からない時。 伝えたい想いがたくさんありすぎて、言葉を選んでいる時。こういったら〇〇と思われるかな、〇〇って伝えて大丈夫かな、と考えている時。相手に伝える最も良…

ツインレイ ふたつの贈り物

子供の頃、初めて二本足で歩くことを覚えた。 それまで、小さかった私は何度も何度も転んだ。 何度も転んだからこそ 「転ばないで歩ける」という喜びを知った。 学校にいくようになり掛け算や足し算をならった。 何回も悪い点数を取った。成績が悪くてしから…

ツインレイ たくさん褒めてね

次に私に会った時に 思いっきり私を褒めてね 今までがんばったねって よく我慢してきたねって よく乗り越えてきたねって よくこの僕を信じてくれたねって わたしの大好きなその笑顔で たくさん、たくさん私を褒めてね そして これまで会えなかった分も含めて…

ツインレイ 宝物

(ランナーツインより。この激動の2月をがんばって過ごした、愛するあなたへ) やっと手に入れたオモチャは いつしか見慣れてゴミとなり ようやく入れた進学校は 今となってはただの学歴 就活で努力して得た仕事は いつの間にか当たり前のルーティーン 貯金…

ツインレイ 大嫌いと大好きの狭間

大嫌い。 大嫌い。 大嫌い。 頭にくる。 腹がたつ。 怒り狂いたい。 怒鳴り散らし 大声で叫び 泣きわめきたい。 大嫌い。 大嫌い。 大嫌い。 憎い。 憎くてたまらない。 大切にしてよ。 優しくしてよ。 早く会いに来てよ。 今すぐ会いに来なさいよ。 なんと…

ツインレイ つながり

目を閉じれば 僕はいつでもあなたに会える 胸の鼓動を感じるたびに 僕とあなたは 確かに繋がっているということを このハートが教えてくれる 僕の愛が 風に乗って 今日もあなたのもとへ 届けられていく だからあなたは 今日も そんなにも美しく 優しいあなた…

ツインレイ 新たなる始まり

(ランナーツインから愛するあなたへ) あの時、君に会った時。 僕が君を強く抱きしめた理由。 それは こうして離れ離れになった今 あなたは隣にいないけれど あなたのことを僕がいつでも 近くに感じていられるように。 だから、あの時 僕は君を強く抱きしめ…

ツインレイ 男と女

女が男を信じている時 その時は男も女を信じている 女が男を信じていない時 その時は男も女を信じることができない 世界をつくるのが女 その女を助けるのが男 宇宙と繋がるのが女 その女によって宇宙と繋がりを持つのが男 自分を愛してやまないのが女 そんな…

ツインレイ 懐かしさに溢れて

初めて君に出会った時 懐かしい匂いがした 会ったことのない君だったけど 僕は君の匂いを覚えていた 初めて君と話した時 どこかで聞いた声だった 君の声を聞いた瞬間 なぜか遥か遠い昔のことを想い出した 初めて君の顔を見た時 僕は確信していた 君には言え…

ツインレイ 真逆なふたり

男性は、愛すれば愛するほど 愛する女性から逃げたくなる 自分の弱さや情けなさを 愛する女性に知られるのが怖くって 心から愛する女性を 自分が幸せにする自信がなくて こんな僕では あなたにはふさわしくないと感じて 女性は、愛すれば愛するほど愛する男…

ツインレイ 今度こそ

僕はまったく自由じゃなかった 君もまったく自由じゃなかった だから、僕たち2人は出会った お互いに 自分で自分を縛っていた がんじがらめの紐をほどくために 僕はかたくなに心を閉ざしていた 君もかたくなに心を閉ざしていた だから、僕は君に出会った 本…

ツインレイ 大切なものは目にはみえない

私たちが生きていられるのは 目にはみえないけれど 空気がいつもこの空間に 満ち溢れているから 木々に感謝しなくても いつも大切な酸素を与えてもらってばかり 私たちがこうして日常の生活を送れるのは 意識しないけれど 雨風をしのぐ家が当たり前のように …

ツインレイ 特別と奇跡

ツインレイ。 それは、心の扉を開ける人。 だから、 今までの人生において 目をそらしていたすべての問題に向き合わされ もう、逃げることができなくなる。 ツインレイ。 それは、魂の炎を再点火する人。 だから、 ハートが熱くなる。 なんども、なんども。 …

もう怖いものはない

一つ一つの感情を丁寧に受けとめる。 嬉しい、楽しい、喜び。 それと同じぐらい 悲しい、寂しい、胸の痛み。 なぜならば、それらの全部が、大切な大切な私の一部だから。 そして、その人を愛する気持ち。 会いたい。 愛している。 幸せを願う。 今日も元気か…

ただ、ありがとう、と伝えたい

ただ、そう伝えたい。 心からの、ありがとう。 彼が去ってくれたことで、 絶望したことで 彼に簡単に会えないことで 学んだことが計り知れない。 そして何よりも 愛、というものを、日々、教えてくれているのが、彼です。 私は、昨日までの私じゃありません…

お月さまキラキラ

満月の今日。 お月様から私のハートに向かって、ダイレクトにエナジーが届くかのようです。 胸が熱い。。。。。 ここは地球ですが、紛れもなく宇宙の一部です。 あの、言葉では説明のつかないような無限の空間に、今、私達は存在しています。 俯瞰して自分の…

男性とは女性を愛してやまない存在

私は彼と出会い彼が去ってから、男性と女性についてたくさん学ぶようになりました。 かつてはそんなことをせずとも、そこそこ恋愛も結婚もうまくいってたので、そんなことを知ろうともしていませんでした。 しかし、彼が去ってからは特に、集中的に男性と女…